2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*家計簿はつけなくてもお金は貯められる*

家計簿をつけなくてもお金は貯められます。

そして、今まで家計簿を一度もつけたことがない人でも、
家計の見直しをすることもできます。




確かに、家計簿をつけていれば、
より多くの改善点を見つけることができ、
家計の見直しの役に立ちます。

しかし、家計簿をつけていないと家計が改善しないわけではありません。

なにせ私の母は60代後半ですが、
生まれてから一度も家計簿をつけたことがありません。

母は昔から「お金がない」が口癖で、
私が家計の見直しをするまでの約40年間、
1円も貯金ができなかった
筋金入りの貯められない主婦です。

それでも、家計の見直しをしたら
今までの1円も貯められなかった家計から、
5ヶ月で20万円を貯める家計に変貌をとげています。

もちろん今でも母は家計簿はつけていません。



私自身は10年以上家計簿をつけていますが、
家計簿をつけていたから貯められるようになったわけではありません。

むしろ、家計簿をつけているのにたいして貯められませんでした。

このように
家計簿をつけていても私のように貯められない場合もあるし、
家計簿をつけていなくても母のように貯められる場合もあります。

つまり、家計簿をつけてもつけなくても
貯められる人は貯められる
のです。

節約するためには家計簿はつけなくてはいけないもの、
なんて負担に思わなくても大丈夫。

家計簿をつけなくても
ある程度は簡単に貯められるようにはなれます。

ただし、
家計簿をつけなくてもぐんぐんものすごい勢いで
お金が貯められるのは、ある意味熟練した名人芸の領域。


慣れるまでは正しい方法で家計簿をつけると、
家計簿をつけないよりも
もっともっと効率よくお金が貯められることも
あります。

私が紹介している我が家流の家計簿のつけ方は、
1日1行、1週間ためてもつけられる
簡単なズボラ流家計簿なので、
もしやってみたいと思ったら、
家計の見直しをした後にでも
参考にしていただければ幸いです。

それでは、次からは
すでに紹介した通り、

1、家計の現状を把握する
2、見直しをする
3、見直しを実行する
4、予算を立てる
5、予算を守る


こちらの我が家流の家計を見直す順番に従って、
一つ一つ家計を見直す手順を具体的に紹介します。

こちらはすべて現在家計簿をつけていない方でも実践できる
内容です。

もしも、何らかの事情により、1の家計診断からスタートできない方は、
ひとまず1年間家計簿をつけてみましょう。

家計簿を1年間つければ自分で家計診断ができるようになります。

順番が多少逆になり、効果が出るまでに少し時間はかかりますが、
結果はあとからついてくるので大丈夫。

これをやるとやらないでは、やりくり力に雲泥の差がつきます。


↓初めての方へのページに戻ります。
・節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語

↑このページのトップヘ