*銀行の口座引き落としとなる支出を知って節約しよう*


*家計簿をつけていない場合でも実践できる!家計診断*

<我が家の銀行引き落としとなる支出について知ろう>

生活にかかる支出は2種類あります。

スポンサーリンク

1つ目は、
家賃、電気、ガス、水道、カード払いなど、
主に銀行引き落としの支出

2つ目は
食費、日用品、小遣いなど、
主に現金でやりくりする支出

そのうち過去1年分の銀行引き落としとなる支出を計算してみましょう。

使うのはやはり「通帳」。

ですから、こちらも家計簿をつけたことがない方でも簡単に計算できます。


住宅ローン(家賃)
管理費
電気代
ガス代
水道代
インターネット代
携帯電話代
固定電話代
生命保険
教育費(幼稚園、小学校など)
習い事(銀行引き落としとなっているもののみ)
定期預金(自動引き落とし。定期預金も一旦支出とみなします。)
生協
カード払い
車ローン
固定資産税
車保険代
繰り上げ返済

など、いくつかの支出が自動で引き落としになっていますよね。

これらをすべて過去1年分(4月~3月)書き出してみましょう。

固定資産税や車保険代、幼稚園の入園料、車検
など年1回~数回だけの支出は特別費の欄にまとめて書き出します。

今回の作業は少し作業ボリュームがありますが、
一度やってしまえばその年の分はもう二度とやらなくていいので
面倒くさい気持ちを抑えて頑張りましょう。

合計欄を作るのを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

↓画像で見るとこんな感じ。
先ほどの収入欄と合わせて一覧にすると楽です。

家計診断記入例(銀行支出)

家計診断記入例(銀行支出)


※クリックで拡大できます。

このように銀行支出を一覧にしてみましょう。

積立や定期預金がある方はそちらもいったん支出として
集計しましょう。

ありのままの家計をまずは計算することが目標です。

ここで大切なのは、各費目の合計欄をじっくりと眺めてみることです。

まず注目したいのは、1年分の銀行支出の総額。

画像の家計の場合ですと、年間総額は約292万円

つまり、年間で292万円はお財布からではなく、
銀行から出て行っている、ということです。

月の平均にすると、

292万円 ÷ 12ヶ月 = 約24万円

平均して毎月24万円は銀行からの支出であることがわかります。

ここで、今までに計算した

・年間収入
・実際の年間貯金額

を思い出してみましょう。

この金額と、今回計算した銀行支出を使うと、
現金での支出がいくらだったか
計算できるのでしたね。

今回計算した銀行支出とあわせて
現金支出の概算も計算してしまいましょう。

画像の例ですと


収入・・・484万円
貯金・・・48万円

この家計の場合は、年間の支出は

484万円(収入) - 48万円(貯金額) = 436万円。

この436万円の支出のうち約292万円は銀行支出であることが
今回の計算で分かりましたので、


436万円(支出) - 292万円(銀行支出) = 144万円(現金支出)。

例に挙げた家計の場合は、年間で144万円が現金での支出、
つまりお財布から出て行っている支出であるということが
分かります。

これを 月の平均にしてみると

144万円 ÷ 12ヶ月 = 約12万円。

ここではあえて細かな家計の見直しポイントには触れませんが、

銀行支出の月平均支出約24万円に対して
現金の月平均支出は約12万円と、

現金での支出よりも銀行からの支出の割合が高い家計、
ということは大まかに分かります。

もう1つある家計を例に挙げてみましょう。


収入・・・350万円
貯金・・・0万円
銀行支出・・230万円(約月19万円)
現金支出・・120万円(約月10万円)

この家計の場合も、銀行支出と現金支出を比べてみると
明らかに銀行支出に偏りがあります。

つまり、銀行でいつの間にかひかれてしまうお金が多く、
現金で使えるお金が手元にあまり残っていないことが分かります。

現金で使えるお金がないと
ついつい「お金がない」と言いたくなってしまいます。

このように、収入、貯金額、現金支出を計算してみると
ある程度大まかな家計の状況が見えてきます。

次は今回大まかに計算した現金支出の内訳を計算してみましょう。

↓次の記事はこちらです。
・いくら使ってる?生活費って毎月どれくらい?

↓前の記事はこちらです。
・我が家の支出総額とは?

↓「自分でできる!家計診断の進め方」の一覧はこちら
・家計の大改造!自分でできちゃう家計診断

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク