2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*住宅ローンの見直しで節約する方法(マンション購入体験談)*

住宅ローンは一度組んでしまうと、長い間なかなか支払いは終わりません。
途中でやめたくても簡単にやめることはできません。

だからこそ、最初が肝心です。



住宅ローンは組む前によく考え、納得のいく返済プランを立ててから。

当たり前のような話ですが、

実は我が家は納得のいく返済プランなどちっとも考えずに、
場当たり的に住宅ローンを組んでしまいました。

当時30歳だった私たち夫婦は

「もうすぐ賃貸マンションの更新の時期だし、30歳だし、子供も1人いるし、マンションでも買っちゃう?」

そんな軽いノリで、東京23区内に3LDKの新築マンションを購入しました。

東京でもはずれの方なので
私たちが購入したマンションは決して高い方ではありません。

ローンを組む時は当時借りていた賃貸マンションの家賃を基準に。

「今の賃貸マンションの家賃が10万円くらいだから、管理費を引いて、月額8万円くらいのローンにしてください!
それで払えない分は全部ボーナス払いで!」

「もちろん支払い月額が安い方がいいから全額変動金利でお願いします!」

当時の年収は今よりも大分少なかった上にたいした頭金もなかったのに
我ながらなんと計画性のない買い方をしたことでしょう。

こうして大した支払い計画もないままに住宅ローンの支払いがスタートしました。



この住宅ローン、支払いをいざ始めてみるとなかなか手ごわい。

一番やっかいなのがボーナス返済。

年に2回、やっと入ったボーナスからパッと10万円以上引かれてしまう。

大学時代、両親の住宅ローンのボーナス返済に
自分のアルバイト代を渡していた苦い経験があるというのに
自分も親と同じ過ちを犯している・・・。

あき家の場合は
当時の住宅ローンと管理費を合わせると年間140万円以上の支払いになり、
その他固定資産税の支払いも含めて考えると、
全支出に対する家計の住宅費の割合はかなりのものでした。

「繰り上げ返済で少しでも負担を軽くしたい」
という気持ちはあるものの、
当時は節約のコツをつかんでいませんでしたから
繰り上げ返済に回せるだけの余裕資金がない。


ちょうど超低金利時代に変動金利を選択したので、
今のところは低金利のまま推移しているものの、
やはりこれから金利が上がったらどうなるのだろう、
という不安もなくなりません。

それなのに
両親が住宅ローンの支払いで苦労しているのを間近で見ていたのが
逆に仇となって、
「住宅ローンって大変なのが当たり前よね」
と変に開き直る始末。

時々ちょこっと繰り上げ返済はしていたものの、
有効な手は打てずに5年以上が経過していました。

節約のコツをつかんだ現在は
主にボーナス返済の早期完済を目指して計画的に繰り上げ返済をしているので
少しずつ負担が軽くなってきています。

ボーナス返済がなくなるだけで我が家の場合は年間20万円近くの節約になりますから、
長女の大学入学までにボーナス返済だけはなんとか完済への目処を立てたいですね。

未だに全額変動金利なので、金利の上昇にはビクビクしていますが。笑

このように、住宅ローンは一度組んでしまうと
長い間重くのしかかってきます。

0.1%の金利差で数十万円単位で支払い総額も異なるようですし、
組む前に本当に納得いく無理のない支払いプランになっているか、
いろいろなプランを比較しよく考えてから契約しましょう。

組んでしまったあとなら一定額の貯金は確保しつつ
少しでも早く計画的に繰り上げ返済を実行するしかありません。

繰り返しますが住宅ローンはとにかくはじめが肝心。

あとから「しまった!」と慌てないように、
我が家の失敗談を生かしていただければ幸いです。


↓次の記事はこちらです。
・電気・ガス・水道、光熱費の節約は視点を変えると上手くいく
↓前の記事はこちらです。
・固定費の見直しをするならまずはここから





↑このページのトップヘ