2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*【浪費癖】でお金がない!遊びすぎ貧乏から抜け出す方法*

あればあるだけお金を使ってしまう!

浪費癖が抜けないせいで
思うようにお金が貯められない!

そんな不安はありませんか?!




私が考える「生活費が節約できない5つの家計パターン」の
4つ目、「遊びすぎ貧乏タイプ」の方はまさに

「あればあるだけお金を使ってしまう」家計と言えます。

私が考える
「遊びすぎ貧乏タイプ」とは、

「衣服費、外食、ちょっとしたレジャー、趣味費」
「旅行、家電の買い替え」など

「あらゆる娯楽」についついお金を使ってしまうタイプのことです。




「娯楽」にお金を使うのは、決して悪いことではありません。

「娯楽」にしっかりお金を使えると、「生活の満足度が上がる」ので、
むしろいいことだと思います。

ただし、
「娯楽」に歯止めがなく、思うようにお金が貯まらない
と感じている場合は要注意!

「必要な一定のお金はしっかり貯める」ことが出来た上で
「娯楽」に予算をかけるのは大変いいこと
ですが、

「娯楽」のために、
食費を削ったり、払うべき支払いが遅れたり、
使っちゃったけど払えるかな?と支払いにおびえたり、
お金が全く貯められなかったりする場合は

「ただの遊びすぎ貧乏」
になってしまいます。

このような家計パターンから抜け出す方法はいくつかあります。

1つ目は「我が家の定番」を見直す事。
2つ目は「高額なもの」は「年間」で管理する事。
3つ目は「カード払い」や「分割払い」でごまかさない事。

まずは1つ目の「我が家の定番」を見直す事について考えてみます。

「娯楽」はいわゆる「家族のお楽しみ」なのですが、
それが「定番化」してしまうことで、
いつの間にか「家計の負担」になってしまう場合があります。

例えば
毎年「年1回は海外旅行に行く」とか、
毎年「誕生日は必ずブランドものを買う」とか、
毎年「夏休みは海、冬休みはスキー」とか。

それが全く家計の負担になっていないならばいいのですが、
「毎年のことだから」と言って、
お金があるのかないのか分からないのに、
「いいや買ってしまえ(行ってしまえ)」と勢いに任せて
実行してしまう。

あとから「お金が足りないんだけどどうしよう?!」なんて慌てたり。

このような場合は要注意です。

毎年の定番にしてしまうと、それはもはや「娯楽費」というより
「固定費」になってしまいます。

「固定費」はなるべく少ない方が自由がききます。

現在のあき家の外せないイベント費用は
「盆と正月の実家帰省」と「子供の誕生日とクリスマスのプレゼント(金額は変動制)」だけです。

あとの「旅行」や「欲しいもの」の購入は「毎年の定番」にはしていません。

以前はその他に「ゴールデンウィーク旅行」と「夏休み旅行」と「年末旅行」と「春休み旅行」を
定番にしていた時期もありますし、
逆に節約のため、といって旅行は一切禁止していた時期もあります。

それに比べると、定番にしたイベントの数は少なめ、で落ち着いたと思います。

その代わり、「旅行」や「欲しいもの」は収支に合わせて自由に変動させています。

つまり収支状況が良ければ「娯楽」にたくさんのお金をつかいますが、
悪ければ悪いなりの「娯楽」にする、ということです。

「娯楽費」が家計を圧迫している場合は、
「定番」になって「固定費」になっているイベントが多すぎないか、
一度見直してみることから始めてみてくださいね。

次は、2つ目の「高額なもの」は「年間」で管理する事について。

先ほどの、「定番になっているイベント」の回数をまずは見直す事と、
同時にやっておきたいのが、
「高額なもの」の支払いは「年間」で管理する事です。

つまり、年間でいくらかかっているかを把握する、ということです。

「娯楽費」が多すぎるのは、私の経験上、
「今使いすぎているのかいないのかが分かっていない」
ことが一番の原因であることが多いもの。

「今使いすぎているのかいないのかが分かっていない」
ので、
目先の支払いが安ければいいだろう、と思ってしまって
「グレードの低い安い旅館や民宿」しかチョイスしないとか。

または、身の丈以上に「グレードの高い旅館や民宿」をチョイスしてしまって、
あとから支払いで苦労するとか。

旅行だけではないですね。

例えば家電やインテリアの買い替えなども、
「そろそろ買い替え時かな」と思ってお金の準備はないままに購入してしまったり。

私もそういうことを何度も繰り返してきたので、
気持ちはよく分かります。

これらもすべて、原因は「今使いすぎているのかいないのかが分かっていない」ことにあるんです。

これを防ぐためにも、一度
「年間で今いくらかかっているか」
「年間でいくらまでなら使っても大丈夫なのか」という視点で
「娯楽費」を見直してみましょう。

最後の3つ目は「カード払い」や「分割払い」でごまかさない事についてです。

高額な商品であればあるほど、支払いにためらうことはありませんか?

「50万円なんて高い金額払えるかな?」

いえいえ、50万円どころでなく、数万円でも払えるか不安な場合もありませんか?

私も昔は、
「毎年恒例だから夏休み旅行を企画」
「でも、お金が足りるか分からないからとにかく安い民宿を予約」
「旅行中もお昼の食事はコンビニで済ませ、お土産代さえケチって、なるべくお金を使わないように気を遣う」
「挙句の果てにたかだか数万円の旅館代はカード払い」
というのがお決まりのパターンでした。

子供達もお土産1つ買ってもらえないので、
せっかくの旅行気分も私の「ケチケチ精神」で台無しです・・・。

ちょっとでも「高額」な商品を
「カード払い」や「分割払い」にしてしまうクセのある方は要注意。

これは支払いを先送りにし、目先の金額を安く設定して、
なんとなく「負担が軽くなっている」ように見えるだけの
「ごまかし」にすぎません。

「旅行」「家電」「インテリア」「イベント」など、
高額になりそうな支払いこそ、「現金一括払い」を基本にしましょう。

家族のお楽しみになる「娯楽費」をしっかり管理し、
貯蓄の少なさや支払いに苦労しない、
「真の娯楽」を自信をもってエンジョイしましょう。


↓次の記事はこちらです。
・貯めたいのに貯まらないのはこの習慣が原因だった?!

↓お金が貯められない5つのタイプ別診断(チェックリスト)はこちら
・生活の質を下げずに節約する方法もあるんです!


↑このページのトップヘ