2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*節約を「つらい」ことから「楽しい」ことに変えたズボラ専業主婦の物語*

節約というと「食費」や「小遣い」を削ったり、「生活の質を下げる」ような「つらい」ものという印象があるかもしれませんね。

私も10年以上この「つらい」節約を続けてきました。

でもお金もたいして貯められなかったし何より全然楽しくなかったんです。





そんな中で生まれたのが、私がこのブログで紹介している

「欲しいものをあきらめず」「できるかぎりの贅沢もしつつ」「お金も貯める」節約法です。

お金を貯めたいのに、思うように貯められない・・

どうにかして貯められるようになりたい!

ケチケチ節約術から卒業したい!

そんなあなたの「本気の気持ち」にこたえられるブログでありたいと思っています^^

ここで当ブログの歩き方について紹介しますね。

当ブログでは主に

「初めての方に伝えたい当ブログの思い」
「自分でできる家計診断」
「貯められる家計簿のつけ方」
「節約・家計管理のテクニックや貯められない原因」
「無料で行う家計診断」
「あき家の1日1人500円で安くない食卓」

について紹介しています。



「初めての方に伝えたい当ブログの思い」は、

当ブログを初めてご訪問いただいた方のための記事となります。

私がどんな節約術を経て今にいたるのか。
私がこのブログを通じて皆さんに伝えたいことは何なのかを紹介しています。
・どうか私の節約に対する思いを知ってください


「自分でできる家計診断」は、

とにかく徹底的に家計を見直したい方にオススメです。

「家計診断」はプロの方にお願いするもの、と思っていらっしゃるかもしれませんが
いいえ、ある程度のことなら自分でできますよ~!

ちょっと手間はかかりますが、
一度やってみると今まで気付かなかった思わぬ発見があるかもしれません。

自分で自分の家計の問題点に気が付く方が多いので、
ぐんと貯められる家計に近づきます。

家計簿をつけたことがない方でもできますから安心してくださいね。

↓「自分でできる家計診断」はこちらから。
・自分でできちゃう!みるみる家計が分かる!家計診断に挑戦してみよう!


「貯められる家計簿のつけ方」は、

「家計簿をつけてみたい方」
「家計簿をつけてきたのに貯められなかった方」にオススメです。

また、「家計診断」までは面倒くさいからちょっとやりたくない、
という方にもオススメです。

私は10年以上家計簿をつけていますが、
「家計簿をつけていても貯められない」という時期がものすごーく長かったんです。

でも、ちょっとしたコツをおさえて家計簿をつけるようになったら

「1日1行簡単なのに貯まる家計簿」
これって宣伝のうたい文句じゃなくて本当に存在したんだ!
と自分でも驚くほどの効果が現れるようになりました。

まさに家計簿はつけ方次第。

貯まることが実感できれば、家計簿をつけることが楽しくなりますよ♪

おかげさまで当ブログ人気NO1は、こちらの「家計簿のつけ方」です。

多くの方がご利用くださり、目からウロコ!とたくさんのご感想をいただいています。

↓「貯められる家計簿のつけ方」こちらから。
・1日1行!簡単なのに確実に貯められる家計簿のつけ方

「節約・家計管理のテクニックや貯められない原因」

「家計診断」も「家計簿」も面倒くさいからやりたくなーい!という方や

「今日はちょっと気楽に記事を読みたい」という方にオススメです。

・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

「無料で行う家計診断・相談」

当ブログでは「自分である程度の家計診断」を行う方法を紹介していますが、
「一人じゃ合っているか不安」な方を毎月先着5名様まで無料でサポートしています。

↓「無料家計診断」の結果はこちらから。
・みなさんの家計診断&相談の結果を発表します!


「あき家の1日1人500円で安くない食卓」では

こだわり派のあき家の食事を写真付きで公開しています。
1日1人500円の予算ですが(米、調味料、おやつすべて込み)、
「肉・魚・果物」なしの安上がり食卓ではなく、
「肉・魚・果物」もある安くない食卓を目指しています。

・あき家の1日1人500円で安くない食卓



その他、
↓我が家の家計状況について知りたい方はこちら
・我が家の貯金額公開します!

↓お問い合わせはこちらから
お問い合わせ

↓すべての記事一覧はこちらから
・記事一覧(サイトマップ)


※現在少しでも見やすく分かりやすくなるよう改良を重ねています。
※また、まだまだたくさん紹介したいことはたくさんあるのですが、作業がおいついていないところもあります。
今後をお楽しみに!


トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ