2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*削れないと思っている「固定支出」が多すぎる家計は要注意!*

家計の見直しでキーポイントになるのは、家計の中に
今現在どれくらいの「固定支出」が存在するかを把握することです。

この「固定支出」の金額は各家庭によりさまざまですが、
「固定支出が多すぎる」家計は要注意。

この「固定支出」を把握するため
前回は「住まいに関わる支出」について計算しました。

今回は「当面必須となる支出」について計算してみましょう。



今までに計算した「銀行支出」と「現金支出」のうち、「当面必須となる支出」を集めてみましょう。

※「銀行支出」と「現金支出」は↓こちらから計算できます。
・我が家の銀行支出と現金支出の総額は?



「当面必須となる支出」

生命保険
個人年金
学資保険
携帯電話
固定電話
インターネット
駐車場
駐輪場
車ローン
車保険
車税
NHK
幼稚園
保育園
小、中、高、大学費
習い事
借金の返済
ウォーターサーバー
新聞
お掃除用具レンタル
通信教育
などなど

※毎月または年に何回か支払い請求のあるものを集めます。



ほとんどの「銀行支出」と一部の「現金支出」が該当するはずです。



家計簿をつけていない方でも「住まいに関わる支出」と「当面必須となる支出」は大体把握できるはずです。

1円単位まで正確に把握しなくてもかまいません。

ざっくりと計算してみましょう。

こちらも例をあげてみますね。


「当面必須となる支出」

生命保険(銀行支出)
年間約8万円

携帯電話(銀行支出)
年間約17万円

固定電話(銀行支出)
年間約1万7千円

車保険・車税・NHK(銀行支出&現金支出)
年間約10万円

幼稚園(銀行支出)
年間約30万円

小学校(銀行支出)
年間約5万円

幼稚園・小学校教材費など(現金支出)
年間約5万円

習い事(現金支出)
年間約18万円


合計 年間約95万円


この例の場合は、年間約95万円となります。

不思議なことに「当面必須となる支出」は、収入が多いほど多くなるという傾向があります。

収入が上がっても、その分「当面必須となる支出」を増やしてしまい、
結局手元に残るお金は変わらない、というパターンですね。

また、子供が大きくなるにつれて幼稚園が小学校になったり、
習い事の種類が変わったりと、
年によっても差が出ます。

ここで、今回計算した「当面必須となる支出」と、
すでに計算した「住まいに関わる支出」と「年間収入」の金額を使って
ちょっとしたあき流の「家計診断」もしてみましょう!

※年間収入は↓こちらの記事から計算できます。
・我が家の収入は多い?少ない?
※「住まいに関わる支出」は↓こちらの記事から計算できます。
・そもそも住宅費っていくらかかってるの?



年間収入 
600万円

住まいに関わる支出 
160万円

当面必須となる支出
95万円


例えばこのような結果になった場合。

この「年間収入」から「住まいに関わる支出」と
今回計算した「当面必須となる支出」の金額を引いてみましょう。



600万円 - 160万円 - 95万円 = 345万円



ここで計算した金額が家計の中で「自由に使えるお金」です。

この金額が100万円を切ってしまっている、など極端に少ない場合は要注意。

あなたの家計は
「収入」が少なすぎる家計か「当面必須となる支出」が多すぎる家計と言えます。

「当面必須となる支出」が多すぎるということは、
「自由になるお金」が少ないということなので、
当然「生活が苦しい」と感じることになります。

この場合は、まず対処しなくてはいけないのは
「当面必須となる支出」を減らす事。

この「当面必須となる支出」は、「子供の学費」や「各種ローン」以外は
どうしても苦しかったら限りなくゼロにすることも可能なハズ。

すでにこれらの支出を少しでも削ることができないか?
今一度見直してみましょうね!

当たり前のことですが、
「当面必須となる支出」はなるべく極限まで削った方が「自由に使えるお金」が多くなり、
家計はぐ~んと楽になります。

「自由に使えるお金」が少ないのに、
それでもどうしても削れる支出が見つからなかったら
いつまでたっても家計は火の車。

我慢しながら「苦しい生活」をこれからも続けるか
「収入を増やす」ことを検討するしかありません。

この「自由に使えるお金」は、
少なくとも年間で120万円、出来れば200万円以上確保したいもの。

年収300万円台でも十分に達成可能な金額ですから、

この「自由に使えるお金」が年間で一体いくらあるのか、ぜひ一度計算してみてくださいね!

↓次の記事はこちらです。
・え?実は我が家って生活費貧乏だったの?!


↓前の記事はこちらです。
・そもそも住宅費っていくらかかってるの?


トラックバック

↑このページのトップヘ