2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*大学費用1人につき500万円?子供が3人、将来の教育費についてどう考える?*

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*

あき様は、お子様の教育費についてどの程度貯めるご予定でしょうか。

よく大学費用だけで1人最低でも500万円必要、と聞きますが、日々の生活を維持しながらそんなに貯められるのかと不安です。

お子様が3人いらっしゃるあき様はどのように考えていらっしゃいますか?
もし差し支えなければ教えてください。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

教育費についてのご質問ですね。

教育費の「あき流の考え方」は↓こちらで紹介していますので、
よかったらあわせてご覧くださいね。
・【生命保険の見直し】必要な死亡保障額についてきちんと考えてみる

「大学費用だけで1人につき500万円」

それに加えて中学、高校の分まで…。

しかも1人じゃなくて、2人分…。

想像するだけで気が重くなりますね!笑

我が家は子供が3人ですよ!

わーどうしよう!

とにかく1円でも多く貯めなくちゃ…。

そのためには1円でも安いものを買って、

1円でも支出を減らさなくては…!

これはね、以前のあきの考え方です。笑




将来のお金がとにかく不安、よくわからないけど心配。

だからとにかく今を切り詰めないと!っていう発想ですね。

今の「あき流の考え方」だと、あのね、

子供の大学費用1人につき500万円、

確かにかかるかもしれないけど、

「1人につき500万円貯めないと大学行かせられません」

ということではないんです。

よく思い出してみてください!

自分の両親は「子供1人につき大学費用500万円」貯めていましたか?

私の両親など「貯金ゼロ円」で私を私立大学に行かせた無謀な方々です。

もちろん在学中の家計は火の車。

私の大学時代のアルバイト代はしょっちゅう住宅ローンのボーナス払いにすいとられていました。涙

「奨学金制度」や「新聞奨学生」などのシステムを利用して大学に通っている人もたくさんいました。

だからね、「本気なら貯金がなくてもなんとかなる」んです。

それにね、「子供1人につき大学費用500万円」を全額「貯金」でまかわなくてはいけない
わけでもないんですね。

一部は「貯金」を切り崩して支払うけど、一部を働きながら支払う、でもOKなんです。

ちなみに、我が家は大学入学までに子供1人につき200万円は貯めようと思っています。

200万円 × 3人 = 600万円。

その他の不足分は「貯金以外」で賄う予定です。

具体的にどのように賄うつもりかというとですね、

今の家計から学費にどれくらい費用が回せるか、を計算したわけです。

今、子供の習い事などに年間30万円は支払っていますから、

今と同じ収入があれば年間30万円は学費にまわせるわけです。

さらに住宅ローンのボーナス返済を長女の大学入学までに終える予定ですので

年間20万円支払いも減り、

終身保険の支払いも長女の大学入学までに払い終えるよう計画しましたので

さらに年間10万円支払いも減ります。

トータルでいうと 30万円 + 20万円 + 10万円 =60万円。

年間60万円は学費に回せます。

60万円 × 4年 = 240万円。

貯金予定の200万円を足すと

200万円 + 240万円 = 440万円。

大学の費用としてひとりにつき440万円は準備できる予定です。

我が家の場合は、今私がほとんど働いていない専業主婦ですから、

いざとなったら私が働きに出るつもりです。

長女が大学行く頃には3女も4年生ですから、

私ががっつり外で働いても全く問題ない年齢ですね。

現在の扶養控除内で働いても年間100万円は働けますから、

それで次女の学費も充分賄えると考えています。

それでも足りなかったら、私だってフルタイムで働く覚悟もあります。

そんなわけで我が家では1人につき最低200万円しか貯める予定はありません。

「もしこうなったらどうしよう・・・」と将来悪いことが起きることを想定して

貯金をし始めたら、はっきりいっていくら貯めても足りません。


もちろん、もっと貯められそうだったら貯めますけど、

貯金をすることばっかり考えるのは好きじゃないので、

最低限必要なだけ、を目標にする、があき流の考え方です。^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ




コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ