2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*節約がつらい?上手く気持ちを切り替える方法ってあるの?*

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


家計簿をつけ始めましたが、赤字になると非常にへこみます。

自分を責めたり、やっぱりアレを買わなきゃ良かった、と後悔することも。

月によって支出が様々なのも、突発的な出費も仕方ないとは思うのですが、うまくいかないとくじけます。

今月は夫のスーツ購入と庭の水道の故障で、かなりお金がかかりました。

仕方ないと思いつつも、へこみます。

あき様の家計管理を学び、しっかり予算管理してるつもりですが、赤字になるのがとても苦痛です。

月々が赤字でも年間で黒字なら良い、とも思いますが、月締めした時に赤字なのがどうしても耐えられません。

私が神経質なのでしょうか。

楽しく家計管理したいので何かうまい気持ちの切り替え方はありましたら教えてください。


**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

節約中の気持ちの切り替え方についてですね。

予定外の支出が続いて赤字になってしまうと、

ああ今月もうまくいかなかった・・など自分を責めてしまう気持ち、

とってもよく分かりますよ^^

私もずっとそうでしたから~><



でも、今回のご質問の場合は、

気持ちの切り替えよりも、まずはそうならないための準備の方が
必要かな?

と感じました。

予算に「臨時支出」は見積もっていますか?

我が家では年間で10万円は臨時費としてあらかじめ計上しています。

その10万円で冠婚葬祭や、修理代などは賄うようにしています。

せっかくの結婚式のお誘いなども、

2件続いたりすると、
「今月はご祝儀貧乏だよー」

なんて、ついつい口に出したりしてしまいたくなるものですが、

あらかじめ予算に入っていると特にへこむこともなく

気持ちよく支払えます。

それから質問者様の場合は、

スーツなども予定外の支出のようですが、
スーツなど値の張る支出は我が家では
あらかじめ「特別費」で計上しておくので、

予定外の支出にはならずに済むんです~。

予定外になりがちな支出をどれだけあらかじめ予定内にしておくか、
で気持ちは大分かわると思いますよ!

赤字にも
予定外の赤字の月と
予定内の赤字の月の2種類があると思うんです。

予定内の赤字、これはあらかじめ赤字になるなっと予測できている赤字ですね。

あき家でも住宅ローンのボーナス払い月や、
固定資産税自動車税の支払いがある月は
どう頑張っても赤字になります。

でも、あらかじめこの月は赤字だなと分かっているので、特に大きな感情の変化はありません。

逆に予定外の赤字。

これは私でもへこんでしまいます><

今月は黒字のはずだったのに赤字になっちゃった~!!なんでだ?!

と考えます。

その理由が「どうしても避けられなかった予定外の大きな支出」のせいだったら
「仕方ない、来月は頑張ろう」で終わりにします。

でも、予算が全然守れなかったとか、自己責任だった場合。

これはちゃんと反省します。

ああ今月は外食行き過ぎだった・・。
外食行くのはいいけど、回数はちょっと減らそう、とか。

ただし、あき家の場合は「予定外の赤字」は今やほとんどありません。

「予定外の赤字」があまりに多い場合は

そもそもの予算が厳しすぎないか?

予定外だから仕方ない、と思っているだけで、本当は無駄遣いばかりしていないか?

そこをちゃんと見直すのはとてもいいことですよ。

原因を追究してその対策をとればいいだけですから。

そこに自分を責める、という作業は不要ですね^^

原因が分かったら「すごい!私原因までわかっちゃった!もうこれで来月は大丈夫!」って
自分をぜひほめてあげてくださいね^^



お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ





トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ