2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

貯金を崩すのが不安です。貯金の心構えが知りたい!

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

①主婦向け雑誌を見ると、年140万貯めた、繰上げ返済に年間100万、うちと同じくらいの月収で月10万貯めている、など違いに驚愕しています。

②我が家には、旦那が独身時代に購入した2LDKのマンション1戸があります。

しかしその住宅には住んでおらず住む予定もありません。

当時りそな銀行で住宅ローンをくみましたが、昨年マイナス金利の恩恵を受けたく金利の見直しをしたら住む予定がないとローン組み替えはできないと言われました。

現在、賃貸料でその住宅ローンはまかなかっていますが、いつまでまかなえるか先行きが怪しいのです。
払い続けられる間は売却は考えていませんがその分貯金が出来ない時期があります。

賃貸料をいただけるうちは良いのですが、賃貸料いただけなくなると、そちらの住宅ローン➕現在の賃料という膨大な住宅費がかかってきます。今は耐えられていますが、この先子どもももう人と考えていく中で、果たしてどのようにしたらそのローンに耐えられるのか。。

このような色々な思いから、やはりもうちょっと見直しが色々必要かと感じています。

食費日用品費娯楽費をまずは予算内におさめるのを行い、次はどんなところから手をつけたらよいでしょうか。また、根本的に貯金はしなきゃとしていますが、崩すとひどく不安に襲われます。

襲われないために、貯金はいくらほどあれば繰上げ返済にまわせるのか、貯金をするうえでの心構えを教えていただきたいです。



**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「貯金を崩す不安」についてですね。

**********

ひとつずつお答えさせていただきますね。

”①主婦向け雑誌を見ると、年140万貯めた、繰上げ返済に年間100万、うちと同じくらいの月収で月10万貯めている、など違いに驚愕しています。”

お気持ち、よく分かります^^

でも、結論からお伝えすると、人と比べても仕方のないことです。

その方はそうできるご事情があるのだと思います。

例えば、年収1000万円あっても貯められない人などの特集を見ると、
「年収1000万円もあって貯められない」なんて「その人がダメな人なんだろう」と思いがちです。

でも、よく考えれば、

年収1000万円ある人は、

仕事でも「新卒の新入社員」ということはまずありえません。

「上司」の立場であれば、飲み会では「部下に御馳走」しなくてはいけないこともあります。

付き合いで、行きたくなくてもゴルフをしなくてはいけないかもしれません。

「部下」に御馳走するのやめれば?ゴルフだってやめれば?

と思いがちですが、

もしも、あなたが新卒の新入社員だった頃、

「オレは、貯金のためにお小遣いを減らされてるから、ワリカンね!」
なんていう取り締まり役レベルの上司がいたらどう思うでしょう。

「なんだよ、ケチな上司だな。あいつはあれ以上出世しないな」などと思ったはずです。

そのような理由で支出が膨らみ、貯金まで回らない場合もあるのに、

「年収1000万円なのに貯められないなんてバカだな」
「同じ収入があったら私だったらもっと貯めている」


なんて、詳細も知らないうちから上から目線でいう方がおかしいのです。

それと同じで、「あの人は同じような収入でもっと貯めている・・」と比べるのも
意味のないことです。

例えば、
手取り年収300万円で年間100万円貯めている

という方も

もしかしたら、

お金は貯められているが、

・日々の食事は栄養不足(野菜はあるけど、タンパク質がかなり欠けている食事など)
・旅行などには行けているかもしれないが、それ以外はかなりケチ
・「無料の公園で遊ぶことが最高に楽しい」などと言って娯楽が全くない


このような、寒々とした、なんの面白みも感じない家計でしかない場合もあります。

私はこのようなお金を貯めるだけを目的とした寒々としたつまらないケチな家計を見ても、全くうらやましいと思いません。

旅行がゼロで年間150万円貯めるより
旅行50万円、貯金は年間100万円


という家計の方が魅力的だと思います。

家計をもっと根本から見直したいという事であれば、

家計診断をご利用いただくのも一つの手です。

私は、質問者様の月の収入やご予算などは伺っていますが、年間収入などは存じません。

そのような状態から、根本的に見直すことはとても難しいものがあります。

もしご興味があれば、年間収入などを記載して家計診断としてお申込みくださいね^^

(ただし、現在は簡易版のみお引き受けしています。詳細な家計診断ですと、何度ものやり取りが発生するので、お時間の確保が難しいのです)

私に依頼しなくても
当ブログで公開している「自分でできる家計診断」からご自分でもある程度のことはしていただけます。

↓「自分でできる家計診断」はこちらから。
・自分でできちゃう!みるみる家計が分かる!家計診断に挑戦してみよう!

簡単に自分で見直しを始めてみたいという事であれば、

↓こちらのURLにある固定費削減についての記事から始めてみて下さい^^
・固定費を削減するために私が考えている&実践したこと


また、あきの家計簿を効果的に進めていただくのであれば、

まずは、

3カ月程度の時間をかけて、食費、日用品、娯楽費を予算の範囲内におさめるということをしていただき、

次は、特別費の年間予算表を作成し、特別費を制覇。

もちろん一緒に進めていただいても大丈夫ですが、一度に全部やろうとするとパンクしてしまうこともありますから、まず「食費、日用品、娯楽費」、次に「特別費」という順番が良いと思います。

そして1年経ったら家計診断をして、来年の年間予算を作ると効果的です。

貯金を崩すと不安になってしまうのは、

「これからいったいいくら貯金を崩すことになるんだろう」

と、「この先いったいいくら崩すことになるのか」が見えていないから不安になるのです。

「貯金を崩したけど、ここまでしか崩さない」というラインがあらかじめ見えていれば、
「想定の範囲内ね」とさして不安にもなりません。

ちなみにあきの家計簿では、「旅行」など、短期的に、近いうちに使う予定のあるお金については、貯金とは考えません。

「老後、学費、マイホーム、クルマ、万が一の緊急事態」など、近いうちには使わないがいつか使うかもしれないお金を貯金と呼びます。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^


↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ