2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

年収1億以上の人に言われた、たった1つのこと。

pic9

先日、年収1億以上の方に会いました。

その方に言われたことは、たった一言。

「お金は出すから入ってくる」


pkお金は出さないと入ってこない


お金を出さないように、出さないようにと頑張ってしまうと、

「この人は、お金はもうこれ以上いらないんだな」

と「お金」に思われて、お金がどんどん入ってこなくなる

だから、ますます厳しい予算をやりくりしなくてはいけなくなる

なるほどな、と思いました。

私にも思い当たるふしがたくさんあります。

昔、ケチな節約をしていたころは、

「1円たりとも余計に出すものか」と思っていました。

その頃は、全然収入も上がりませんでした。

それどころか減ることもありました。

そして、ますますやりくりが厳しくなりました。



pk質素すぎる人の思考回路①


実際に

「収入が少なく生活が苦しい」

という方の家計を見せていただいたこともあります。

そういう方は、「つつましく」「質素」に暮らしているので、
逆に「大きなお金が入ってくる」と慌ててしまうのです。

こんな大金どうしよう

心のどこかでそう思ってしまうので、無意識にそのお金をなくそうとしてしまいます。

例えば、

お金が入ってきたと思ったら、

急に骨折して長期入院をしてしまいお金がなくなる
急に夫が仕事をやめてしまい、減収になってしまう
急に車が壊れて修理費が必要になった
何らかの理由で引っ越しをしなくてはならなくなった
浪費家の家族が大型家電を衝動買いしてきた

そのような急なアクシデントが起こります。

そして、ますますお金がない生活に陥る悪循環になりがちです。

うちは「厳しい予算をやりくりしないといけない」と思い込んでいるから、
そんなつもりはなくても、自然に
自分で「さらにもっと厳しい予算」になるように調整してしまうのですね。


pk質素すぎる人の思考回路②

貯金マニアの方も、

貯金のために極限まで質素な生活を送ることに慣れています。

お金はどんどん貯まるけど、ほとんど使えないのです。

質素生活のまま年をとり、

「もしもの時のお金」ばかりがたくさんあって、
そのままそのお金には手をつけずに生涯を終えてしまう。

お金を貯めすぎて、餓死した方もいると本で読んだことがあります。

お金を貯めるために、体を作るための資本である栄養まで削り・・・。

将来のためのお金を貯めるということのために、今の人生は我慢ばかり

時々大きな買い物をすることもあるかもしれませんが、
その時だけで、残りの日々は本当に質素。

見ていて痛々しいほどです。

とても真似したいとは思えないですよね。

pk使わないことだけにフォーカスしない


質素すぎる生活を送っている方の思考回路は、

お金が入ってこない
入ってきてもうまく使えない


パターンにおちいりがちです。

お金を貯めたいのに貯められなかった頃のわが家もまさにこのパターンでした。

節約節約、と使わないことばかりに気をとられていたのです。

でも、ある時から、考えを改めました。

お金を貯める、使わない

ことにフォーカスするのではなく、

お金をどうやって使うか

にフォーカスするようになったのです。

より欲しいもの、楽しいと思うことにより効率的にお金を使うためにはどうしたらいいか?

を考えるようにしたのです。

pkムダは減らすが、過度な節約はしない


ムダ遣いは減らす

でも、使うべきところには使う

これが、ケチケチ節約術を卒業したわが家の新しいポリシーです。

何となくダラダラと行っていただけの外食を減らす
何となく買っていた安物の衣服を減らす


浮いたお金を全額貯金するのではなく、

一部は旅行など、家族で楽しめるお楽しみにしっかり回す

しめるところはある程度しめるけど、使うところは使うようにしたら、

急に夫が昇進し、収入も少しだけあがりました。

貯めるではなく使うことにフォーカスすると、

お金が気持ちよく動いてくれるようになるのを私も感じました。

年収1億以上の方は、それを心得ているので、「どんどん出す」のです。

pk器の小さな人間にはお金は入ってこない

考え方をかえ、少しずつお金が貯められるようになり、以前より少しずつ収入も上がってきたわが家ですが、

そんな私でも、年収一億以上の人に、

そんな小さなお金の出入りにとらわれているなんて

「お金の使い方、ちっさ!人間の器、ちっさ!」と笑われました。笑
(ちっさ=小さいという意味です)

「そんな小さいことしか考えてないから、旦那の収入も大して上がらないんだよー」と。笑

私が今まで出会った
年収何千万、1億レベルの方、資産が1億以上あるような方は

小さな節約など全く興味をしめしません。

「〇〇スーパーは何曜日が特売なんです」なんて話に、真剣に身を乗り出す人はいません。

お金?足りないならもっと稼げばいいじゃん

くらいにしか考えていないのです。

「〇〇スーパーの特売日の話より、もっと稼ぐためのビジネスの話をしようよ」という感じです。

稼ぐための知識をどんどん周りから吸収して、自分自身を成長させたいという意欲にあふれています。

自分の器に見合う金額しかお金は入ってこない


ということですね。

私にそういった年収1億以上の方は、決して私をバカにしているのではなく、もっとこう考えたらいいんだよ、と親身に教えてくれたのです。

わが家もまだまだ勉強しなくてはいけないと思います^^;


pkまずは思考を少しだけ変えてみる


でも、それってお金がある人の意見だよね・・・

本当にお金がない人はそんな急にお金を出すなんてできないよ

と思いますよね。

私もそう思います。

私も「年収1億の人と同じように出せ」と言われても無理です。

でも、ほんのちょっと考え方を変えるくらいはできると思います。

「お金は貯める」だけにしない
「お金は適度に気持ちよく出す」

「身を固めて少しでも出さないようにきゅっと身構える」
のをやめる


でも、これを実践しすぎて

ただの浪費家になってしまった方も何人も知ってます^^
(特に男性。笑)

何事も「適度に」が大事です。

例えば、旅行に行く時は、1ついいお部屋に泊まる
お土産代はちょっとだけ奮発する
年に一度の記念日くらいは素敵なレストランに行く


とかほんのちょっとしたところに取り入れると気持ちが潤います。

資格をとるための勉強を始める
セミナーに行ってみる


など、自己啓発にお金を使ってもいいですよね。

かといって、それをするために普段は超質素!というのも見ていて痛々しい。

収入があるのに生活レベルを上げないなんて「つまらない」ことばっかり考えている人にもなりたくないですよね。

質素すぎる生活を送るのではなく、普通の生活を送りつつ、

ムダを整理して、ムダにしていたお金の一部で今までよりワンランク上のお楽しみを作り出すのです。

決して、なんでもかんでも贅沢をするということではありません

それはただの浪費家です。

普段は質素すぎるわけでもなく、普通の生活
でもムダを出さずに、ポイントを絞って出す時はポンと出す


ということです。

pk何が自分の幸せか

今はそれほどの余裕がなく、普段は普通、出す時にポンと出す、
ということができない・・という方も、

決して、それをダメだって思わないでくださいね^^

私がお伝えしたいのは、
「もっともっと質素にしなくては」と自分を責めたり、我慢しすぎたり、お金を出さないように、出さないようにと無理をしなくてもいいのではないかな?ということです。

お楽しみがないから不幸なわけではありません。

お金が入ってこないから不幸なわけでもありません。

逆に、お楽しみがない生活に満足できないから不幸なわけでもありません。

生きてるだけで、充分幸せですものね~!!

でも、どうせ生きてるなら、自分がよりいいなと思う生き方に寄り添っていくといいかな?と私は思っています。

質素すぎる生活がものすごく楽しくて幸せっていう方はそれでもいいし

ちょっとたまにはポンと旅行などに行きたい、どうせならちょっといいものを知ってみたいと思う方はそれを目指せばいいし

こうやって収入を増やしていきたいなと計画するのもいいし

自分自身が楽しいと思う方向にいければ充分ですよね^^

自分のできる範囲で、自分が成長する方向に進む道を選択する。

決して、無理して背伸びをする必要もないのです。

pk終わりに

最近、時々ですが、色々な方にお会いする機会が増えました。

当たり前のように年収1億超えている方にもう何人もあってしまったww

ちなみに、年収1億以上の方々は、自分はまだまだ伸びると思っているので、現状どまりにはしていらっしゃいません。すごいです・・・。

私は、年収1億になりたいとは思っていません。

何故なら、年収1億の方々が、ラクだけをして稼いでいるわけではないから。

一見すると、ラクして楽しく稼いでいるだけのようにみえますが、
人にはいいところしか見せず、陰では人知れず苦労をされている方もいます。

わが家は夫も私も、そこまでの労力を使って稼ぎたいとは思っていないので、わが家が年収1億になることはないでしょう。

でも、今の私に、年収1億の人と同じ行動はできませんが、考え方だけは生活の中に取り入れていく

こうすることで、私は今よりお金が巡ってくるようになると感じます。


無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメント一覧

    • 1. 貴女はきっと、分からず屋
    • July 16, 2017 16:39
    • 1 あの・・・
      多分その人の云う「使う」は
      旅行とか娯楽じゃなくて、仕事のためであって、
      一般的な人々は使わない方が貯まると思いますよ。

      例えば、1000万で新しい機材を買って2000万稼ぐ、見たいな。
      20万で旅行しても、お金は減るだけですよ。
      高いとこでメシ食ってモチベーション上げる、なんて不確かで非効率だも思いませんか?
      それなら、仕事の効率を上げる道具でも買えばいいんです。

      あのビル・ゲイツも飛行機はエコノミー、
      31アイスクリームのクーポンを必死に探す、
      と云う倹約家です。
      彼が使うのは、人に見られる、見せるような
      家、車、装飾品であり、
      食事、移動などには大変質素です。

      如何に生産性のある事に有意義に使うか、そこが大事です。

      記事を読む限りあなたはそれを理解していないようでしたので、申させていただきました。

      金持ちの猿真似をしても貧乏人は貧乏人のままです。
      金持ちをよく見てください。
      無意味な事にはほとんど金をかけていませんよ。

      そう云う事です。
    • 2. あき
    • July 16, 2017 21:02
    • この度はコメントをありがとうございます。

      おっしゃること、よく分かります。

      お金持ちな人が人に見せられるようなことにお金を使い、
      その他は質素というお話、私も存じております。

      確かにそのような側面もあると思いますが、
      それは真のお金持ちの方々は、公私の公の場でお金を使うことができるから
      私の部分ではお金を使う必要性がなくなるのではないか
      と私は考えています。

      私たち庶民には、公私の公は限られています。

      ですから、私の部分で、ほんの少し今よりランクアップしたことを
      するのは決して無駄にはならないと感じています。

      例えば、レストラン1つにしても、ドレスコードのあるようなところに行きますと
      店員さんの対応からしてファーストフードやフードコートとは違います。
      そのような場にあえて出かけることで、どのようなサービスが心をとらえるのか?などを学ぶこともでき、社会勉強の場になります。

      また、からあげ1つにしても、コンビニのからあげと、名店のからあげは味も作りも違います。

      確かに、おっしゃるように公の部分が充実している方には不要かもしれません。
      また、公の部分の充実を図ることこそ大事とおっしゃることもわかります。

      そのようなご意見もまた正しいと思います~!^^

      私自身に至らない点があることに気付かせようと
      お忙しい中、最後までお読みいただき、
      このようなご意見をいただけたことに大変感謝しております。

      ご指摘いただいたように私自身の至らなさをさらに厳しく自覚し、
      少しでも成長できるように、勉強していきますね^^

      この度はご意見、本当にありがとうございました。
    • 3. Kchan
    • July 17, 2017 10:50
    • 4 キャッチーなタイトルイイすね!
      きもち良くお金さん使うと良さそう
      ためになりました

      大きなお金の渦と日々の消費者生活は同じ渦中に有りながら
      といったかんじ

      ビルの話も彼にしかわからず
      一億の年収になろうとすればなれるかもしれないけど
      といったとこ

      お金さんは使わないと返ってこないというのは
      お金の大きい渦をみて正しくても消費者には消えてなくなるだけという
      それなら楽しいお金さんの働き方に変えて見ませんかという事でしょうか

      私はお金の浪費家なのでお金さんを使えばもっと収入が増えても良い筈ですが
      要はそのビル・ゲイツさんたちは幾らでも使える筈ですが同じ人間でも経済的な人間の地位が別だということで甚だ不公平なのものだとおもいます
      彼は選ばれたのでそれに従った
      私は選ばれたけどそこじゃないと私が決める
      どちらも良いでしょう

      そして選ばれなかたら絶対にお金もちにはなりません
      そういう事

      私本人の場合は分かりませんが
      お金を与えては返ってこないということが続くと神になったきになります
      (与えるだけ与えるので)


      暴力団という組織は良くしりませんが
      私の収入を強烈に制限していました

      先ずは世界からソレをなくす事で経済的自由が等しくなって誰もがその恩恵に預かれるでしょう

      私もお金もちのハウツーは詳しくしりませんが私の経済観の酷い経験が記事のお返しになればとおもいます

      有難う
      では




    • 4. あき
    • July 18, 2017 15:45
    • Kchanさんコメントありがとうございます^^

      お金についてお辛い経験もおありなのですね。

      そうですね、私が伝えたいことは、
      お金を気持ちよく出そうっていう事です^^

      ああまたこんなにお金を使ってしまったとか
      罪悪感をベースに動いているうちは
      お金もなかなか入ってこないと思っています。

      私が出会った1億以上を稼ぐ方々は、
      お金を使うことに罪悪感は持っていません。

      そういうお金に対する感情を変えていくことが、
      自分自身の能力を高めることにつながり、
      結果として収入にもつながるのではないかなと思います。

      コメントありがとうございました!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ