2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

毎月赤字の家計は、こう計算!家計を確実に黒字にする方法

pic9

貯金がしたくても、毎月赤字。

どうやって家計のやりくりをしていけばいいのかわからない。

そんな時は、この計算方法で、月のやりくり費を計算してみて!

pk「収入-貯金=生活費」の計算は、危険!

本や雑誌などで良く紹介される計算方法は

「収入 - 貯金 =生活費」

つまり、月の収入が30万円だった場合は、

毎月3万円など

一定額を先取りで積み立て貯金をし、

残ったお金で生活するというもの。

この方法は、「貯金の王道」なので、すでに導入している人も多いハズ。

でも、この計算をすると、生活がかなり苦しい!という人は要注意。

生活費が足りなくなり、積み立てた金を切り崩し・・・。

結局何年たっても貯まらないというサイクルになりがち。

また、過度な節約生活をしなくてはならなくなり、毎月カツカツ

見切り品だけで献立を作るような、ストレスフルなケチケチ生活をするハメになり、
ストレスが溜まって、長続きしないのがオチ

自分の生活費のサイズが分かっていない人が、この方法をやっても無意味なのです。


pk「収入-主な支出=生活費」の計算も、危険!

また、「収入ー主な支出=生活費」という計算方法もあります。

つまり、

収入が30万円の場合、

家賃8万円
光熱費1万円
生命保険2万円
携帯電話1万円
保育料2万円
こづかい3万円



などの毎月の主な支出を引き、
残ったお金を生活費にするという方法。

上記の例の場合は、

30万円 - 17万円 = 13万円。

残った13万円が生活費となります。

残った13万円で生活ができる方はこの方法でOK。

しかし、13万円で、毎月生活できない!という方は要注意。

月収が少なく、払うものを払ったら3万円しか残らない・・・
といような方も要注意です。

この計算方法は、月収が多めの方でないとなりたたないのです。

でも、今この収入しかないのだから、月をまず黒字にしなくてはいけない

だから、生活費をもっと節約しないと・・・。

そう思って、またまた過度なケチケチ節約生活を始める・・・。

これでは、いつまでたってもスタート地点にすら立てません。

実はあき家もそのパターンで、何年たってもスタート地点にすら立てなかったのです。

pk「あきの家計簿」ではこう考える!

あきの家計簿では、収入と支出を「月単位」ではなく、「年単位」で考えます。

まずは・・

月収 ×12ヶ月
手当  1年分
ボーナス ×2回


を計算してみましょう。

例えば、月収30万円、児童手当2人分年間(3歳以上2人として)24万円、ボーナス30万円×2であれば、

年間収入は444万円

そして、まずは、生活に必要な支出を集め、一年分で計算します。

家賃8万円×12ヵ月=96万円
光熱費1万円×12ヵ月=12万円
携帯1万円×12ヵ月=12万円
生命保険2万円×12ヵ月=24万円
保育料 月2万円×12ヵ月=24万円
小学校 月5千円×12ヵ月=6万円
夫こづかい 月3万円×12ヵ月=36万円
習い事 月1万円×12ヵ月=12万円

合計222万円

444万円 - 222 = 222万円。

つまり、残り222万円を生活費として考えます。

じゃあ、これを12ヶ月で割って・・・

222万円 ÷ 12 = 18万5千円

月3万円は貯金したいから、残り15万5千円で毎月生活すればいいのね!!

・・・ちょっと待ったー!!!

あのですね、実際の家計はそううまくはいきませんよ。

月15万5千円もあれば楽勝♪と思うかもしれません。

でも、時には旅行に行ったり、出費のかさむ月だってあるわけです。

洋服を買った月は、予定外に赤字になってしまったりすることもあります。

そのような支出を「特別費」といいます。

家計簿は、この特別費に対応できなくてはダメなのです。

pk「特別費」にはこう備える!

特別費に備えるためには、↓このような「特別費の予算表」を作成します。

b52ee329.jpg

(これは記入例です。)

1年間にいくらくらい「特別費」がかかるか?を先に計算します。

仮に年間で80万円かかる予定であるとしましょう。

444万円 - 222万円 - 80万円= 142万円

貯金を毎月3万円したい場合は・・

142万円 - 36万円 = 106万円

毎月3万円貯金をするなら、月の生活費は約8万8千円です。

「食費・日用品・娯楽費」を月8万8千円以下にすれば、年間36万円以上貯金できるということになります。


pk「月単位」の生活費に戻ってみる

さて、ここで、最初の月単位の生活費に戻ってみましょう。

例でいうと、

月の収入 30万円

家賃8万円
光熱費1万円
携帯1万円
生命保険2万円
保育料 月2万円
小学校 月5千円
夫こづかい 月3万円
習い事 月1万円
毎月積み立て 3万円
食費・日用品・娯楽費 8万8千円

月の支出は30万3千円

です。

なんと、月の積み立てを支出としてみなすと、赤字ではありませんか!!

もし、積み立てを支出としてみなさなくても、毎月余りは2万7千円

これで、毎月3万円ずつ積立ってどうやってやっていくの?となりますよね。

でも大丈夫。

支出を「年単位」でみているので、手当やボーナスを活用しながら、やっていけばOK。


今まで、まず「月が黒字にならない」がために、どうやって家計をまわしていけばいいか分からず立ち止まってしまっていた方でも、

この計算方法なら、月で赤字だったとしても、年間で黒字にもっていくことができますよ!

でも、この方法だと、月の生活費がキツキツになっちゃう・・
まだ特別費がよく決まっていない・・

という場合は、まずは、「食費・日用品費・娯楽費」の予算を先に決めましょう。


pk「生活費」がカツカツな場合は・・・

例えば、

食費 月5万円
日用品 月1万円
娯楽費 月3万円


なら月9万円

とまずは月の生活費を固定にします。

9万円×12ヵ月=108万円。

444万円 - 222万円 -108万円 = 114万円

毎月3万円積み立てるなら

114万円 - 36万円= 78万円

特別費を年間で78万円におさめればOKということになります!


もちろん、まず積み立てから計算したい!
という人は、生活費を引き算する前に、積み立てを引き算すればいいだけ。

自分が大切にするお金の優先順位によって計算の順番をいれかえてもかまいません。

とにかく、月が赤字が黒字かに関わらず、
「毎月同じ基本の生活費(食費、日用品、娯楽費)の予算を守る!」

これに集中するだけでいいのです!

月の収入に応じて「生活費」の予算を変える必要もないので、
毎月、家計簿とにらめっこ!という時間を割く必要もなし!

pk「あきの家計簿」なら、生活費を平均化できる

↓「あきの家計簿」をお使いの方




ならご存知かと思いますが、

あきの家計簿では


「食費、日用品、娯楽費」という費目を使って、
月の生活費を毎月同じにしていきます。

他の家計簿だと、
「外食費」「被服費」「交際費」「交通費」「子ども費」など
たくさんの「費目」を使って、
つけなくてはいけませんが、

あきの家計簿では「月の基本の生活費」=「食費、日用品、娯楽費」
月の基本の生活費では賄えない大きな支出=「特別費」


基本をこの4つだけに絞ります。

普通デコボコになりやすい支出を、

費目の作り方を工夫する
何の支出をどこに入れるかを工夫する


ことによって、キレーイに平均化するのです。

これで、今まで

「そうは言っても予算が毎月守れたり守れなかったりで、結局赤字になっちゃうのよね」

というお悩みもスッと解決します。

「カード払いがあって、訳が分からなくなる」

という方も、カード払いを現金払いと同じように扱うことで、上記の計算方法からはみ出さなくなります。

今まで、とにかく月を黒字にしなくては!と、ケチケチ節約術に手を出していた方も、

「な~んだ、これくらいの生活費にすればいいんだ」

とケチケチ節約術の呪縛から解き放たれるかも?!

↓無料で読めるあきの家計簿のつけ方はこちらから!
・1日1行!簡単なのに確実に貯められる家計簿のつけ方

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ