2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*予算を立てても守れない・・のは何故?!原因はこの2つしかありません!*

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


初めまして。ここ1週間、ずっとあきさんのブログ通りに家計の見直しをしていて、ようやく家計の状態がつかめました。
とくに、うちの貯金額を知るあたりはなるほど〜です。
まず100万貯める!から入っていたこと、見直しの順番が間違いだったとわかり、目から鱗です。

ようやく予算立てまでできましたが、それをどう守っていくのか??がいまいち。。。

毎月の現金残高をチェックしながら、赤字を出さないようにしていく、ということでいいのでしょうか。

うちは、男の子3人の5人家族で、食費がかなり高め(・・;)我ながら改めてびっくりでした。

1年通しての家計は分かったのですが、で、月々をどう過ごしていいのか、、、
イレギュラーな出費も多く、月々の生活費の予算立てと予算を守る、に自信がないんですが、
1年通じて、とくに年度前半はどのようなことに気をつければいいでしょうか?

まだまだ勉強不足ですみません〜;



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「予算を守っていく方法」についてのご質問ですね。



質問者様は男の子3人なんですね^^

うちは女の子3人なので真逆!

とそこに食いつかなくていいですね^^

当ブログをご利用いただき予算まで出していただいたんですね。

手間のかかる作業だったと思いますがお疲れさまでした!
ご利用いただきありがとうございます!

実はまだこの自分でできる家計診断については未完成(!)なのですが、
それでも予算までたどり着いたのはすごいです!
(すみません、早く更新しろってことですよね。頑張ります!)

作成していただいた予算をどう守っていくか、についてですが、

当ブログの家計簿のつけ方の方はご覧いただけましたか?

実はですねーこの家計簿のつけ方を真似していただくと

自然に予算が守りやすくなります。

イレギュラーをうまく吸収できるように考えて構成してあるからです^^

それでも予算を守れない場合

予算を守れない原因は主に二つあります。

1.予算が厳しすぎる
2.予算が間違っている

大体がこのどちらかです。

1.予算が厳しすぎる

これが原因の場合。
よくありがちなんですが、とにかく食費を削ることが
節約成功の第一歩だと思っている方。
で、今月から食費は月3万にする!とか急に思いついて実行し始めたりするんですね。
以前の私もそのタイプでした。笑

そうすると、予算だけがすごく厳しくて、守るのがつらくなってくる。

どうして自分は予算が守れないのかと自分を責め始める。

このような悪循環がはじまるくらいなら月の食費の予算をあと5000円でも
アップした方がいいんです。

パパがちょっと買いすぎても守れるくらいのゆとりある予算の方がストレスがたまりませんよ。

2.予算が間違っている

これが原因の場合、カード払いに食費が含まれていたり、
生協も頼んでいたりあちらこちらに食費がばらけている方は要注意です。

生協も食費、カード払いも食費にちゃんといれていきましょうね。
(カード払いもできるだけ現金払い扱いにして、
使ったら使った分の現金を封筒などにいれて引き落とし月まで管理しましょう。
生協は銀行支出で生協という費目をつくって管理してもOKです)

それから食費に外食を含めている方、
この方も予算を立ててても守れないパターンに
なりがちです。
あき流の家計簿にするなら食費に外食はいれないでくださいね。
外食は娯楽費です。

このように何を食費にするか間違っているパターンですね。
そうすると自然と予算も違ってくるので、
守れないということになりがちです。

気を付けてくださいね^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ





トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ