2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*節約できないズボラ主婦でも出来た貯金術*


つらい節約生活を送ることだけが貯金アップへの道じゃありません。


私は10年以上「貯金のできない主婦」でした。

そんな私が一転。

「必要以上に頑張らない節約術」で2年で350万円貯めることに成功!しました。




頑張っているのに貯められなかった10年以上の間、

家計を預かるほぼ専業主婦なのに、
「お金の管理が出来ない」なんて・・・

と自分を責めたこともたくさんあります。


「我が家は子供が3人の「子沢山」だから」
「主人が「大食い」だから」
「子育て真っ最中で忙しいから」

なんて言い訳をしたこともたくさんあります。

「外食禁止」にしてみたこともあります。

「夫のお小遣い」を減らしてもらったこともあります。

「子供たちのお菓子を買わない」ようにしてみたこともあります。

「お金のかからない公園」をレジャーの定番にしたこともあります。

「ショッピングモールには近づかない」ようにしたこともあります。

数ある節約術に手あたり次第挑戦しました。

家計簿だって欠かさずつけていました。

でも、貯金はあまり増えませんでした。

頑張ってるつもりなのにたいした結果が出ない。

なんだか張り合いがなくなり、
頑張って削った「食費」も、「外食費」も
いつの間にか元通り。

これじゃいけない。

しばらくすると決意新たに再び節約に挑戦。

でもやっぱり結果が出せず、
いつの間にかリバウンド。

この繰り返しを情けないことに十年以上続けてきました。



毎日毎日「ケチケチお金を使わないこと」だけを考える生活は
もう嫌!!

ある日ぷっつりと糸が切れたように
今までの節約生活に嫌気がさしてしまいました。

そして、このある日を境に、
我が家の家計は見違えるように変わりました。

このある日を我が家では「家計の革命日」と名付け、
過去10年間つけてきた家計簿を徹底的に見直し、
どうして今まで貯められなかったのか、
とことん追求しました。

その中で出た一つの結論。


「お金は使わないようにするもの」ではなくて
「うまく使うもの」。



どうやって「切り詰めるか」ではなく
どうやって「使うか」を考えて
初めてお金が「生きてくる」。


そう考えられるようになったら、
今までがんじがらめになっていた
気持ちがすっとほぐれて楽になりました。

お金は「貯める」ことだけ考えていても
味気なくつまらないものです。

ただやみくもに貯めるのではなく、

無駄な支出を抑え、
貯まったお金をどのように豊かな支出に変えていけるか
を考える。

欲しいものを我慢し続けることが私の求める節約ではありません。

生活の質を下げて苦しい家計をやりくりすることも私の求める節約ではありません。


今ちょっとの我慢で欲しいものを確実に必ず手に入れる。
無駄を削り、支出の質を高め、生活レベルを上げる。


これが私の理想とする節約です。

この理想は今までの節約法とは大きくかけ離れたものの
ように感じるかもしれません。

多くの方が「節約」といえば、
爪に火をともすような覚悟で
ケチケチとお金を使わないことにいそしむというイメージが
あるのではないでしょうか。

そのため、節約は
「生活の質が下がる・暗い・辛い・楽しくない」など
ネガティブなイメージが付きまといます。

以前の私もそのようなイメージを持っていました。

中にはそのように極端に生活の質を下げる節約に
せざるを得ない苦しい状況にある方もいるかも
しれません。


でも、仕事があり、今の生活と同じだけの
ある程度の定期的収入があるなら

結果が出るまで修行僧のように「我慢の日々」を
自らの課題としてとりくむような節約に手を出す必要はありません。

まずは「無駄を削る」だけでいいのです。

そして今まで「無駄」に使っていたお金を
自分が本当に欲しいものに使うだけでいいのです。

無駄を省くことで
今まで「それはちょっと贅沢だな」と感じていたことが
「贅沢だ」とは感じなくなります。

「うちにそれを買う余裕はない」と思っていたもの
次々と確実に必ず手に入ります。

そうなると
節約に「生活の質が上がった・節約が楽しい・未来が明るくなった」など
ポジティブなイメージしかなくなります。

我が家の家計から具体的な例を一つあげてみます。

ある年のこと。我が家は少し前から計画していたことを実行に移しました。

それは「家族5人でグアム旅行」です。

以前の我が家は
「海外旅行なんて贅沢はうちにはできない」
とあきらめていました。

たかがグアム、でもなんせ5人家族です。

パスポートもとらなくてはいけないし、
旅行費用と合わせて総額50万円はかかりそうです。

「海外旅行なんて子供がいないか、よっぽどのお金持ちしか行けないところ」
「ただでさえ貯金がないんだから50万円あったら子供の学費にしなくちゃ」

行けない理由はいくつでも挙げられました。

でも、考え方を変えてからは

「絶対に行ける」

という自信しかありませんでした。

総額50万円の旅行貯金はあっという間に貯まりました。

これを我が家は現金一括で支払いました。

旅行中のお土産もすべて現金で賄いました。

もともと旅行のために貯めていたお金です。

「もったいない」「贅沢だ」、という気持ちは一切ありませんでした。

家族にとって忘れられない楽しい思い出が一つ増えました。

そして、これを機に

「次は北海道や沖縄にも行きたいね」
「今度はサイパンにも行ってみよう」
「いつか本場のディズニーランドにも行ってみたい!」

など、

以前はどこかで「そんなことは夢物語」と思っていたことを
「いつか必ず実現できること」として語る機会がぐんと増えました。

削るところを削り、
使いたいところに回せば
欲しいものを何一つあきらめなくていいのです。

このように、メリハリのある収支をつくっていくこと。

それがあき流の節約術です。

このブログは、
「節約できないダメズボラ主婦」だった私が、
「必要以上に頑張らないでお金を貯められる」ようになった物語です。


同じように
子育てに奮闘しながら家計を預かっている主婦の方の
お役に少しでも立てれば幸いです。

*あき*

↓次の記事はこちらです。
・60代後半で貯金がゼロだった私の両親の話

↑このページのトップヘ