2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

自分の支出はね、こう管理すればいいと思うんだ

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

今日は自分費について質問があります。

家計簿をつければつけるほど、私がどれだけ好きにお金を使っているかが分かってしまいました( ´△`)

私は月に決まったお小遣いをもらっていません。

ですが、好きなときに家計から化粧品代や私だけでのお出かけ代からこまごました出費まで家計から支払っています。

この支出がかさんでいるような気がします。(恐ろしくてまだ計算はしていません。)

私もお小遣いをもらおうかと考えたこともありましたが、財布を別にするのが面倒で実行には移しませんでした。

そこで私が考えたのは、
特別費に自分費(妻小遣い?)をつくり
自分だけにかかった出費を特別費で管理するという方法です。

現在、美容院代は特別費で管理していますが、美容院に行っているのは私だけです。

もし特別費に自分費をつくるなら、このお金も自分費に入れた方がいいのでしょうか?

また、化粧品代の中のマスカラやアイライナーなどの少額なもの(主にドラッグストアで買う化粧品)は日用品に入れています。

これは、これでも大丈夫でしょうか?
↑このくらい緩い方が私には合っているのかな?と判断しています。

ちなみに、
大人の服は特別費、子供服は娯楽費(5000円もかからないので)にしています。

我が家は貯蓄型の保険や学資保険にも入っているし、積み立てもしていて、先取り貯金は多少していると思っています。

費目分けを緩めにするか厳しくするかは自分で判断したらいいと思いつつ、やっぱりアドバイスを求めてしまいました。

以前、食費、日用品、娯楽費の予算がなかなか守れないとお伝えしたかと思いますが、3つの合計はだいたい同じことに気づきました。

合計が約10万円なので、もう少し小さく生活したいなという感じです。

いつも他愛ない質問に答えてくださり感謝しております。

私が楽しく家計簿をつけれているのも、あきさんの家計簿に出合ったからです。

今後もよろしくお願いします。



**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「自分費」についてですね。

**********

1つ1つお答えしますね。


”化粧品代の中のマスカラやアイライナーなどの少額なもの(主にドラッグストアで買う化粧品)は日用品に入れています。
大人の服は特別費、子供服は娯楽費(5000円もかからないので)にしています。”


ということですが、もちろん、これでOKです^^

厳しくやりたい方には、娯楽費を使ったりすることをオススメする場合もありますが、
質問者様は毎月貯金が出来ているという事ですから、これくらいゆるくても全く問題ありません。

むしろ、多少のゆるさがないと精神的につらくなりますから、ゆるさを作れる方は多少のゆるさはあったほうがいいと思います。

”特別費に自分費(妻小遣い?)をつくり
自分だけにかかった出費を特別費で管理するという方法です。
現在、美容院代は特別費で管理していますが、美容院に行っているのは私だけです。
もし特別費に自分費をつくるなら、このお金も自分費に入れた方がいいのでしょうか?”


自分費を特別費でということですね^^

自分費を作りたい場合は、

自分費がかかるのは毎月なのか?時々なのか?で考えてみて下さい。

毎月なんだかんだでかかっているようでしたら、特別費ではなく、自分費を毎月の家計簿に入れた方が予算が立てやすいと思います。

ただ、高額な化粧品をある月だけ買っている、コンタクトやサプリメントをまとめ買いしている、あらかじめ年にいくらかかるかが分かる場合は、特別費でもかまいません。

自分費を作る場合でも、美容院は自分費にしなくても大丈夫です。
その方が、年間で管理しやすいと思います。(美容院は毎月でなく時々だと思うので)

特別費は、あらかじめ年にいくらかかるかが分かるようなもののみの方が上手くいきます。
何が自分費になるのかいくらかかるのかもわからないものは特別費に入れないほうが上手くいきます。

こまごまちょっとしたものに特別費をつかったり、
毎月のようにあれも特別費にしようこれも特別費にしようと特別費の費用を追加したりする方は、
大抵特別費が予算オーバーになったり訳が分からなくなったりしますから
特別費に何を入れるか?は注意したほうが成功率が上がります。


”以前、食費、日用品、娯楽費の予算がなかなか守れないとお伝えしたかと思いますが、3つの合計はだいたい同じことに気づきました。
合計が約10万円なので、もう少し小さく生活したいなという感じです。”


ということですが、すばらしいですね!

そうなんです。食費、日用品、娯楽費は、3つで同じ予算になっていれば、多少デコボコしてもOKです。

なぜなら、この3つの支出が「基本の生活費」になるから・・!

この「基本の生活費」が毎月いくらになるか分からない、変動費のままだと
「つけても貯まらない家計簿」になりやすいんです。

そして、市販の家計簿だと、これをどう平均化していいか分かりにくいし、
一部の節約名人のようなテクニックのある方しかできないことが多いんです。

でも、あきの家計簿だと、「基本の生活費」をきれいに平均化するコツがあるので、
節約名人でなくても、自分の基本の生活費がだんだん固定費化してきます。

だから予算も立てやすいし、守りやすい

わが家は、5人家族で、しかも旦那が部活男子なみのがっつり大食い(笑)&子供も成長期なので、
食費はあえてかけていますが、3つで月96000円にしています。

これでもそんなにケチケチきつすぎるということはありません。

でも、もうちょっと子供が大きくなったら、さらに食費や娯楽費にお金をかけたいし、徐々にもう少しだけ大きくしたいなと思っています。笑

これが月60000円以下という方は、家族構成にもよりますが、大体ケチすぎることが多く、生活レベルが異常に低すぎ、「お金のためにここまでやる?」というような、見ていてつまらない痛々しい家計になりがちなので、ケチすぎる方も要注意ですね^^;

もちろん、借金などがあり、どうしてもそうせざるを得ない方は、大変な中頑張っていらっしゃるんと思いますし、そういう方はまた別です。

”私が楽しく家計簿をつけれているのも、あきさんの家計簿に出合ったからです。”

暖かいお言葉がけをありがとうございます~!

いつも暖かいお言葉をかけて下さる方のやさしさに心から感謝しています^^

こちらこそいつもありがとうございます♡

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^


↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ