2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【手取り年収500万円台】子ども2人、40代の家計診断。

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

●家族構成●
夫(46)、妻(40)、子(中3)、子(小5)

1.収入
夫 年間430万
妻 年間110万
児童手当 年間32万

合計 572万

2.銀行支出
住宅ローン 年間60万(月5万)
車ローン 年間24万(月2万)
電気代 年間18万(月1.5万)
スカパ 年間3万(月0.25万)
携帯電話 年間30万(月2.5万)
夫生命保険 年間18万(月1.5万)
妻生命保険 年間12万(月1万)
夫年金 年間12万(月1万)
妻年金 年間12万(月1万)
長男学資保険 年間12万(月1万)
次男学資保険 年間12万(月1万)
長男学費 年間7.2万(月0.6万)
次男学費 年間6万(月0.5万)
長男習い事 年間24万(月2万)
次男習い事 年間12万(月1万)
カード払い① 0
カード払い② 年間2.4万(月0.2万)・・仕事用ETC等

合計 264.6万

3.現金支出
食費 年間78万(月6.5万)
外食費 年間30万(月2.5万)
日用品費 年間12万(月1万)
娯楽費 年間8.4万(月0.7万)
夫小遣い 年間36万(月3万)
長男小遣い 年間3.6万(月0.3万)
夫ガソリン費 年間21.6万(月1.8万)
妻ガソリン費 年間8.4万(月0.7万)
医療費 年間6万(月0.5万)

合計204万

(特別費予定)
固定資産税 5.2万(1回1.3万)
車税金(2台分) 8万
車保険(2台分) 6万(年払い)
NHK 年間1.2万(1回0.2万)
年金追納 24万(全部で16月分、1月
1.5万) 
車検15万円 12万円 27万円
美容室積立 6万円
衣服費 2万4千円
イベント 6万3千円
レジャー 6万円
家具積立 3万6千円

合計 95.7万

支出合計 564.3万



**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

パッと見た印象ですが、
それほど大きくこれはどうかな?という支出はないという印象です。

基本的には、全体的によく整えられている家計であると思います。

2.支出について

収入にたいして、払わなくてはいけない支出が「やや多め」という印象です。
住宅ローン、税金、生命保険など。
今年は車検も2台分、年金の追納もあるということで、

年金追納 24万(全部で16月分、1月1.5万) 
車検15万円 12万円 27万円


これだけで年間50万円の支払いがあります。

これらの支出はない年もあると思いますので、本来ならば、この支出の分だけ貯金が出来る家計であると考えていいと思います。

つまり、本来は、年間50万円の貯金が出来る家計
でも、今年は色々支払いが重なって、ちょっと大変。

という状況であると考えた方がよいのではないかな?という印象です。

3.貯金はできている

夫年金 年間12万(月1万)
妻年金 年間12万(月1万)
長男学資保険 年間12万(月1万)
次男学資保険 年間12万(月1万)

月に4万円(生命保険も貯蓄型であれば月4万円以上)、年間48万円は貯蓄型商品に加入しています。

返戻率が100%以上であれば、年間すでに48万円は貯金出来ていると考えてもよいでしょう。

4.大きなムダはない


スカパ 年間3万(月0.25万)
医療費 年間6万(月0.5万)

唯一気になるのはこの二つの支出だけです。

スカパは、すこしでも貯金したいならやめてもいいと思いますが、それほど大きな金額ではないので、どちらでもいいかな?という印象です。

医療費は、かかる月とかからない月があると思いますので、

娯楽費 年間8.4万(月0.7万)

に上乗せして、

娯楽費 年間12万円(医療費をふくむ)

として、ほんの少し予算を削ると小さくまとめられます。

ただ、ほんの微々たる額ですので、してもしなくてもどちらでもよいでしょう。

5.まとめ

質問者様の家計状況としては、
今年に限ってなのか、年金の追納と車検があり、大きな支出のために、大きな貯金は難しい状況といえます。

ただ、今年に限ってであれば、本来は、貯蓄性保険で年間50万円近い貯蓄をしながら、さらに年間で50万円の現金での貯金もできる家計といえますので、本来の家計状況は悪いものではないと思います。

ちょっとだけ残るお金を貯金にしてもいいですが、
イベント 6万3千円
レジャー 6万円

と、イベントやレジャーにかけられるお金が少なめですので、思い切ってここにもう少し上乗せしてもいいかもしれません。


特別費の予算についてのご相談、ということですが、

食費が・・日用品が・・光熱費が・・生命保険が・・娯楽費が・・と細かな点を指摘することはできますし、
それを踏まえて特別費の予算をもう少し考えなおして・・
などとすることもできますが、

それよりも、
今年はちょっと我慢の年と割り切って、支出の減る来年を見越して貯金の計画を立てても良いかな?と思います~。

ムダ遣いがあまり多くはないので、無理して窮屈にしてしまうのは大変な気がしました。

あまり、無理してお金を貯めることに集中するより、いいかな??という印象を受けました。

あくまで参考までに^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^


↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ