2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*夫の小遣いが内訳不明!小遣い額を減らしたい!そんな時にはなんて切り出す?*

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


あきさんは、旦那様におこづかいを減らす提案などするさいにどのような言い方をされてますか?

言い方ひとつで反応がちがいますよね、、

私今まで、家計を考えてこうしたい!とストレートに伝えていましたが
良い言い回しがあれば教えていただけたら嬉しいです!



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「ご主人のお小遣いの減額交渉」についてのご質問ですね。



わかります~。

難しいところですよね。

ご主人も家族のために一生懸命お仕事してくださっているのに、

ある日突然「今日からお小遣いは減らします!」宣言・・・。

旦那様もがっかり、怒り出す人もいるかも・・?


あき家の場合は

昔、ケチケチ節約をしていたころは

とにかくお金を使わないことばかりを考えていて、

とにかく1円でも支出が減ればお金が貯められるようになる、

と勘違いしていたんですね~。

ですから、主人にも「今月も家計が苦しい!」って

いつも言っていました。

外食に行っても「高いメニューは駄目、高いものにお金を払えるような家計状況じゃない」
とか言って、

長女にちゃんとしたメニューを選ばせることもなく、

長女は私と半分ね!とか言ってました。

今考えればもう考え方から貧しい。笑

だから主人もうちは相当な貧乏だと思っていて

「なんでそんなにお金がないんだ、つらいと言われるばかりじゃ聞いている方もつらくなる」

と言っていました。

でも主人なりにお小遣いを増やさないように協力してくれていました。

今はその頃に比べたら収入もあがり、
私もケチケチしなくてもお金を貯められるコツをつかんでいるので
家計はずいぶん楽になっています。

収入が上がった分主人のお付き合いも増え、
主人のお小遣いも自然と上がっていますが、
今のところそれでも多すぎるというほどには上がっていません。

特に私からお小遣いが上がりすぎだよ!と注意しなくても
主人も自分で上がりすぎないように気を付けているみたいです。

何故主人がそうやって気をつけられるか、というと

昔と比べてケチケチせず旅行や家電やインテリアに
年数回ですがばーんと使えるようになったので
それが本人も楽しみだからなんだと思います。

俺が小遣い増やさなければその分旅行で楽しめる、とかね、
思っているのかもしれません。(本人に聞いてないけど。笑)


だからね、私はお小遣いを減らすなら、その代わりに何が出来るか?
という交換条件が大切だと思いますよ。

家計は何のお楽しみもなく、いつもカツカツ。

自分の小遣いをうまくやりくりして自分の欲しいものをちょっと買うのが
ささやかなお楽しみ、というお父さんにとって、

家計もカツカツなのに、自分のお小遣いもカツカツにせよ!
なんてお達し、つまらなすぎますし、かわいそうです。

奥さんから見たら「夫の小遣いなんて内訳不明、使い道不明、無駄遣いにしか思えない」かもしれませんが。笑

お小遣いちょっと減らしてくれたら、その分で週末は発泡酒じゃなくてビールつけるよ!とか
〇月に家族で海外旅行行っちゃおうよ!とか、

ご主人が喜ぶ何かを交換に提示してみると
喜んで協力してくれるんじゃないでしょうか^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ





トラックバック

↑このページのトップヘ