2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【家計診断】あと月3万円収入があれば・・・

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

初めまして。
いつもブログ読ませていただいてます。

うちの家計診断をしていただきたく、メールさせていただきました。

夫(20代後半)妻(30代前半)子供2人(12歳、3歳)

夫年収  約314万
妻年収  約84万
児童手当  24万

合計422万円

家賃 854,460
夫生命保険 92,808
車ローン 291,600
車保険 204,840
学資保険 85,824
保育料 71,280
習い事 64,800
子供医療保険 27,720
生活費 60万
学校集金 12万
子供小遣い 12,000
夫小遣い 38万
夫交通費 218,400
ネット 6万
スマホ3台 約18万
電気 約12万
ガス 約12万
カード 約48万

合計398万円

夫、私の給料は変動があります。

生活費は、食費、日用品費込みで1ヶ月5万でやっていますがいつも予算オーバーしてしまいます…

毎月ガソリンや薬局でジュースのまとめ買いをするのにカードで支払っていて、他にイレギュラーで買うものがあるときもカードを使うので月2万〜5万ほど使っています。

年に一度夫の実家に帰省するのに5万ほど使っています。

私はなんとかカードを使うのやめようと思っていますが、主人は「いるものを買っているんだし、どのみち買うんだから現金で買ってもカードで買っても同じだ」
と言って、カード使うのを良くないことと思っていません…

毎月ギリギリか赤字で、微々たる貯金から補填するか、児童手当とボーナスに頼ってなんとかやっています。

全然貯金ができなくて、今の貯金額10万です…

なにかあったときや、夫が一人で帰省したいとき、子供が行きたいと言った場所など『ポン』と出してあげられるくらい貯金がしたいです!!

アドバイスよろしくお願いします。




**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

パッと見た印象ですが、日ごろからお金にたいして意識はある方だと感じます。
ただ、全体的にあともう一歩。

あともう一歩だけ踏みとどまれれば、今よりも貯金ができる家計であると感じます。

また、収入から支出を単純に引くと、すでに年間24万円の貯金はできていることになります。

2.高いのはまずこの4つ

電気 約12万
ガス 約12万

車保険 204,840

電気ガス代がやや高めなので、全体的に一回り小さくできるといいかな?と感じます。
ただ、水道代の記載がなかったので、
そちらに含めていただいて丁度今と同じくらいの支出があるものとみなさせていただきます。

クルマの保険は高すぎるように思いますので、見直してもいいかもしれません。

この3つの支出で、年間6万円くらいの節約を検討しても良いかと思います。
(理想を言えば、クルマの保険は、年間5万円くらいにして、年間15万円くらい節約できてもいいかと思いますが)

2.大きなムダはない

現在の家計状況に、上記の3つ以外に大きくムダがあるようには感じません。

生活費 60万
カード 約48万
貯金24万円

合計132万円

質問者様の家計は、この132万円をどう配分するか?がキーポイントになると感じます。

3.支出を再配分してみよう



今まで生活費、カードというくくりで支払っていたものを
あきの家計簿の費目で再配分してみましょう。

私だったら・・

ですが、

食費&日用品 5.5万円
娯楽費 1.5万円

月の基本の生活費 7万円、年間84万円  

特別費 28万円
(内訳) 
臨時費 3万円
衣服 5万円
美容院 2万円
イベント 10万円
旅行 8万円

貯金 20万円


このような感じで、年間20万円を確実に貯金し、
あとは特別費を上手く配分して、出来る範囲で旅行なども計画するかな?と思います。

おそらく、今までカード払いで、なんとなく生活費に使っていた分を少し小さくすることで、特別費に予算ができると感じます。

もしも、上記の車の保険を安くすることができれば、貯金と特別費はもう少し上乗せできるでしょう。

ただ、娯楽費が1.5万円なので、やや予算としてはキツめです。

収入がもう少し増やせれば、

食費&日用品 6万円
娯楽費 2万円


月の基本の生活費8万円くらいにもっていけるとかなりラクになると思います。

特別費の予算もややキツめなので、

理想を言えば、

特別費 50万円 
(内訳)
臨時費 5万円
衣服 6万円
美容院 3万円
イベント 10万円
旅行 20万円
家電・インテリア 6万円

くらいの予算が欲しいところです。

すると、146万円が必要になるので、
年間20万円の貯金を計画するならば、
年間で34万円、月約3万円ほど収入を増やすとかなりラクになります。

5.まとめ

質問者様の家計状況としては、収入にたいして、支出がやや多めです。

理想で言うと、車のローンは組まないサイクルにもっていけるといいですね。

年間20万円を確実に貯金し、車の買い替えの際はこの20万円×数年分でかえる範囲で一括購入。
(もちろん貯金ゼロにしないように工夫しながら)

車のローンをゼロにできれば、年間30万円生活費が上乗せできます。

お子さんがあと数年で高校生、大学生とお金のかかる時期にかかってきます。

できれば、支出を極力小さくすることよりも、数年後までに収入をあともう少し増やせるように計画できると、大学生のお子さんを抱えても安心できると思います。

ご主人がまだお若いので、今後のご主人の昇進に期待!ですね^^

支出を小さくすることばかりを考えてしまうと、なかなか昇進しにくい体質になってしまいますから、今は月7万円以下に生活レベルを落とすことは考えない方がいいと感じます。

↓タイプ別診断としては、タイプ1「生活費貧乏」タイプに近いかと感じます。
・生活するのに精いっぱいで娯楽に回せる資金の余裕がないのはなぜ?

※当ブログの家計診断は、「簡易家計診断」です。パッと見た範囲、細かな詳細については調査しない方法での診断となります。詳細な家計診断をご希望の方は、プロの方の有料家計診断をご利用いただくことをオススメいたします。


お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^


↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ