2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

たまにのちょっとした贅沢はアリですよね!

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

毎月赤字が続いており、悩んでいるところ、こちらに辿り着きました。

ここで4カ月チャレンジして来たので一度アドバイス頂きたくメールさせて頂きました。
下記は6月分の詳細です。

・給料 夫  231,000
・封筒貯金していたものを補填として 65,000
合計 296,000

・家賃 81,000
・電気 3300
・ガス 8500
・水道 8600
・携帯2人分 20,000
・生命保険2人分 23,000
・車検、任意保険のための貯金 10,000
・夫小遣い 20,000
・私小遣い 15,000
合計 189,400

・食費 31,000
・酒 9700
・日用品 6300
・娯楽費 27,000
内訳)
・コンビニと夕飯惣菜 3200
・靴下 400
・クリーニング チャージ代1000
・バス代 200
・お出かけ 1000
・友人とBBQ 4100
・ガソリン 3000
・コンビニ 580
・ランチ2人分 1700
・夫弁当代 780
・コート クリーニング 1100
・お惣菜で夕飯 1700
・夫シャツ 1200
・ランチ2人分 1300
・洗車 400
・ビールフェス 2800
・ランチ、お茶代2人分 2400

・特別費(父の日ギフト2件分)5000

合計 79,000

端数は切り捨ててますので、若干の誤差はありますが…

収支 27,600円 です。


◻︎家賃が高いのと、ガス、水道がどんなに頑張って節約しても高いです。10月にアパートの契約が切れるので引っ越しをしようと思っております。もうじき入る夫のボーナス(約40万)も引っ越し代として30万円とっておこうかと考えています。

◻︎そろそろ妊活をし子供が欲しいのですが、学資保険など毎月の支払いが増えると思うと、今の経済状況から不安でしかありません。子供が生まれてしばらくは働けないでしょうし。

◻︎夫が休みの日にスーパーに行くとどうしても、お昼を買って食べたり、夜はお惣菜を買ってみたりして高くつきます。

とても長くなってしまい本当に申し訳ありません( ;  ; )
どうぞよろしくお願い致します。



**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計簿チャレンジ」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

パッと見た印象ですが、特別にひどいとは感じない家計です。
お二人様ということですが、奥様は働いていらっしゃらないのかな?と判断します。

2.ちょっとずつ気になる支出

・携帯2人分 20,000
・生命保険2人分 23,000

・私小遣い 15,000
・娯楽費 27,000

この4つの支出が気になります。

奥様が働いていらっしゃるのであれば、これくらいでも妥当、もう少しあってもいいかと思いますが、働いていないのであれば、奥様のこづかいはやや高すぎますし、携帯電話も保険もやや高い印象です。

・携帯2人分 15000
・生命保険2人分 20000
・私小遣い 5000

と、特に携帯電話と奥様のこづかいを重点的に減らしても良いと思います。

実際にはおつきあいで実行できないなど、理由はあるかもしれませんが、もし実行できれば、月18000円、年間21万6000円の節約が出来ます。

何故奥様のこづかいを減らすか?というと、
働いているのであれば、ランチ代など、どうしても必要経費がかかるのである程度のこづかいは必要になります。

働いていないのであれば、必要経費はないはずなので、小遣いにしてしまうと、本来なら娯楽費、特別費に計上されるべきムダな支出がブラックボックスになる可能性があります。

なので、必要経費外のこづかいは少ない方がいいと感じます。

今はご夫婦2人ぐらしということなので、月の娯楽費はこれくらいあってもかまわないと思います。

お子さんが生まれたら、支出が増え、なかなか思うように娯楽を楽しめないこともありますから、今のうちに大いにたまの贅沢をしてください^^

3.まとめ

子どもが生まれたからと言って、学資保険が必ずしも必須なわけではありません。
むしろ、学資保険を組んでしまったがゆえに、下手に解約できず、のちのち家計が苦しくなってしまう方もたくさんいます。

わが家は上記の理由で、学資保険には加入していません。

引っ越しも、お安く環境がいいところに引っ越しができればいいですが、
もし今より狭くなって、快適でなくなり、お子さんが生まれたらまた引っ越し・・では
引っ越し費用だけがかさんでしまうので、お子さんが生まれてからも住めるかどうか?を考えながら慎重に考えられてもいいかと思います。^^

チャレンジ4ヵ月、お疲れさまでした!

そろそろ重要になるのは、予算を決めて守れるようになるか?です。

今回は予算が書いてありませんでしたので、分かりませんが、

・食費 40000(酒代こみ)
・日用品 5000
・娯楽費 27,000

くらいでやってみてもいいかと思います。

娯楽費は、お二人様なので、現状維持、もしくは貯金が出来ているなら月30000円くらいあってもかまいません。

やってみて下さいね~^^

ご利用ありがとうございます♡

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^


↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ