2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

毎月の食費を節約するのはすっぱりやめる?!気になる食費の平均値は?

家計の節約をしようと思うと、まず最初に思いつくのは食費の節約ではないでしょうか。

我が家もそう考えて、何度食費の節約術を実行してみたか分かりません。

総務省の家計調査によれば、
ある年月の2人以上の世帯の食費平均値は
約68,000円だそうです。

年代などの条件で多少の変動はあるのですが、
総務省の家計調査には外食や給食費なども含まれているので
それを除いた、大体5万~6万円くらいが食費の平均値
だと思ってよいのではないかと私は考えています。


大人2人、子供3人の5人家族の
我が家の場合は、毎月大体6万円~7万円くらいです。

夫婦2人の時代でも月4万、
子供が1人増えるごと、大きくなるごとに
食費が増え続けています。

この食費の高さに何度も何度も落ち込みました。

1週間決まった額でやりくりしようとしてみたり、
1週間の食材を買いだめしてみたり、
メニューを決めてから買い物に行ったり・・・。

でも、最初のうちだけで、結局長く続かなくて挫折。

食費をうまくやりくり、節約できない自分を責めてきました。

我が家の貯金が増えないのも、
主人が大食いだったり、食べ盛りの子供たちがいるせいだ
と考えたこともあります。

長い間、あまり貯金のできなかった時代を経て、
貯められるようになってきた今、

食費に対する考え方が変わりました。

しっかりと栄養のある食事をとって、
子供たちにはたくましく育ってほしいし、
主人から食事の楽しみを奪いたくない。

それに、食費って節約しようと思うと、
一番ストレスになりやすい。

週に1000円、月に4000円程度の節約をするのだって
結構大変ですよね。


だから、食費は節約しない

これが我が家の現在のスタンスです。

でもね、

だからといって、際限なく食費にお金を費やしてもいい、
と考えてるわけではないですよ。


私は、食費は節約することよりも、現状を維持することが大切だと思っています。

月によって1万、2万円以上食費にばらつきあるようでは
なかなか上手く家計を管理できませんよね。

毎月食費が15万円かかっている・・・など、
平均値から大幅に外れている方は、
根本的に食生活を見直すと大幅に節約が出来るかもしれませんが、

大体平均値に近い、という場合は、
6万円なら大体毎月6万円、と食費の上限予算を決め、
そこから大きな変動を出さないこと。

我が家の場合は、上限7万円です。

数百円の予算オーバーくらいなら気にしない。

でも、ストレスなく達成できる範囲の金額に収める努力はしています。

その方がずっと長続きします。

そんなこといっても、家計は火の車で・・・
という方、

食費の見直しは最後にして、
まずは食費以外の費目の見直しをしてみてください。

我が家の場合は、食費以外の項目を見直しただけで、
ぐんと貯金額が増えました。



↑このページのトップヘ