私がやらない節約の常識「激安スーパーでの買い物」編


ちまたに数ある節約術。

でも、ケチケチせずに2年で350万円貯めた私がやらない「節約術」があるんです。

本当に「お金に困らない生活」をしたいなら
「あなたのグレードを下げてしまう」節約術はやってはいけません。

スポンサーリンク

*やってはいけない「節約の常識」(食費編)*

「節約」をするならまずは「食費の節約」と考える人は多いです。

少しでも安上がりな食卓にするレシピなどは非常に人気があります。

でもやってはいけない「食費の節約術」があります。

そのうちの1つ目は安いので有名な特売店に行くことです。

私も「ケチケチ節約術」をしていたころは
「少しでも安いものを売っているお店」にいくことは「マスト」だと思っていました。

しかし、その激安店に行って

「本当に安上がり」だったことってありますか?

スポンサーリンク

「買うものを決めて、その通りのものしか買わない」ということが出来る方は
ちょっと遠くても「地域の激安店」に足を運ぶ価値があります。

でも、多くの方の場合、そのような「激安店」に行くと

「やだ!こんなに安く売ってる!これは買わないと損!」

とついつい「買う予定のないもの」までかごにいれてしまいませんか?

ここぞとばかりにまとめ買いまでしてしまいかねません。

安いからあれもこれも、、とかごにいれてレジを通してみてビックリ。

「あれ?激安店に来たはずなのに、いつもより高い・・・」

そんなことが実は多くないですか?

私も何度も同じような経験したことがあります。

結論を言うと、

「激安店」に行くならあらかじめ買うものを「メモ」してそれ以外は買わない
もしくは決められた予算をしっかり守って買い物をする

ということが出来る方は「激安店」もOK。

それが出来ない方は

「激安店」に行ってもいつものスーパーと同じ感覚で買い物をする

もしくは

わざわざ「激安店」にはいかない

ようにしましょう。

私は最近たまたま徒歩5分のところに「激安スーパー」ができたので、
近さにつられてついついその「激安スーパー」に足を運んでしまいます。

でも、「激安スーパー」だからといって「余計なものをたくさん買う」ということはしませんよ~^^

近いから行ってるだけで激安だから行ってるわけではありません~。

激安スーパーだからって張り切ってはいけません。

気がついたらかごの中が余計なものだらけ、になってしまいます。

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク