2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*貯められないズボラ専業主婦の家計簿節約見直し術*

pic2


*累計969万ビュー達成!大感謝です!

欲しいものもあきらめない!もう絶対ケチケチしない!しかもお金も貯める!
あき流の「家計簿のつけ方」「節約術」「家計簿見直し術」「お金を貯めるテクニック」「節約レシピ」を公開しているブログです。

10年以上家計簿をつけていても貯められなかった我が家が一転。
「ケチケチ節約術」から卒業!

「生活の質を上げて」「お金も貯める」節約術に乗り換えました。


わずかに共働きながら、ほぼ専業主婦で、
子供3人、5人家族の我が家がどのように家計を再生させたのか。

「できる限りの贅沢をしながら」「生活の質を下げずに」
しっかり「お金」も貯める方法を紹介しています。

コツさえつかめば誰にでも再現できる節約法です。

当ブログは「やみくもにお金を貯める」ことを目的にしていません。

貯金を年間200万円にするよりも、
貯金は年間100万円、でも旅行や欲しいものにもしっかりお金を使う♪という節約術です。

↓初めての方はこちらから
・当ブログの歩き方(ブログの活用方法について)


↓当ブログのメインコンテンツはこちら
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
・あきの家計簿のつけ方
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)
・あきのズボラ家計簿のクチコミ【読者様からの声】
・貯められないタイプ診断(チェックリスト方式)
・お問い合わせ



*最近の更新情報*
月によってバラつく支出をコントロールする方法 (10/17更新)
支出はふたつにわけて管理するのが効果的という話(10/16更新)
正確でなかったことをお詫び申し上げます><(10/15更新)
ボーナスがない家計。どうやって貯金の計画を立てる?(10/14更新)
【手取り年収800万円台】貯蓄2000万円でも小遣いは月2万円(10/13更新)
【画像付き】手取り年収400万円台の家計の場合 (10/12更新)
【食費の節約】1食290円でお魚定食
(10/11更新)
【手取り年収500万円台】家計がまわらなくて苦しいです(10/10更新)
高額な支払いは、準備の仕方で差をつける(10/9更新)
もう献立に悩まない!食費の節約にもなる献立ノートの作り方(10/8更新)
作業のムダを出さない!ちょっとした挫折ポイント(10/7更新)
ラクしすぎも貯まらないし、頑張りすぎも貯まらない法則(10/6更新)
【手取り年収300万円台】夫の転職で減収見込みで不安です… (10/5更新)
正直、貯金に回せるお金がないのですが… (10/4更新)
特別費をうまく回せると家計が回り始める (10/3更新)
【手取り年収500万円台】33万円の赤字家計からの脱出法(10/2更新)
WAONが手放せない!電子マネーの上手な使い方(10/1更新)
【手取り年収500万円台】貯蓄2000万円の家計をケチにしない方法(9/30更新)
【手取り年収500万円台】メリハリ家計の基本(9/29更新)
ズボラ度別家計簿のつけ方・選び方が紹介されています。 (9/28更新)
特別費を作るだけのお金の余裕がない!(9/28更新)
【手取り年収500万円台】どうしてこうなるか謎な家計(9/27更新)
【食費の節約】塩こうじで柔らかお肉とエビサラダ献立 (9/26更新)
【手取り年収500万円台】なぜこうなるんだろうか? (9/25更新)
家計簿を大きな画像で見せてください!(9/24更新)
シャーペンとボールペン。使い心地の違い (9/23更新)
【積立】は、やり方次第で家計がラクになる!(9/22更新)
成功者がこっそり教える【考え方のコツ】(9/21更新)
毎月25日が給料日の人は気をつけて!(9/20更新)
メンドウなお金の管理をやめるには?
(9/19更新)
【食費の節約】調理時間30分以下!のカンタン献立 (9/18更新)
【通帳(口座)】は、3つに分けなきゃ始まらない!(9/17更新)
【電子マネーの使い方】お得に使うにはコツがいる? (9/16更新)
子供用品のやりくり法は、ちょっとしたコツを抑えて!(9/15更新)
【資格試験や受験料】あなたのやりくりは大丈夫? (9/14更新)
夫がやや浪費家。こづかいを下げたいのですが。 (9/13更新)

・電気代を安くする方法。2年で350万円貯めた主婦が実践した節約術(一覧)(人気)
・2年で350万円貯めたズボラ主婦による「貯まる家計簿の特徴」「貯まらないダメな家計簿の特徴」(人気)
・2年で350万円貯めたズボラ主婦が「やっていること」「やめたこと」(人気)
・みなさんの家計診断&相談の結果を発表します!(オススメ)
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)(オススメ)
********


↓アマゾンで当ブログの書籍、発売中です。


当ブログはおかげさまで日々たくさんの方にご訪問いただけるようになりました。

また、「ブログに共感しました」「ブログに出会えてよかったです」「家計管理が楽しくなりました」など
非常にありがたいお言葉も多数いただけるようになりました。

当ブログでお伝えしているのは「お金を適切に管理する方法」ですが、
私はそれを通じて「人生をより豊かに彩る生き方」をお伝えしたい。

人生にはいろいろなことがありますが、
1人でも多くの人が、少なくともお金のことだけでは
「つらい」「不安」「あきらめる」といったネガティブな感情から解放され
「楽しみ」「安心」「幸せ」といったポジティブな思いにつつまれることを願い
このブログを続けています。

あなたとあなたの家族が今日もhappyでありますように・・・☆

コメント

コメント一覧

    • 1. あつき
    • September 22, 2016 11:49
    • あきさん、こんにちは。
      いつも勉強させてもらっています。また、何度か私の質問をアップして下さりありがとうございます。

      最新記事、グッときました。
      誰にも言えずに悩んでいたんです。

      我が家の年収は主人一馬力で1000万円です。
      専業主婦でいられることに感謝はしてますが、決して裕福ではありません。

      役職がついたことで、お付き合いという名の仕事関連費だけで月に8万円の出費。主にゴルフや会食です。
      夫は激務で体調を崩して通院中、医療費もかかります。
      年収が上がったことで児童手当や幼稚園補助、子供の医療費無償の恩恵も受けられず。

      誰にも言えず、相談できず、ずっと悩んでました。
      お金よりも大切なこともあるのに、と。

      専業主婦である私は夫を支えることしかできないので、あきさんのこのブログを励みに、小さなところから家計改革を始めました。

      見直して半年が経ち、手元にお金が残るようになってきました。すごく嬉しいです。

      相変わらず出費が嵩みますが、使うところと引き締めるところを明確にして、これからは明るく楽しく生活していこうと思います。

      本当に救われた思いです。
      ありがとうございます!
      これからもいろいろ教えてください。
      あきさんもお体に気をつけて、頑張りすぎないでくださいね。
    • 2. あき
    • September 23, 2016 11:11
    • あつきさん^^
      コメントありがとうございます!
      ↓こちらの記事を読んでくださったんですね^^
      http://kakeibo.kosodate-info.com/archives/3558

      そうですよね、1000万円収入がある方にはその方なりのお悩みがあるだろうな、と想像して書きました^^
      その悩みを知らずに「いいよね、1000万円も収入があって」なんていうのは失礼だと思っています。

      半年の実践で少しずつ改善が見られたようで何よりです^^
      ご主人もお大事になさってください。
      今後も一緒に無理せずゆるゆると頑張っていきましょうね♪
    • 3. Yoshi
    • May 06, 2017 10:03
    • あきさん。
      私は今、失業中です。
      失業手当16万円で家族2人で生活しています。
      とてもお金が足りません。
      どの様に生活していけば良いのでしょうか。
    • 4. あき
    • April 05, 2017 06:55
    • りんりんさん
      暖かいコメントありがとうございます!
      お金のことは、無理せず長く続けていくのが一番いいですよね^^
      私も、毎日一生懸命頑張らないといけなかったら、続けられないと思います。
      毎日頑張るのはほんの少しの努力だから頑張れています^^
      りんりんさん、お互いにゆるゆると頑張っていきましょう♪
    • 5. りんりん
    • April 04, 2017 19:59
    • 同感です。我が家も主人の収入のみ、専業主婦の私に、子供は一人。収入はそれなりですが、子供を学費のかかる学校へ進学させてからは、主人の収入がどうこうではなく、価値観で幸せを得ていくのが健全だと痛感しています。子供の教育費は親の満足感をみたすものではなく、人生の選択をひろげてる為の費用。一緒に過ごす時間やゆっくり食事をするなども、親からの教育費以外の大切な費用と考えます。一緒に検定試験を受験するなど、満足感の充足感のともなうお金の使い方を心がけられる様になりました。
      無理をせず頑張っていきたいと思います。
    • 6. ままりん
    • May 19, 2017 15:17
    • はじめまして

      色々ブログを彷徨っていましたら、こちらにたどり着きました。来年50才。旦那と子供、ワンコの3人と1匹暮らしの、主婦です。

      主婦歴だけは、長い私ですが家計のやりくりとなると…。週3でパートをしており、子供も社会人になっていますので貯金できるはずが、私の浪費グセが家計を圧迫し、なんだかなぁ(T . T)という感じです。

      最近になり一念発起して家計を立て直すべく決意したことがあり、頑張ろうと思いこちらを参考にさせていただきながらやっていきたいと思っています。著書も早速注文し、明日届くみたいです。また、コメントしたりするかもしれません。お金の事だけに気軽に誰にでも相談できることではないので何かアドバイスいただけたら…と図々しく思っています。

      よろしくお願いします!!!
    • 7. あき
    • May 20, 2017 06:41
    • ままりんさん
      コメントありがとうございます!
      家計を立て直そう!と頑張られているのですね^^
      まさにこれからが楽しみ♪ですね^^
      書籍もご注文いただきありがとうございます。
      少しでもお役に立てますように!
      またいつでもコメントしてくださいね^^
      メールフォームからご連絡いただければ、
      ご相談にもお答えいたします。(少しお待たせしてしまいますが)
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
    • 8. あき
    • May 20, 2017 06:42
    • yoshiさん
      コメントありがとうございます!
      メールフォームからご質問いただいているようですので、
      お返事はのちほどブログにてさせていただきますね^^
      (少しお待たせしてしまいますが、気長にお待ちください)
    • 9. やまと
    • September 28, 2017 00:08
    • 5 初めまして!
      住宅ローン、車ローン、出産が重なることで不安になり調べていたところあきさんのブログを拝見しました。
      はじめての方の方からやってみたのですが…。
      私は5月出産のため産休育休で給与が定まらずいつ入るかも未定です。
      なので私の給与はちゃんと給与が発生していた(去年3月〜今年2月)で良いのでしょうか?
      また、上の時期にする場合は主人の方もその時期にした方がいいのでしょうか?
      家計など全く気にせずにきてしまったので全くの無知なためくだらない質問ですがよろしくお願いします。
    • 10. あき
    • September 28, 2017 14:12
    • やまとさんコメントありがとうございます!
      初めてのご訪問もありがとうございます。
      当ブログの家計診断をやってくださっているのかな?と思います。
      ですが、ご質問はコメント欄からはお返事をしておりません><
      メールフォームからのご質問の返事をお待ちいただいている方が
      おりますので、ご理解いただけますと幸いです。
      お手数ですが、当ブログのメールフォームよりご質問いただけますと幸いです。
      http://kakeibo.kosodate-info.com/mail
      お返事は早ければ1日ですが、込み合ってると20日以上お待たせすることがあります。ご理解いただいたうえでご利用くださいませ♡
    • 11. ふぢ
    • October 15, 2017 18:19
    • 5 あきさん、こんにちは。 教育費に苦しむ46歳の主婦です。 羅列だけの 家計簿ではいけないと家計簿検索していたら、あきさんのブログにたどり着け、ビビっときた私は急いで書籍を購入し、恥ずかしながら20年以上も霧に煙ってたけ家計簿の付け方が、ようやくわかり始めたきがします。 まだ一ヶ月もたってないので、試行錯誤のところです。
      ところで、うちには大学生が三人おりまして、学費➕仕送り生活費➕家賃・光熱費 に給料は殆どこちらに回ってしまっています。 1人につき、上記の三つだけでも11万×3人で、これに教材費や特別費が入るとプラス3〜5万プラスになります。 学資保険はそれぞれ100万ぐらいの残金ですが、何があるかわからないのでできれば手をつけたくありません。
      見直すためにもしっかりと家計簿に計上・把握し、予算を組んで行かなきゃなと思っています。 これら、学費・仕送り生活費・家賃光熱費・教育費は、どの費目に入れて予算立てすればよろしいでしょうか。 よろしければ相談に乗っていただければ助かります、お願いします。
    • 12. あき
    • October 16, 2017 05:55
    • ふぢさんコメントありがとうございます!
      にこんさんコメントありがとうございます。
      せっかくご質問をいただいたのに恐縮なのですが、
      ご質問はコメント欄からはお返事をしておりません><
      メールフォームからのご質問の返事をお待ちいただいている方が
      おりますので、ご理解いただけますと幸いです。
      お手数ですが、当ブログのメールフォームよりご質問いただけますと幸いです。
      http://kakeibo.kosodate-info.com/mail
      お返事は早ければ1日ですが、込み合ってると20日以上お待たせすることがあります。ご理解いただいたうえでご利用くださいませ♡
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ