2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*給料が手渡しの場合は家計簿にどう記入する?*

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


初めまして!
マイホーム購入を目指すため家計簿をつけてみようと思っています!
家計簿のつけ方などブログを読ませていただいたのですが、
手渡しのお給料の書き方、赤字になった日の書き方が分かりませんでした。
お忙しいとは思いますがよろしくお願い致します。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計簿への記入例」についてのご質問ですね。



マイホームのために家計簿をつけることにされたのですね!
素敵です^^

手渡しのお給料の書き方、赤字になった日の書き方

ということですね。

まず、手渡しのお給料に関してですが、

手渡しであっても、「毎年の家計簿(銀行支出)の収入欄」に
記入していただいてかまいません。

例えば手渡しで20万円のお給料をいただいた場合は、

まず「毎年の家計簿(銀行支出)の収入欄」に「20万円」と記入します。

出来ればそれをいったん全額銀行に預けましょう。

そうすると、銀行の明細に「20万円」と記帳されるので、
その日のうちに家計簿に記入するのを忘れてしまった場合でも、
あとから通帳の明細をみれば「20万円」だったことが分かります。

何百円単位の端数があったらそのまま貯金箱に入れてしまいましょう。

これが面倒な場合はやらなくてもかまいませんが、
お給料をいただいたら忘れないうちに家計簿に記入するようにしてください。

20万円のうち10万円を現金でおうちに保管し、残り10万円を銀行に入れた場合でも

毎年の家計簿(銀行支出)の収入欄には20万円と記入します。

この場合は手元に10万円あるわけですから、
「毎月の家計簿(現金支出)の残高欄」の一番初めに「給料より+10万円」などと記入しておきます。

前月からの繰り越し残高が例えば2000円だったら、
そこに10万円が追加されるので、
今月の残高は10万2000円からのスタートとなります。

月の途中でまた2万円をおろしたら、

お金をおろした日の毎月の家計簿(現金支出)の残高欄に「+2万円(銀行)」などと記入し、

今の残高を2万円をプラスした金額にします。

こうしていけばピッタリ収支が合うはずです。

また赤字の日の記入例ということですが、

赤字の日、というのはどういう日のことでしょうか?

年間の家計簿(銀行支出)の記入欄で、今月の収支が赤字になってしまった、
という場合はそのまま収支に「‐5万円」と記入すればいいだけです。

毎月の家計簿(現金支出)の記入欄では赤字になることは基本的にありませんよね?

毎月の家計簿(現金支出)は現金のやりくりのページなので
手元に現金がなければ買い物ができません。

手元に現金がなくカードで「食品」を購入した場合は、

2ヶ月後の毎月の家計簿(現金支出)の「食費」の支出欄に
購入したものを鉛筆書きでメモだけでもしておくと便利です。

できるだけカード払いは現金と同じ扱いにした方が使いすぎないので、
「毎年の家計簿(銀行支出)のカード欄」に記入するよりも
「毎月の家計簿(現金支出)の支出欄」に「カード払い」などと記入して
「毎月の家計簿」に記入していった方が節約効果がありますよ。

また、手元に現金がなく、たとえば「貯金箱」にあった「1000円」を
家計に戻した場合は、

「毎年の家計簿(銀行支出)の収入欄」に「1000円(貯金箱より)」などと記入し、
「毎月の家計簿(現金支出)の残高欄」にも「1000円(貯金箱より)」などと記入して、
現在の残高に1000円上乗せすれば収支もピッタリ合います。

このようにしていくと「毎月の家計簿(現金支出)の支出欄」は「赤字」になることは
基本的にはないはずです。


お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ





トラックバック

↑このページのトップヘ