2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【家計診断】すべてを理想通りにするのは大変だけど・・

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

毎年毎年、家計簿を何冊も買い続けては続かない生活を送っています。

今回あきさんのホームページをたまたま見つけて、月の赤字を気にせず年間で考える・・・
という実装方法に「あ~私が今までやりたかった事はこれなんだ!!」
と思い、家計診断をしていただきたく年間の収支をまとめてみました。

月の生活費は、あくまでも予算です。

実際は毎月10,000円(多分食費です)ほど赤字になっていると思います。

また、特別費についても固定部分以外はあくまでも予算なので、守れていない部分も多々あります。

特に、積立であげている14万についてはできていません(>_<)

あきさんの家計簿の付け方で1カ月目ですが、まずは続けて、1年後に特別費の固定部分以外と
毎月の娯楽費がどのような結果になるのか・・・、確認できるのを楽しみにしているところです。

今までは特別費ごとに封筒に分けては、いろんな封筒からちょこちょこ使ってしまい、
途中で訳が分からくなり、また仕切り直し、、、という感じできていますので、お金の流れを一定にして
貯金を増やしたくご相談させていただきました。

長くなり大変申し訳ございませんが、どうかこの負のループから抜け出したいので
お忙しい中大変恐縮ではございますが、アドバイスお願いいたします。

■家族構成■
夫(36)、妻(39)、子(小3)、子(年長)
1.収入
夫  年間357万円
妻  年間182万円
手当 年間32万円
住宅控除 年間12万円(あと5年で終了)

1.収入合計 年間583万
2.銀行支出 266万
3.銀行支出(積立) 48万
4.現金支出114万
5.特別費支出 124.5万
支出合計 552.5万
残高:30.5万

2.銀行支出
住宅ローン 年間1,298,000(月108,000円)
浄化槽 年間56,000(月4,621円)
電気 年間156,000(月13,000円)
水道 年間42,000(2カ月で7,000円)
NTT 年間25,000(月2,043円)
スマホ+自宅Wifi 年間192,000(月16,000円)
小学校、学童 年間127,000(月10,600円)
保育園 年間335,000(月27,900円)
習いごと(小3)年間213,000(月17,700円)
習いごと(年長)年間72,000(月6,000円)
保険(夫)年間90,000(月7,468円) ※掛捨の保険
保険(妻)年間87,000(月7,249円) ※掛捨の保険
お小遣い(夫) 年間60,000円(月5,000円)
お小遣い(妻) 年間60,000円(月5,000円)

2.銀行支出合計 年間266万円

3.銀行支出(積立)
個人年金(妻) 年間138,000(月11,455円)
学資保険(2人分) 年間242,000(月20,128円)
積立 年間96,000(月8,000円)
3.銀行支出(積立)合計 年間48万円

4.現金支出(予算)
食費  年間600,000円(月50,000円)
日用品 年間120,000円(月10,000円)
教育費 年間60,000円(月5,000円)
娯楽費 年間360,000円(月30,000円)
4.現金支出合計 年間114万円

5.特別費(予算)
5-1.特別費(固定)
固定資産税 年間119,000円
団信 年間108,000円
車税 年間80,000円 ※2台分
車検 年間130,000円  ※2台持ちの為、毎年車検
車保険 年間140,000円 ※2台分
組費 年間18,000円
電化製品長期保証 年間4,000円 ※家電全般の故障時の補償
蛇口型浄水器フィルター 年間12,000円
NHK 年間14,000円
JAF会員費 年間6,000円
5-1.特別費(固定)合計 年間63.1万

5-2.特別費(イベント)
母、父の日 年間12,000円
帰省時手土産費 年間25,000円
バレンタイン、ホワイトデー 年間10,000円
誕生日、クリスマス 年間32、000円
年賀状、お年玉 年間25,000円
運動会 年間5,000円 ※人数が多いためお弁当の材料代
インフル予防接種 年間15,000円
5-2.特別費(イベント)合計 年間12.4万

5-3.特別費(習い事・積立)
長女通信教育 年間43,000円
長女英語テキスト代 年間12,000円
長女バレエ発表会代 年間100,000円
火災保険積立 年間20,000円
冠婚葬祭積立 年間20,000円
車修理・タイヤ積立 年間20,000円
家修繕費積立 年間20,000円
家電積立 年間20,000円
インテリア積立 年間20,000円
庭用品積立 年間20,000円
5-3.特別費(習い事・積立)合計 年間29.5万

5-4.特別費(衣類等)
衣類 年間100,000円
化粧品 年間45,000円
美容室 年間50,000円
5-4.特別費(衣類等)合計 年間19.5万
特別費総合計 年間124.5万




**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした!!

すごく詳細に書かれていて、これだけの内容を書き出されていることに、感服いたしました!

これだけ詳細に書き出せる方は、なかなかいらっしゃらないと思いますので、自信を持ってくださいね^^

2.貯金はできる

個人年金(妻) 年間138,000(月11,455円)
学資保険(2人分) 年間242,000(月20,128円)
積立 年間96,000(月8,000円)
残高:30.5万


と、貯蓄性の商品と、積み立て、残高がありますから、予算通りにいけば、年間で78万円の貯金ができることになります。

火災保険積立 年間20,000円
冠婚葬祭積立 年間20,000円
車修理・タイヤ積立 年間20,000円
家修繕費積立 年間20,000円
家電積立 年間20,000円
インテリア積立 年間20,000円
庭用品積立 年間20,000円

と、こちらの積み立ても予算通りにいけば、年間で92万円の貯金ができることになります。(ただし、こちらは使う前提ですが)

3.お子さんの習い事費が特に高い

習いごと(小3)年間213,000(月17,700円)
習いごと(年長)年間72,000(月6,000円)

長女通信教育 年間43,000円
長女英語テキスト代 年間12,000円
長女バレエ発表会代 年間100,000円

合計 年間44万円


と、収入に対して、お子さんの習い事費が高いと感じます。

お子さんがまだ小さいことを考えると、このままのペースでお子さんの教育に力をいれていくと、お子さんが大きくなるにつれてますます習い事が増え、支払いが増え、収入が増えない限り、食費などの基本の生活が苦しくなるという可能性もあります。

英語や通信教育は本当に積極的にこなしているか?他にもう少し安く出来るものはないか?など、妥協できるところややめられるところがあれば支出を減らすことを検討してみるのも一つの手です。(そうしろということではありません)

習い事は、一度始めてしまうと簡単にはやめられない部分もあるかと思いますが、
これは小学校まで、上のお子さんが中学校になったら一度すべて習い事をやめてから、2人目のお子さんの習い事を増やすようにするなど、これ以上負担が増えないようにする工夫をしていかれるといいかと思います。

私だったら・・上のお子さんの習い事が多いのであれば、下のお子さんはまだ小さいので、上のお子さんの習い事費が減ってから始めさせるなど、入会の時期を少し遅らせたりしながら全体の習い事費を35万円以下くらいに調整をすることを考えるかな?と思います。

全体で、10万円ほど削減ができるとラクになると思います。

また、来年から下のお子さんも小学校に行くようになると、保育園代が減って、ぐんとラクになると思いますが、ここで習い事を増やしてしまわないように気をつけてみて下さいね。

4.保険関係もやや高め

保険(夫)年間90,000(月7,468円) ※掛捨の保険
保険(妻)年間87,000(月7,249円) ※掛捨の保険
車保険 年間140,000円 ※2台分
JAF会員費 年間6,000円

こちらの支出ももう少し減らせるようでしたら、減らすことを検討してもいいと思います。
ロードサービス付きの車の保険などもあるようですから、満足いくロードサービスつきの保険会社さんがあれば、JAFの解約を検討もしてもいいかと思います。

こちらも全体で3~5万円ほど削減できるといいと思います。

5.旅行代がないのが気になる

衣類、化粧品、美容院にはお金をかけていますが、予算に旅行代がなく、ご夫婦のお小遣いも少なめなのが気になります。

衣類 年間100,000円
化粧品 年間45,000円
美容室 年間50,000円

できればこの予算も全体で3万円ほど削り、一回り小さく出来ると良いかと思います。

6.積立は少しまとめて

上記の内容で、全体的に15万円ほど支出が削減できるともう少し家計を回しやすくなるかと思います。

収入と支出のバランスに余裕があるならばいいのですが、今の家計の状況から考えると、あれこれと積み立てを増やすことよりも、積み立てはピンポイントでする方が、効果的かと思います。
残っている残高:30.5万もあわせ、約50万円を貯金と積立に配分してみて下さい。

貯金 年間25万円
火災保険積立 年間2万円
冠婚葬祭・臨時費積立 年間5万円
家電積立 年間5万円
インテリア積立 年間5万円
旅行代 年間8万円

くらいとして、家や車の修理は臨時費積立で計上しても良いと思います。

現金での貯金はやや少なめですが、貯蓄性商品で貯めていると考えれば、年間63万円の貯金はできているということも出来ます。

年間で2万円の積み立てでは、2,3年に一度しか買い替えられませんが、ここを増やして年間5万円ずつ家電やインテリアの積み立てができれば、毎年何か買い替えることも出来、お楽しみも増えると思います。

もちろん、これは一例ですから、ご自由に変更してください。

7.まとめ

全体的に、非常に細かなところまでよくまとめられていて、すごい!の一言です~!!
本当によく頑張ってまとめてくださったと感じます。


ただ、全体的に、車、税金、保険、習い事にかかる費用が高めです。
学資保険、個人年金と貯蓄性商品にも加入していらっしゃるので、支払いが全体的に収入に対してパンパンで、現金で大きく貯めるということが難しい状況になっているように感じます。

子どもの教育、積み立て、貯金、全てを理想通りにできればよいのですが、なかなか難しいですよね。

無理のない範囲で、もう少しねばならない支出を整理し、現金で貯められる部分を増やせると、より良くなるのではないかな?と感じました。

旅行代がない今の状況では、娯楽費はあえて削らない方が、生活に潤いが残るかと思います。

来年、保育園代がなくなると、一気に貯め時がやってくると思いますので、それまでに支出を増やさないように、整理できるところは整理できるように準備しておくと、楽しみが増えると思います~!

来年は貯金だけでなく、旅行にも少し予算を割けるといいかな?と思いますが、そこはお好みで判断してくださいね。

最後になりましたが、早1ヵ月もあきの家計簿をご利用いただきありがとうございます♡
年間の収支が出るのが楽しみですね^^
少しでもお役に立てますように・・♡

※当ブログの家計診断は、「簡易家計診断」です。パッと見た範囲、細かな詳細については調査しない方法での診断となります。詳細な家計診断をご希望の方は、プロの方の有料家計診断をご利用いただくことをオススメいたします。


お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^


↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメント一覧

    • 1. 相談者です。
    • August 09, 2017 12:54
    • あきさん、細かいところまで家計診断してくださり本当にありがとうございました。おっしゃる通り、現金での貯金が少なくて日々「お金がない…お金がない…」と悶々として暮らしていました。

      子供の習い事が多すぎることは薄々気づいていたのですが(笑)、全部やりたい!まだ増やしたい!というお姉ちゃんで、、、。でも、やはりここは収入に合わせて選択させる必要がありますね!!子供ともう一度相談します。

      ここまで収入と支出をまとめても、誰かに気軽に見せられるものではないし
      はじめてあきさんに見ていただいて、自信もって!と言っていただき
      すごく嬉しいです。ありがとうございます。

      予算を見直してみて、あきさんの家計簿で続けてチャレンジします。
      また、結果が出ましたらご相談させてください。
      ありがとうございました。
    • 2. あき
    • August 10, 2017 14:17
    • 相談者さん^^
      コメントありがとうございます!
      相談者さんは、本当に細かいところまでしっかりまとめていらして、頑張り屋さんだな~と感服いたしました♡現金での貯金が増えてくると、ますます精神的にゆとりができると思います。4月からの貯め時に向けて、準備してみて下さいね!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ