2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*給与天引きがある場合の家計はどう計算する?*

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


バイキングに出演されていたときから
気になり 今回「あきさん家計簿」に
挑戦しようと 思っています。

そこで お尋ねなのですが
年間の家計簿に記入する
「収入」は、手取り額を書くのでしょうか。

主人の給料は 会社での積立、会社内の色々な出費がひかれて
銀行に振り込まれるのですが、手取りを書くと
1年の収入が 正確じゃないよね…と
どうすればいいのか わからず
表作成で 止まっています。

是非 やり方を
教えて 頂けますでしょうか。

よろしくお願いします。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「給与天引きがある場合の年間収入」についてですね。



当ブログの「自分でできる家計診断」をご利用いただきありがとうございます。

「給与天引き」がある場合の「年間収入」は、
「管理したい費目がある場合」は「給与天引き前」の金額で計算します。

例えば「家賃」が「給与天引き」の場合、
もし、「家賃」が「年間でいくらかかっているか知りたい」という場合は
「給与天引き前」の金額を「年間収入」に記入し、

銀行支出に「家賃」という項目を追加しましょう。

例えば給与天引き後の給与が20万円、
家賃が7万円だった場合は
収入は27万円で計算します。

収入は天引きされる項目の金額分を足した金額でかまいません。
給与天引き前の税金とかは費目にいれなくていいです。
そこまでやると気が遠くなると思いますので~。笑

別に「家賃」はいくらかかっているかわからなくてもいいや、
という場合は「給与天引き後」の「収入」を記入し、
「家賃」という項目は作らない、という方法でもかまいません。

自分がやりくりできる金額が分かれば問題ないので、
「給与天引き前」の金額でも
「給与天引き後」の金額でもかまいません。

ただ、「給与天引き前」の金額にするなら
「給与天引きされる項目」を「銀行支出」に追加することを
忘れないようにしましょう。

「給与天引き前」の金額で計算した方が
より正確に計算はできますし、
一度はしっかりやってみたい!ということであれば
「給与天引き前」の金額で計算してみましょう。

そこまでやるとかなり面倒くさい、、と思うなら
給与天引き後の分だけでもかまいません。

そこはどこまで家計診断をしたいか、
というご本人の意志で構いませんよ~^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ





トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ