2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

お金を使うことに罪悪感・・・?

pic9

お金を貯めるということは、尊いことのように思われがちです。

だけど、限度を超えるとただの守銭奴と考えることも出来ます。

お金を貯めると、お金を使うのバランスについて、私はこう考えています。

pkお金を貯めるということ


お金を貯めることは、一見すると素晴らしいことのように思います。

しかし、日本人の全員がお金を貯めることだけに集中するようになったら、日本の経済はどうなるでしょうか?

お金を貯める=お金を使わない=産業が発達しない

のです。

つまり、日本人全員がお金を使わなかったら、景気は悪くなるのです。

景気が悪くなる=雇用が不安定になる=賃金も上がらない

自分自身の雇用状況を悪くするばかりか、
これから先、わが子を世に送り出そうという時にも、仕事もない、給料も安いという状況を自ら作り出すことになってしまいます。

景気を良くしたいのであれば、お金は使った方がいいのです。

お金は循環してこそ、雇用や経済などによいスパイラルが生まれることになるわけです。

つまり、「お金を貯める」という行為は、「お金の循環を自分で止める」ということで、「社会のことを考えていない」「自分さえよければいい」というある意味「自分のことしか考えていない人の行為」ともいうことができます。


pkただし、最低限の貯金は必要


そうは言っても、貯金はゼロでは心配です。

貯金をしないでお金を使えと言っているわけではありません。

急に職を失ったら・・・
急に長期間働けなくなったら・・・
子どもの学費や自分たちの老後は・・・


このような将来の生活を防衛するための最低限の貯金はあってしかるべきです。

当ブログでも、そのような必要最低限の貯金が出来ていない方のご相談には簡単にではありますが、お答えさせていただいております。

しかし、考え始めると、将来の不安というのは、際限がありません。

いくら貯めても不安という底なし沼にずぶずぶと沈んでいってしまいます。

では、いくら貯めればいいのか?は人によって違うと思いますので、一概には言いにくいものがあります。

でも、ある程度の貯金が出来ているのなら、もっともっと貯金しなくてはと不安になるよりも、
どこかで、「うちはこれくらい貯められていればこれ以上は貯めなくてもいいわ」という前向きな線引きもあってもいいのではないかと感じます。

pkお金を使う時には

同時に、お金を貯めなくてはと考えている人は、お金を使うことに罪悪感を感じることが多いようです。

ああまたお金を使ってしまった・・と。

しかし、そんなことを考える必要はないと私は考えています。

お金を使う=社会にお金を返す=誰かの賃金になる=誰かを幸せにする=巡り巡って自分の賃金に変わる

という経済の流れに自分のお金をのせたということです。

自分の出したお金が、誰かの幸せに変わる。
そして、巡り巡ってまた自分のもとに帰ってくる。


そう思うと、とてもいいことをしているように感じることができます。

また、ある程度の貯金が出来たら、
次はまだ貯金が出来ておらず思うようにお金が使えない人のために、社会経済を支えるつもりで、お金を社会に返してあげることも、一種のボランティアと言えるのではないでしょうか。

自分と自分の家族だけのために貯金をするのではなく、他者を潤わせるためにお金を使う。

そういう意識もあってもいいと思います。

(もちろん、この「お金を使う」という言葉には、散財をするという意味ではなく、資産運用など投資も含まれます。)

pk終わりに

お金を貯める、お金を使うという行為はバランスが必要だと私は考えています。

貯めることに執着しすぎてもよくないし、
使うことに執着しすぎてもよくない。


お金は、自分の人生をより楽しく豊かに彩るための道具にしかすぎません。

自分の人生の主人公は自分であり、お金ではありません。

貯めることや使うことばかりを考えると、お金に自分を合わせていくような、いつもお金のことばかりを考える、いつしかお金に支配されている人生になってしまうかもしれません。

貯めすぎず、使いすぎず。

自分を守るための最低限は貯めるけど、あとは社会のために返す。

適度に手放すことで、経済の発展に貢献することができるのです。

貯めると使うのどちらかに偏りすぎないことで、お金に支配されない、うまく距離をとってお付き合いできる関係になれるように感じます。

このように考えなさいと、言っているわけではなく、私はこう思っているという程度にとらえていただければ幸いです。

当ブログの書籍はこちらです↓



無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ