2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*無料家計診断:子供2人6人家族の場合(なちハハ様の場合)*

当ブログに寄せられた
来年度年間収入予定が約600万円台、
お子様が2人、ご両親とご同居6人家族の家計診断の結果を
公開させていただきます。



※ご本人から掲載の許可をいただいております。


*ご家族構成*

夫(36歳)、妻(33歳)、子供(長女4歳、長男2歳)、義父(63歳)、義母(60歳)

今回は奥様のなちハハ様からご相談いただきました。

なちハハ様は

ご両親と同居中ということですが、
お家に入れる金額の負担が大きく、
なんとかやりくりしている、という状況だそうです。

貯めなくては・・・という思いがあり、
お金を使うのに罪悪感を感じてしまっているとのこと。

当ブログをご利用いただき、家計簿は当ブログを参考につけてくださっているそうです。



そんななちハハ様の過去1年の収支状況は
↓こちら。


*過去1年の収支状況*

(年間収入)

給与(夫婦2人分) 年間654万円
手当 年間31万円
その他 年間85万円

合計 年間約770万円

(年間貯金額)
年間56万円 (定期預金は含まない)

*過去1年の支出の詳細*

(銀行支出)

1. 保育所        
年間299,500円

2 .幼稚園        
年間146,021円

3 .学資保険(2人分) 
年間208,310円

4. 車保険(2台分)  
年間133,560円

5. 車税金(2台分)  
年間53,600円

6. 生命保険(2人分) 
年間 331,179円

7. 医療保険(2人分) 
年間106,076円

8. がん保険(2人分)
年間  78,189円(年払い)

9. クレジットカード(夫)    
年間 575,005円

10.クレジットカード(妻)
年間129,634円

11.定期預金
年間120,000円

12.定期預金(夫)  
年間360,000円

13.定期預金  
年間240,000円

合計 年間約278万円

(現金支出)

1.家       
年間2,410,000円

2.食費     
年間241,080円

3.日用品     
年間226,717円

4.教育費
年間21,704円

5.衣料費
年間109,435円

6.医療費
年間58,960円

7.ガソリン代   
年間80,285円

7.夫おこづかい 
年間465,100円

8.娯楽       
年間109,109円

9.慶弔
年間75,041円

10.美容室    
年間41,251円

11.家
年間519,900円

現金支出 合計約435万円

なちハハ様の家計の状況としては、
収入は少ない方ではないのですが、
ご相談内容にもあったようにお家にいれている金額が
確かに大きいご様子です。

全体的に娯楽があるようなないような
イメージなので、
おそらくご自分では贅沢をしているという意識はないのでは
ないかと推測いたしました。

ただし、定期預金や学資保険など
貯めなくてはという意識がおありになるので
しっかりとまとまった金額の貯金をされている点はすばらしいと感じました。

次年度は年間で100万円近い減収見込みということで、
より効果的な予算の立て方について一緒に考えさせていただきました。

見直し後の支出予定の詳細は↓こちらになります。

*見直し後の収入予定の詳細*

給与(夫婦2人分) 年間614万円
手当 年間30万円
その他 年間33万円(定期戻り)

合計 年間677万円

(年間貯金額)
年間66万円(積み立て含む)

*見直し後の支出予定の詳細*

(銀行支出&現金支出)

1. 保育所
年間約21万4千円

2 .幼稚園        
年間 約19万7千円

3 .学資保険(2人分) 
年間約20万8千円

4. 車保険(2台分)  
年間約14万円

5. 車税金(2台分)  
年間約5万4千円

6. 生命保険(2人分) 
年間 約20万9千円

7. 医療保険(2人分) 
年間 約6万8千円

8. がん保険(2人分) 
年間約7万8千円

9.定期預金 
年間約12万円

10.定期預金  
年間約36万円

11.定期預金  
年間約24万円

12.家       
年間約240万円

13.教育費     
年間約2万2千円

14.家       
年間約45万円

15.習い事  
年間99,460円

16. クレジットカード(夫)    
年間575,005円

17. クレジットカード(妻)    
年間6万5千円

18.夫おこづかい 
年間40万円

19.食費  
年間18万円

20.日用品 
年間18万円

21.娯楽費 
年間18万円

22.特別費 
年間20万円


来年度は年間で100万円ほど減収予定ということですが、
次年度の貯金予定額は約66万円
となりました。

なちハハ様の家計の場合は、
ご両親とご同居、ということで
お家にいれていらっしゃるお金の負担は確かに大きい金額です。

しかし、よくよくお話を伺ってみると
食費や日用品などお家にいれていらっしゃるお金でご両親がやりくりしてくださっている
部分も多くあるご様子でした。

ですから、なちハハ様の家計の場合は、
食費や日用品という支出は本来ならばゼロにすることもできる支出ですので、
こちらはご夫婦の楽しみのための最低限の金額のみ残していただくことといたしました。

年間100万円の減収があっても、
お楽しみを増やしていただきながら
定期預金には手をつけずに貯めていくことのできるプランに
することができたように思います。


最後になちハハ様から
今回の家計診断のご感想をいただきましたので、原文のまま掲載させていただきます。

*ご感想*

ブログを見ながら、あきさん流家計簿をつけていましたが、イマイチ腑に落ちず
今回家計診断してもらい、そういうことか!!とすっきりしました。

あきさん流の計算式を理解していれば、地に足がついた家計管理になるとわかりました。

予算立てできたのでこれからが本番ですが、無理なくやっていこうと思います。
ありがとうございました。

*****

暖かいお言葉をありがとうございました!

残念ながら、途中でお返事が来なくなってしまわれる方もいらっしゃる中、
なちハハ様も面倒な計算を最後までやり遂げてくださいました。
(主に年間の収入・銀行支出・現金支出・来年度予算の4つの計算です)

今回はご利用いただき、本当にありがとうございました!

なちハハ様に感謝の気持ちでいっぱいです^^

またいつでもご相談ください!





 

コメント

コメント一覧

    • 1. なちハハ
    • July 13, 2016 08:47
    • 以前はお世話になりました!
      その後も順調に家計簿をつけて家計を把握し生活しています。
      ”主人のおこづかい”に悩んでいた件も、エクセルで表を作り現在の我が家のやりくりを主人に見てもらったら
      どれだけ使い、これからどれだけ使えるのかわかり自覚ができたようでおこづかいも予定額でやってくれるとのお言葉をもらいました(^^)
      また、先々の教育資金や車資金どういう方向で貯めていくか夫婦で話し合い同じ方向をみて進む準備ができたことも大きな収穫です!
      良いことの連鎖を生んでくださり感謝しています。ありがとうございました。
      これからも応援しています!!
    • 2. あき
    • July 14, 2016 06:18
    • なちハハさま

      暖かいコメントをありがとうございます!
      またその後のご報告もありがとうございます^^

      教育資金や車資金など、これからが楽しみですね♪
      ご主人にもご協力いただけることになったなんて素敵~!
      ご夫婦で一緒に同じ方向を見て歩んでいけることになったのは、
      今までなちハハさんがご主人と良い関係を保ってきたからこそです。

      またいつでも遊びに来てくださいね^^
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

↑このページのトップヘ