2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【手取り年収400万円代】年間100万円以上の貯金の可能性

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

主人40歳私42歳小4/小1の4人家族です。

家庭の事情で月45,000円夫の交通費がかかっております(ほぼ自腹です・・)。

この条件下でなんとか貯金をしたいと思いやりくりしておりますが七五三イベントや披露宴招待、車の故障等)があると貯金を前借りし崩し、ボーナスで充填している為ボーナスを丸々貯金ができないでいます。

車検などの大きな出費には積み立てをして対応していますが、それでも現在貯金は200万円ほどしかありません。
マイホームは諦めました。
夫が地元での転職を考えない日はありませんが、年齢が年齢だけに同条件での転職は難しいのが現状です。
またプロパンなので冬のガス代が非常に高くなります(記載した金額は平均値です)

厳しいお言葉でも結構ですので、下記内訳をご覧いただき、是非ともアドバイス頂けないでしょうか。


1.収入
・夫 245,000
※ボーナス 春10万 夏15万 冬25万あり
・妻 86,400

児童手当 24万円

あき計算補足 年間471万円

2.支出
・家賃 54,540(賃貸)
・食費 25,000(5,000×5week)
・生活クラブ 15,000(生協)
・調味料 2,000
・日用品 7,000
・小遣い 12,000(駐輪場代含む)
・給食費 16,000(子供2人分)
・ガソリン 3,000
・車重量税 3,000
・車検代積み立て 5,000
・長女歯科矯正費 10,000
・j;com(通信) 5,945
・光熱費25,000
(内訳)水道6,000(1ヵ月分)/ガス14,000/電気5,000
・レジャー 10,000(休日外出・飲み会参加費)
・その他 5,000(医療費・交通費・贈り物)
・旅行・帰省貯金積み立て 10,000
・学費以外出費用 5,000(学用品購入や習い事など)
・保険 21,500(学資保険長女5,000/次女5,000含む)

あき計算補足 年間約283万円

■貯金
・定期預金 30,000
・児童手当 20,000(2人分)

あき計算補足 年間約60万円

■カード支払い
定期 45,880
お米・お水 7,000
日用品 5,000
夫携帯 2,500
妻携帯 2,500
AC写真 320
通信教育 2,909

あき計算補足 年間約80万円

支出合計331,094



**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした!!
パッと見た感じですと、よくまとまっている家計という印象です。

2.貯金はできている

・定期預金 30,000
・児童手当 20,000(2人分)
・保険 21,500(学資保険長女5,000/次女5,000含む)

年間ですでに72万円の貯金をされています。
もしも、保険が全額貯蓄性であれば、年間85万8千円の貯金をしています。

しかも、収入から支出を引くと、さらに48万円の余りがありますので、
ここから色々な費用を支払ったとしても、年間で80万円~133万円の貯金ができているということになるのではないかな?と感じます。

3.おそらく月の黒字にこだわりすぎている

質問者様の内容を見ると、

月を何とかして黒字にしなくてはいけない
ボーナス、児童手当は全額貯金にしなくてはいけない
特別費は月の収支とは別に考えている
特別費は貯金から出すもの


というまさに、貯金が出来ているにもかかわらず、自分を貯金が出来ないダメな主婦と考えてしまうタイプの方の典型という印象を受けました。

タイプ別診断で言うと、↓こちらに近い印象です。
・理想追い求めすぎ貧乏!いつの間にか生活苦。

4.支出を小さく分けすぎて、自分でもよく分からなくなっている?

しっかり、家計管理をするつもりで細かく色々とわけて管理されているのではないかな?と思います。
一見すると、しっかり予算を小さくして頑張っているように思われるかもしれません。
しかし、食費1つにしても

・食費 25,000(5,000×5week)
・生活クラブ 15,000(生協)
・調味料 2,000
・お米・お水 7,000

実は月に49000円食費がかかっています。
(生活クラブが食費の場合)

・日用品 7,000
・日用品 5,000(カード払い)

日用品も、月12000円となっています。

質問者様は、うちは、食費は月49000円、日用品は12000円、という意識がご自分の中にあると思いますが、もしもなくて、うちは食費は25000円、日用品は7000円という意識でいると、節約しているつもりで節約していないことになってしまいます。

予算を小さくして細かく管理している方は、特にこの「うちは節約してる」という「つもり」の場合があるので、注意が必要です。
↓当ブログの書籍で、費目をこまかく分けないのはそれが理由です。



5.気になるのは総貯金額の少なさ

年間でこれだけの金額を貯金に回すことができているのなら、本来ならば毎年100万円以上貯まっているはずなので、お子さんが小学生なので、総貯金額が500万円~700万円くらいはあってもおかしくないと思いますし、マイホームも充分に検討できると思うのですが、今現在200万円しかないということなら、その原因がどこなのか?を考えてみるといいと思います。

私は、おそらく特別費を別枠にしているがために、月の支出をはみ出したものは特別費にしてしまったりして、特別費がうまく管理できていないか、貯金専用の口座がなく、貯金専用口座から特別費を引き出しているのではないかな?と推測いたします。(もちろん全然違う可能性もあります)

6.娯楽費用も少ない

旅行代など毎月積み立ててはいらっしゃるようですが、おそらくそれでは足りないと思いますし、レジャー自体も少なめと感じます。


7.もしも私だったら・・

・家賃 55000
・食費 50000
・日用品 10000
・給食費 16000
・光熱費25000
・j;com(通信) 6000
・ガソリン 3,000
・車重量税 3,000
・車検代積み立て 5000
・長女歯科矯正費 10000

・保険 21500(学資保険長女5,000/次女5,000含む)
・携帯 5000
・定期 46000
・AC写真 320
・通信教育 3000

ここまで月約26万円×12=年間約310万円

以下変更&追加点

・小遣い 15000(年間18万円)
・レジャー 25000(年間30万円)
・学費以外出費用 5,000(年間6万円)

特別費として
臨時費用 6万円
イベント費用 10万円
旅行代・家電・インテリア 12万円
衣服費 6万円
美容院 3万円
車検・税金など 10万円

■貯金
・定期預金 30,000
・児童手当 20,000(2人分)
・上記残金 70000

年間 67万円貯金
学資保険10000円を貯金とみなせば、年間79万円貯金。


という感じで割り振ると思います。

お小遣い、月のレジャー費、特別費の割り振りを考え直して、貯金だけでなく家族にお金を還元することを考えるかな?と思います。

でも、これはあくまで参考までにですから、自由に考え直してみて下さいね^^

7.まとめ

質問者様は、おそらく自分はまだまだ貯金が出来ていない・・と感じているように思いますが、本来であれば、しっかりと管理できていると思います。

ただ、予算の配分の仕方が細かすぎるのと、よくありがちな収支を月でしか見ない、特別費別枠という管理方法を採用しているがために、全体感がご自分でもよくわかっていないだけなのではないかな?と感じました。

おそらく、あきの家計簿はご利用ではないか、部分的にご利用いただいているだけかと思いますが、あきの家計簿のつけ方に変更するだけで、急に自信をもって貯められるようになるタイプの方ではないかな?と感じます。
(でも、絶対にあきの家計簿にしてくださいということではありません)

※当ブログの家計診断は、「簡易家計診断」です。パッと見た範囲、細かな詳細については調査しない方法での診断となります。詳細な家計診断をご希望の方は、プロの方の有料家計診断をご利用いただくことをオススメいたします。


お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^


↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ