2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*通帳が多すぎてどう管理していいか分からない時は?*

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


はじめまして。
家計簿がなかなかうまいこと行かず、こちらのブログにたどり着きました。
まだまだ、深くは読めていませんので、ブロク内にあることでしたら誘導して頂けたら幸いです。

現在通帳がたくさんありすぎて、純粋な貯金額がよくわからなくなってしまいました。

1、住宅ローン引き落とし用、固定資産税
2、車ローン用、車検税金など車関係
3、家用(家電など)
4、私の給料振込み先、もろもろ引き落とし
5、旅費や冠婚葬祭
6、子ども手当と、月3000円貯金(各子供名義)→教育費でランドセルや机はここから出そうかと計画中。
7、お年玉など子供あての臨時収入(各子供名義)これは大人になったら渡す?

旦那は手渡し給料なので、頂いた給料を使うぶんだけ手元に残し、各所にわけて振り込んでいます。
それぞれが、ただ振りこむだけでなく使い道もあります。
結局増えているのか減っているのか…わからなくなりました。
どうしたらわかりやすくなるのか(泣)



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「通帳の使い分けと貯金額の把握」についてですね。



結論からお伝えすると

まず貯金額の把握に関しては、
↓こちらから計算してみてください。
・実際の年間貯金額って知ってますか?

ひとまず今回はお知らせいただいた通帳を全部使ってみてください。

ご質問者様は
目的別に通帳を分けられているのだと思いますが、
かえって分かりにくい状況になってしまわれたのですね。

目的別に通帳を用意されるのは素晴らしいことです。
私も目的別に通帳を分けています。

でも、質問者様のように管理しきれなくなってしまうと
かえってお金を増やすという意味ではマイナスになりかねないので
管理の仕方を一緒に考えてみましょうね。

まず、通帳は「自動引き落とし」があるかどうかで
分けましょう。

1、住宅ローン引き落とし用、固定資産税
2、車ローン用、車検税金など車関係
4、私の給料振込み先、もろもろ引き落とし

この3つの通帳に関しては
「自動引き落とし」がかかっているように感じました。

「自動引き落とし」がかかる通帳に関しては
「家計用の通帳」として「残高の推移」を
「年間の家計簿」で管理します。

3、家用(家電など)
5、旅費や冠婚葬祭
6、子ども手当と、月3000円貯金(各子供名義)
7、お年玉など子供あての臨時収入(各子供名義)

残ったこちらの通帳は
おそらく「自動引き落とし」はなく、
自分でおろしたり入れたりするだけの通帳なのではないでしょうか?

今回のご質問で重要なキーポイントとなるのは
この「自動引き落とし」のない通帳の管理方法です。

まず、
7、お年玉など子供あての臨時収入(各子供名義)

こちらの通帳について。

あき家にも子供名義の通帳が3冊あります。

用途は、質問者様と同じで
「お年玉」などをいただいたら「入金」したもので、
基本的には「大人になったら渡そう」と考えているお金です。
(どうしても家計が苦しくなったら拝借することもあるかもしれません)

これはおそらく「入金」のみでおろしたりはしませんよね?
なおかつできるなら「大人になるまで使わない」でおいておきたい
通帳ですよね?
しかも「自分たちの給料」ではなく
親せきからの「お年玉」などがお金の出元になりますよね?

ですから、「ないもの」と考えた方がいいものなので
こちらは「家計の管理」からは外します。

家計簿では残高の推移などもしなくてOKです。

年に1度くらい残高のチェックをして家計簿のどこかにメモするくらいの管理方法でかまいません。

親せきからもらった「お年玉」も「収入」とはしません。

3、家用(家電など)
5、旅費や冠婚葬祭
6、子ども手当と、月3000円貯金(各子供名義)

これらの残りの通帳についてですが、
現状では「状況によって使う」お金とされているのではないかと
推測いたします。

これを「状況によって使う」通帳と、「絶対に手をつけない貯金専用」通帳に
分けましょう。

あき家では「近々使う予定があってすぐになくなりそうなお金」は「先取り」であって「貯金」とはみなしません。

3、家用(家電など)
5、旅費や冠婚葬祭

こちらの通帳の使い道をまず整理された方が良いかと思います。

私だったら

3、家用(冠婚葬祭、ランドセル、税金など使う予定のあるお金の一時保管用通帳)
5、旅費や家電などに使う予定のある通帳

の二つに分けます。

3、家用(冠婚葬祭、ランドセル、税金など使う予定のあるお金の一時保管用通帳)

は、いくら使ったか管理したほうがいいので「年間の家計簿」で「残高の管理」をしていきます。

5、旅費や家電などに使う予定のある通帳に関しては
「年間の家計簿」で「残高の管理」はしなくてOKです。

お給料からこの通帳にお金を入金するときは
家計簿では「家電&旅費用先取り5000円」などと「特別費」に「支出として記入」します。

支出としてすでに記入しているので、
使った時は特に家計簿になにか記入する必要はありません。

家計管理の残高推移からも外しているので自由に使いたい時に使って構いませんが、
使う時は「封筒」などにいれて使い、「家計のお財布」には入れないようにしましょう。

そうしないとお金がごちゃごちゃになります。

おつりなどで余ったお金はまた「封筒に戻す」か
「貯金箱」に入れるか、
「旅費あまり戻し金2000円」などとして家計簿では「収入」として記入して
家計のお財布に余ったお金を戻してもOKです。

6、子ども手当と、月3000円貯金(各子供名義)

できるならこちらの通帳のみ今後は「出金」なしで、
貯めるだけの「貯金専用」通帳にしてみてはいかがでしょうか。

「貯金専用」通帳は「年間の家計簿」で毎月「通帳の残高」もチェックしていく
通帳とします。

ランドセル代は3、家用(家電など)から出せたらいいと思いますよ^^

今後「家計簿」で管理するのは

1、住宅ローン引き落とし用、固定資産税
2、車ローン用、車検税金など車関係
4、私の給料振込み先、もろもろ引き落とし
3、家用(冠婚葬祭、ランドセル、税金など使う予定のあるお金の一時保管用通帳)
6、子ども手当と、月3000円貯金(各子供名義)

で良いかと思います。

6、子ども手当と、月3000円貯金(各子供名義)
を貯金専用にできない時はこちらも残高管理しつつ
新たに「貯金専用通帳」を作るといいですね。

質問者様に足りないのは「貯金専用通帳」です。

ちょっと込み入ってしまいましたね~^^;

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ





トラックバック

↑このページのトップヘ