*特売品の買いだめは本当にお得?日用品の節約に効果てきめん!*


日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

スポンサーリンク

*今回のご相談内容*

こんにちは、初めまして。

貯金をしなければと思いながらも出来ず何か節約術はないかと検索していたところアキさんのブログを見て共感し家計簿の整理をはじめました。

本当アキさんは先の先を考えながらしかも今の生活を大切に楽しんでいて素晴らしいですね〜
私なんかより全然若いのに感心です!
なんで私も早く考えられなかったかなと今になって反省です。

ブログを読んでいて質問なのですが、
日用品でトイレットペーパー、ティッシュ、シャンプー、リンスなど使い終わるのが早いものは特売になると買いだめをしてしまうのですが、これってやはりやめた方が良いですか?

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「日用品の買いだめ」についてですね。

スポンサーリンク

結論から申し上げますと、

「買いだめ」は私の経験上しない方が節約になります。

特売になっていると、とにかく目先の値段が安いので、
買いだめした方が得したような気分になりますよね。

特にトイレットペーパー、ティッシュ、シャンプー、リンスなどは
「必ず使うもの」ですから、
1円でも安い時に買った方が得するような気がします。

ですが、やはり「買いだめ」ほど「浪費」になりやすいものはありません。

まだまだストックがあるのにさらにストックしてしまい
大量の在庫が常にお家にを占領し始めて
置き場にも困るようになります。

さらに「在庫」があると「物を大切にしなくなる」傾向があります。

歯磨き粉1つでも「あと少しでなくなりそう!でもまだ買ってない!」なんていう時は
チューブを半分に切ってこびりついている歯磨き粉でも使うでしょう。

でも、在庫があると思うとまだまだストックがあるからいいや、と
あと少し残っているのに捨ててしまったりすることもあります。

歯磨き粉のチューブを半分に切るなんて「ケチくさい」と思われるかもしれませんが、
私はこういう節約はすばらしいな、と思っています。

何故なら今あるものを最大限に使う、というのは「ケチ」ではなく、
「エコ」だからです。

物を大切にする、ということですね^^

いつもより100円安く買うよりも、
チューブを半分に切って使い切る方が節約の効果は高いです。

以前の相談者様で

毎月12000円くらい日用品費がかかっている方がいらしたのですが、

「買いだめ」をやめて「必要な時に必要な分だけ買う」ようにしたところ、

それだけで毎月の日用品費が8000円になった、と喜んでくださった方もいらっしゃいましたよ^^

私はトイレットペーパーも残り3ロールくらいになったら1パック買う、
オムツも残り10枚くらいになったら1パック買う、
という感じで「あと2,3日でなくなりそうになったら1つ買う」というサイクルで
常に買い物をしていますよ^^

お天気や子供たちの都合で買い物に出られない時もありますし、
流石にもうない!という状態になってから買いに行く、では
間に合わないこともありますから、多少余裕をもって早めに買いに行く、
というくらいはいいと思います。

特売品を買ってはいけない、ということではないですよ。

買いに行った時にたまたま特売だったらラッキー^^
特売のお値段で1つだけ買いましょう。

2つは買ってはいけません。

目先の値段に踊らされないことです。

ちなみに、あき家の日用品費はガソリン代込みで月1万円の予算ですが、
特別に安い日用品を選んで買ったりしていません。

シャンプー、リンスはボトルの詰め替え用で1つ1000円近くするもの、
歯磨き粉は1本600~800円くらいするもの、
歯ブラシも1本300円くらいするものを使っています。
3女がまだオムツなので、オムツも買っています。

5人家族でも、1つ1つ特別安いものを買わなくても、
買いだめをしなければ月1万円もかかりませんよ~。

やってみてくださいね^^

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク