2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

節約しているつもりで節約できてないパターンの法則

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**


こんばんは!
なかなか貯まらない貯蓄にどうにかしたいとこちらのblogにたどり着き、本も読ませていただきました。

チャレンジして2ヶ月なのですが、年間家計簿の収支計と銀行の前月との総額差が全く合いません。
万単位で合わずに行き詰まってしまったのでアドバイスと家計簿診断をお願いします。

●家族構成●夫(33)、妻(33)、子(4)、子(2)

●チャレンジ2ヶ月目●

●予算●
食費  3万2千円
日用品  1万円
娯楽費  2万円

《1ヶ月目実績》
収入 30万円
食費 3万2千円
日用品 1万1千円
夫小遣い 2万円
妻小遣い 5千円
娯楽費 1万円
特別費 1万円
(内訳:父の日プレゼント2家族7千円手土産3千円)
教育費 9千円
医療費 7千円
カード払い 2万3千円
(内訳:CD、化粧品、服、入園準備品2万3千円)

収支-7万円


《2ヶ月目実績》
収入 37万円
食費  3万8千円
日用品 5千円
夫小遣い 2万円
妻小遣い 5千円
娯楽費 4万円
特別費 4万円
(内訳:誕生日プレゼント二人分1万円、お中元1万円、旅行準備1万円、扇風機6千円、出産祝い3千円)
教育費 2千円
医療費 6千円
カード払い 2万7千円
(内訳:CD、本、服代)

収支+2万円


●質問・相談●
①我が家の給料日は25日ですが、今まで家計簿を1~31日締めにしておりました。
あきさんの家計簿では6/25のお給料は6月の収入としていらっしゃいましたが、実際6/25のお給料でやりくりしているのは7月分ですよね?
自分としては7月分として計算した方が分かりやすい気がするのですが、その際は引き落とし関係の記載は6/25~7/24ですか?現金支出と同じ7/1~7/31でよろしいのでしょうか?

②給与振り込み口座から繰り上げ返済用の通帳に自動引き落としになっているものがあります。それは年間家計簿の銀行欄に記載しなくてよろしいのでしょうか?
また、あきさんの本の見本にある銀行欄の現金は封筒貯金でしょうか?

③我が家の通帳は引き落とし通帳、引き落としと年払い積み立て通帳、貯蓄用通帳、一時保管用通帳、自動引き落とし繰り上げ返済用通帳の5冊です。総額の上の欄には総て記入していますが多いでしょうか?

月々の家計簿はスムーズに出来たのですが、年間家計簿にここ2ヶ月苦戦しています。
よろしくお願いいたしますm(__)m




**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「あき家計簿についてのご質問」についてですね。

**********

まず・・ですが、
今回は、質問者様の家計についてのアドバイスはご希望ではないとは思うのですが、おせっかいとして(^^;)、あきの家計簿を続ける上での改善点をいくつかお伝えさせていただきますね。

1.費目について

カード払いという費目はやめましょう。
これは、家計のブラックボックスになりやすいです。
カード払いは全て「食費」「日用品」「娯楽費」「特別費」のどれかに振り分けてください。

あきの家計簿をつけても貯まらない人の特徴として、自己流で費目を変に増やす傾向があります。
カード払い費や子ども費やたばこ費や美容費など・・・。
このような費目を作ると、つけても貯まらない家計簿になる可能性が高まるのですが、アレンジで作ってしまう方が多いです。

あきの家計簿はアレンジ自由なので、
別に作ってもかまいませんが、その分貯まる効果は半減すると思ってください。

CD、本、服が内訳でしたら、娯楽費に計上してもいいと思います。

なので、娯楽費の予算は、カード払いを計上した金額で用意してみて下さい。

質問者様の場合は、

娯楽費予算  2万円
カード払い実績 2万5千円前後

ですから、月4万5千円~5万円を娯楽費の予算にした方が良いと思います。

ここから始めて、徐々に減らして、カード払い込みで娯楽費月3万円~4万円くらいを目指すと、浪費が減って節約になると思います。

よくありがちなのは、予算を細かくすればなんとなく節約したつもりになり、全然節約できていないパターン。

例えば

子ども費 1万円
ママ費 1万円
衣服費 1万円
レジャー費 1万円
外食費 1万円
夫カード払い 1万円
妻カード払い 1万円


このように、みんな1万円なんだから、うちってかなり節約しているよね・・って思いがちなんですが、あきの家計簿では、

娯楽費 7万円

になるわけです。

月7万円も使っている・・?!

そう考えると、全然節約できとらんやないかーい!となる。笑

同じように、よくありがちなのが

夫婦+子供1人

食費 2万円
酒代 5千円
米・調味料代 5千円
生協 3万円


うちって、食費は2万円しかつかってない♪すっごい節約してるよね♪

いやいや、違いますよ、食費は生協もあわせて6万円ですよ

というと、え・・?うち食費6万円・・?
これまた、全然節約できとらんやないかーい!となる。笑

というわけで、費目分けってすっごい重要なんですね~。

費目が細かい人ほど、自分は節約できてる気分でごまかされますから。笑

質問者様は、そのようなことはないと思いますが、よくありがちなパターンなので、脱線して紹介させていただきました。

冒頭で話が大分脱線してしまいましたが、以下ご質問にお答えしますね。^^

”①我が家の給料日は25日ですが、今まで家計簿を1~31日締めにしておりました。
あきさんの家計簿では6/25のお給料は6月の収入としていらっしゃいましたが、実際6/25のお給料でやりくりしているのは7月分ですよね?
自分としては7月分として計算した方が分かりやすい気がするのですが、その際は引き落とし関係の記載は6/25~7/24ですか?現金支出と同じ7/1~7/31でよろしいのでしょうか?”



ということですが、締め日との関係については、以下のようにしてください。

給料日が毎月25日:6月25日給料日の場合

毎月25日スタート24日締めとする
1.6月25日~7月24日を7月分とする
2.6月25日の給料は7月分に記入


毎月1日スタート末日締めとする
1.6月1日~6月30日を6月分とする
2.6月25日の給料は6月分に記入


このようにすると、計算が合います。

ただ、25日スタートにすると、休日などの関係で給料日が23日の場合があったりするので、その時はその月は23日スタート24日締めにするなど多少ずらしたりすることが必要になります。
ようは計算が合えば大丈夫です^^

”②給与振り込み口座から繰り上げ返済用の通帳に自動引き落としになっているものがあります。それは年間家計簿の銀行欄に記載しなくてよろしいのでしょうか?
また、あきさんの本の見本にある銀行欄の現金は封筒貯金でしょうか?”



ということですが、ご質問の意図が少し分かりかねますので、推測でお答えします。

自動積立は、年間の家計簿では支出としない方がいいと思います。
その代わり、口座残高欄に積立の金額を書いて毎月残高を追っていけばおそらく計算があいます。
年間の家計簿の支出にも記入し、銀行欄にも記入すると計算が合わなくなるかもしれません。

もしくは、年間の家計簿で、支出として記入し、口座残高欄に記入せず、家計の管理外の通帳にすると言うのもありです。
この辺は、それぞれの家計条件に合わせて、実際に計算が合うかやりやすいかやってみないと何とも言えないところもありますので、計算が合うか試してみてください。

見本の口座残高欄の現金は、毎月の家計簿の最終残高を記入します。


”③我が家の通帳は引き落とし通帳、引き落としと年払い積み立て通帳、貯蓄用通帳、一時保管用通帳、自動引き落とし繰り上げ返済用通帳の5冊です。総額の上の欄には総て記入していますが多いでしょうか?”

通帳が多いか少ないかということは、それほど問題にならない冊数です。
全く使っていないのに口座だけあるというようなものは解約したほうがいいですが、使っているならこれくらいあってもかまいません。

ただ、大事なのは、役割をちゃんと分けて使う事です。

余りに細かく役割を分けると、かえって訳が分からなくなる方が多いのですが、訳が分からなくなっていないなら、そのままでもいいと思います。

最後になりましたが、
↓計算が合わない時の対処法はこちらにも記載していますので、よかったら合わせてご覧ください。
・計算が合わない時は、もう一度ここをチェックしてみよう
・何故か収支が合わない!計算ミスが心配な時のチェックポイント

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^


↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ