2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

特別な費用はこうやって準備する

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**


おかげさまで日々の家計簿の付け方は、スムーズにいっています。

先月の多めの給料の時に特別費の予算を用意しました。
そこで、特別費の家計簿の付け方について混乱してしまいましたので質問します。

例)7月のボーナス
   ↓
  「特別費の予算」の8月、9月、10月分を通帳から取り分け、封筒に一時保管する。
   ↓
  毎月の家計簿にも年間の家計簿にも何も記入しない。
   ↓
  「特別費の予算」の中の「美容室費」で5000円使った場合、
  毎月の家計簿の「特別費」に「美容室費5000円」と書きますか?それとも
  年間の家計簿の「特別費」に「美容室費5000円」と書きますか?

どうぞよろしくお願いいたします。  



**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「特別費」についてですね。

**********

結論からお伝えすると、「特別費」は

現金でやりくりするもの・・・毎月の家計簿の特別費
口座ひきおとしのもの・・・年間の家計簿の特別費


で記入してください。

全部毎月の家計簿で記入したりしてもいいんですが、
口座引き落としのものの場合の残高は・・など調整が必要になりますので、

私は上記のように分けた方が計算がラクかな?と思いますが、お好みに合わせてご利用くださいね^^

特別な費用は

質問者様が書いてくださったように、

「特別費の予算」の8月、9月、10月分を通帳から取り分け、封筒に一時保管する。
   ↓
毎月の家計簿にも年間の家計簿にも何も記入しない。
   ↓
「特別費の予算」の中の「美容室費」で5000円使った場合、
毎月の家計簿の「特別費」に「美容室費5000円」と記入する。


このようにして、事前に用意しておくと、

「そうだった!来月こんな高額支出があるんだった!払えるかな?!」

と慌てることがなくなります。

お金が貯められないサイクルの人は、お金の準備が後手に回る
お金が貯められるサイクルの人は、お金の準備に先手をうつ

これ、ほんとです。^^

お役に立ちましたか?


またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^


↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ