2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【家計簿のつけ方】定期購入で実はかなり高額なものの扱い方

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**


あき様 初めまして。

あきさんのご本を読ませて頂き、我が家の家計簿見直しに本気で取り組もうと思っております。

費目分けについて質問なのですが、我が家は主人、私2人とも定期的に漢方薬とサプリメントを買っているのですが、これが中々の金額になりまして月2万円程になります。これを日用品や娯楽に入れると高くなってしまうのでどこでカウントするか迷っております。この費目を作ってしまうか?
お手数ですが、アドバイス頂けると幸いです。よろしくお願い致します。


**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「定期的に買っている高額商品」についてですね。

**********

結論からお伝えすると、定期的な高額商品は、

毎月であれば「漢方・サプリメント費」と費目を作ってしまう
年に数回であれば「特別費」につける


という方法で対応するとよいと思います^^

特別費で管理する場合は、

↓以下のような特別費の予算表
b52ee329.jpg

に「漢方・サプリメント費」を作成し、何月にいくらのものを買うかをあらかじめ計画してしまいましょう。

そのようにして管理すると、高額でもあわてずに準備できます。

もしも、この支出が「毎月趣味で洋服を2万円買っていまして、衣服費という費目を作ろうか迷っています」という内容でしたら、間違いなく「娯楽費」にしてくださいというところです(笑)。

また、奥様だけの趣味で高額サプリメントを買っていて、気が付くと高額で際限がなくて・・というような内容でしたら、小遣いで個人的な趣味費としてやりくりしてくださいというところです。

でも、漢方やサプリメントでご夫婦での利用、かつ定額なので、おそらくは治療目的の支出だろうと感じましたので、医療費と同じような扱いとして、費目を作ってもOKという対応といたしました。

娯楽目的(削ろうと思えば削れる)か、治療目的(どうしても削れない)かという判断ということですね^^

お役に立ちましたか?


またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^


↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ