2年で350万円貯めた!ズボラ主婦による【つけるだけで貯まる家計簿】【つけても貯まらない家計簿】の比較


10年以上家計簿をつけてきたのに貯められなかったズボラ主婦が考案!節約効果のある【つけるだけで貯まる家計簿の特徴】と【つけても貯まらないダメな家計簿】のまとめ。

こちらも1つ1つの内容について細かく紹介できるようにこれからも更新していきます♪

スポンサーリンク

あきが思うダメな家計簿の特徴

1)費目が多すぎる
2)費目が少なすぎる
3)家計簿をつけているのに、どこをどうしていいか分からない
4)書くところが多すぎて、マメな人にはいいがズボラだと空白だらけになる
5)つける内容が細かすぎる
6)外食が食費に含まれている
7)ショッピングモールでおやつで食べたアイスなどが食費に含まれている
8)子供費という費目がある
9)交際費という費目がある
10)雑費という費目がある
11)日用品費にサプリメントなど個人の趣味費が含まれている
12)カード払いのつけ方がよく分からない
13)月1回くらいしか支払いがないものも費目になっている
14)つけた内容を見返してもさっぱり意味が分からない
15)数ヶ月先の家計の内容を予測することができない
16)部分は見えるが全体が見えない
17)つけるのに時間がかかる
18)家計簿をつけているのにお金が管理できている実感がわかない
19)何を何費に入れればいいか分からない
20)予算を立てても守れない
21)そもそも予算を立てられない
22)つけてもつけても効果が見えない

あき考案のつけるだけで貯まる家計簿の特徴

1)1日1行1分つけるだけでOK(月末の集計作業を除く)
2)1週間まとめづけでもOK
3)スーパー2000円など1レシート1行でOK(玉ねぎ1個100円、ニンジン100円など細かい明細はいらない)
4)まずは「娯楽費」「特別費」を2行追加することから始めるだけでOK
5)予算が立てやすい
6)予算が守れる
7)記入するところが少ない
8)無駄遣いがつけるだけで見える
9)つければつけるほど効果が見える
10)つけた内容を見返すとお金の流れが見える
11)今後の家計がどのようになっていくか予測できる

スポンサーリンク

まだ書き忘れているところがあるかも、、。
思い出したら都度また書き加えていきますね^^

私は10年以上家計簿をきっちりつけていたのに貯めれなかった主婦です。

でも、「家計簿のつけ方」を変えただけで2年で350万円貯めることに成功しました。
※当ブログの2年で350万円というのは「現金」だけでなく「株」などの資産を含めた金額となります。

「家計簿」は「つけ方次第」で「貯まる家計簿」にも「貯まらない家計簿」にもなるんですよ^^

なお、当ブログの「家計簿のつけ方」に変えても一部効果の薄い方もいらっしゃいます。

・借金、ローンなどが多く、やりくり以前の問題で生活が圧迫されている方
→プロのファイナンシャルプランナーの方に有料でご相談いただき、
引っ越しや法的な措置なども含めて検討された方が効果が得られると思います。

・前年と比べ大幅な減収が見込まれる方
→少なくなってしまった収入の穴埋めにやりくりで浮いたお金が消えてしまうので、
貯金アップ、生活の質の向上にまでいたらないことがあります。

・もともとケチな節約術が好きで家計の潤いを必要としていない方
→当ブログは「家計簿のつけ方」をはじめとするやりくりで「貯金をアップ」させるだけでなく、
「生活の質を向上」させることを目的としています。
ですから「うちには旅行なんて贅沢は一生いらない」というような方には効果がありません。

・もともとやりくりが完璧な方
→当ブログの節約を実行する必要がそもそもないほど完璧な家計の方にはやはり効果はありません。

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク