2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

頑張りすぎるお得情報活用術はもっと先にある大きな利益を失うと思う。

世間では、支出をとにかく安く済ませることが「お得」と評価されがちです。

テレビや雑誌でも「え~?そんな方法あるんだ!!知らなかった!」というようなお得情報活用術が目につきます。



「〇月〇日はどこが半額セールをやっている」とか「〇〇アプリを使ってお得情報を定期的にゲット」とか、「食費」「日用品」「美容室代」「衣服代」「家電代」「旅行代」など、家計に直結する費用を少しでも安くおさえられる、あなたに「お得」な情報を与えてくれるツールはいくらでもあります。

でも、果たしてそういうもの全部を使いこなせていますか?

あふれるほどの情報は流れてきますが、いちいち全部手を出していたら、いくら時間があっても足りません。

そういうお得情報を初めて知った時は「世の中にはそんなお得な方法があるんだ!」と驚いたり感心したりしたとしても、いざ自分の生活に取り入れようと思うと、「時間がない」「面倒くさい」、しばらくはやってみたけど「続かない」なんてことになるのがオチです。

もちろん頑張りたい人はやってもいいと思います。多少は成果も出るかもしれません。

だけど、その結果、あなたの大切な「時間」が奪われてしまいます。



時間は1日24時間、みな平等です。


家事、育児、仕事、と毎日忙しく動き回って、やっと手にすることのできるわずかな自由時間を「ほんの少しのお得のため」だけに費やすなんてもったいないことですよね。

たかだか目先の数千円得をするために大切な時間を失うくらいなら、本を読んだり、勉強する時間を確保する方が後々の大きな収入アップにつながるかもしれません。

次に行く旅行先について調べてみたり家族で話す時間を持ったりして家族の絆を深めるのも素敵ですよね。

つまり、頑張りすぎてあなたの大切な時間までも奪うような「お得情報活用術」は最終的には損なのです。

そんな情報を得るために必死になる必要なんてありません。

あらゆるお得情報の活用をやめることを勧めているわけではありません。

必要最低限やってみたいものだけを数少なく取り入れて、あふれる情報に振り回されてあれもこれもと欲張って時間を無駄にしない。

時は金なりとはよく言ったものです。

限られた時間を小さなお得のために使うのではなく、自分を成長させたり家族との絆のために使う。

その方が後々の大きなメリットにつながります。

小さな目の前のお得感にこだわって、もっと大きなものを失う方がもったいないと私は思います。


トラックバック

↑このページのトップヘ