2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

頑張っても成果がでない節約の答えは1つだけだと思う

私も以前は節約を頑張っていました。

食費を安くするために特売品を買ったり、安レシピを探したり、スーパーをはしごしてみたり。欲しいものは我慢していたし、したいことも我慢していました。




そういう節約をしないとお金は貯まらないものだと思っていました。

でも、頑張っても頑張っても成果は出ませんでした。

やる気はある。今度こそ絶対に成功させてみせる、という意欲もある。実際に努力もしている。でも、成果だけが出ない。

もしもあなたもこのように昔の私と同じような状態だったら、ちょっと立ち止まって考えてみてください。

頑張っても頑張っても成果が出ないのは何故でしょうか?

その答えは一つしかないと思います。

その節約術があなたに合っていないから。

これ以外の答えなんてありません。

私は以前、袋分け家計管理にも挑戦したことがあります。
1週間ごとに必要なお金を封筒に入れて、その予算を守る、という方法。

詳しく説明しなくても、みなさんご存知だと思います。



家計簿をつける必要もないし、ただ袋にいれた金額内に収めるようにするだけ。

一見すごく簡単そうなのですが、

やってみるとオムツを買う週と買わない週では予算のきつさが全然違うなど、
週によって支出のばらつきが大きい我が家は
そもそも予算が全く守れず、すぐに訳が分からなくなって数ヶ月であっさり挫折しました。



世の中には袋分けでお金をバンバン貯めている人もいるというのに、残念ながら我が家は全く成果が出せなかったのです。

我が家には袋分け家計管理は合わなかったのです。(今は我が家に合った袋分け家計管理の方法を実はあみだしているのですが)

このように、誰にでも合う節約術と合わない節約術があるのです。



今では私は、家計簿を1日1分つける以外にこれといった家計管理はしていません。

家計簿をつけるだけ、しかも1日1分程度(月末の集計作業を除く)の作業量で済むので、頑張っている、という意識もなく無理なく続けられています。

あれもこれもと節約術を欲張る必要もなく、私にとっては非常に楽な節約術なのです。成果も出ています。

もしも、あなたが節約を頑張っている、そして頑張っているのに成果が出ない、ということで悩んでいるのなら、一度立ち止まってみましょう。

もしかしたら、そろそろ違う節約術に変えた方がいいよ、というサインなのかもしれません。



トラックバック

↑このページのトップヘ