2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

収入さえあれば、と思う人にプラスした方がいいのはこれだと思う。

もしもう少し収入があれば生活が楽になるのに…。
誰でもそう思うことは一度や二度はありますよね。



でも、本当に収入さえあれば楽になるのでしょうか?

もちろん、中には本当にあと少しの収入さえあれば生活が楽になる、という人もいますが、実は収入が増えても生活が楽にならない人の方が圧倒的に多いだろうと私は感じています。

雑誌などでも年収1000万円でも貯金ゼロの家庭の例などをよく見かけます。

隠れ貧困なんていう言葉もあります。

これは充分な収入があるはずなのに貯められないという人が実際にいるということを示しています。

それはその人が悪いのでは、と思うかもしれませんが、あながちそうともいいきれません。

あなたには年収1000万円以上の知り合いが何人いますか?

そして自分が年収1000万円になった時の暮らしを想像してみたことがありますか?



実は私にはおそらく年収1000万円以上の知り合いがゴロゴロいます。

夫婦でお医者様をしていらっしゃる方、ご主人が大手上場会社の役員クラスの方、児童手当の所得制限に引っかかっている方などなど。我が家は年収1000万円には全く届きませんが、そういう方たちとお付き合いはさせていただいています。

年収1000万円以上だからと言って特別に派手な生活をしていらっしゃる方はほとんどいません。

中には「お金がない」とつぶやかれる方もいます。

どうして年収1000万円以上でもそれほど私たちと暮らしぶりが変わらないのでしょうか。

答えは簡単です。

その分支出が増えるから、です。

もし年収が1000万円になったら、あれもこれもできるし貯金だって山ほどできると思うのは間違っています。

年収が1000万円になったら、まず仕事の内容が変わります。

仕事の内容が変わるとお付き合いする方々も変わります。

お付き合いする方々が変わると生活水準も変わります。

「あそこのお宅の娘さんは有名な進学塾に入って中学受験を考えているらしい」
「たまには部下を飲みに連れていって御馳走しないと」
「上司とゴルフにいくのも付き合いのうち」
「家族ぐるみで旅行に行く誘いを受けた」

周りの方の生活水準も高いので、ある程度はそれに合わせていく必要も出てきます。

外食に使う金額もファーストフードやファミレスで済ませていた頃とは変わります。

10人いて8人が中学受験を考えて塾に通わせている、と聞くと、うちの子も塾に行かせた方がいいんじゃないかしら、なんてなんとなく思うものです。ついつい周囲の環境に流されてしまいそうになるのです。

「え?〇〇ちゃん、塾行ってないの?〇〇ちゃん優秀だしみんな行ってるよ?今度うちの子が通ってる塾でも体験会があるから行ってみない?〇〇ちゃんがうちの子と同じ塾に行ってくれたらうちの子も喜ぶわ」「公立の中学校はいい噂聞かないわよ」なんて善意からのお誘いをしょっちゅう受けたりするわけです。

しかも、子供だってみんなが塾に行っていて、塾の話題になり、自分だけが話についていけない、みんなは塾で忙しいのに自分は何の習い事も出来ずにヒマを持て余すなんてことになれば、「私も塾にいきたい」なんて言い出すものです。

そんな環境の中で、子供を塾に行かせない、という選択をし続けるのはなかなか大変なことです。

ましてや収入はあるのです。

頑張れば支払いだってできるのです。

例えば「本当はやらせたくないけどみんながやっているからうちの子だけやらせないのもかわいそうで」と子供のゲームソフトを買ってしまったことはないでしょうか。それと金額が違うだけで内容は同じなのです。

ただのくだらない見栄では片付けられません。

朱に交われば多少赤くなるのは仕方ないことだと思います。

でも、流されてしまえば、あっという間に、収入は増えても何も残らない、という結果になります。

だからと言ってそういうお誘いすべてをお断りしていては今後のお付き合いにも支障が出てしまいます。

だから適度にお付き合いもしていかなくてはいけませんし、そういう方々とお付き合いしていくのも楽しいものです。

そのバランスを保っていくことが必要になるわけです。

当たり前のことのようですが、それがイメージできていないと、年収1000万円になりさえすればお金が貯まると思いがちです。

いくら年収が1000万円になったところで、新卒の新入社員と同じようには生活できないのです。

収入さえ増えれば、とつい思ってしまう方には、こういう想像力をプラスしてみてほしいのです。

結局は支出がコントロールできなければ、どれだけ収入が増えても何も残らない。

そういうことだと思います。


トラックバック

↑このページのトップヘ