2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

*学資保険は貯金に計上する?しない?*

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


はじめまして。
いつも拝見させていただいております。

年間貯金額について質問なんですが、年間貯金額は学資保険も含んでいいのでしょか??
それとも純粋に現金を貯めた金額なのでしょか??
家計診断で出る年間貯蓄額は学資保険を含めた物ですか??

過去の記事も読ませていただきましたが、見落としなのか見つける事ができなかったのでメールさせていただきました。

お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いします。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「学資保険の取り扱い」についてですね。



結論からお伝えすると、
当ブログでは、基本的に「現金」のみを貯金額として計算しています。

その方が純粋にいくら貯められたか?が分かりやすいからです。

あき家でも生命保険は全額解約返戻金付きなので、毎年解約返戻金が増えています。

でも、生命保険料は支出として計上しておりますが、解約返戻金は、貯金に計上しておりません。

学資保険も解約返戻金と同じ扱いで構わないので、学資保険代は支出として計上し、学資保険代は貯金には計上しなくてOKです。

何故か?というと、毎年いくら貯まってるか?とか調べるのが面倒だからです。^^;

ですから今まで支出にしか計上していなかったのですが、

それを貯金に含めることが悪いわけではありません。

ただ、現金での貯金と一緒にしてしまうと現金での貯金がいくらかわかりにくくなりますから、

現金貯金50万円学資保険20万円 計年間貯金額70万円

というように分けて計上してくださいね。

貯金額が多いとやる気がアップ♪しますものね(^^♪

あき家も、昨年度は現金で年間107万円の貯金に成功していますが、
解約返戻金とか、子供にいただいたお年玉とかちょっとしたお小遣いは別会計にしているので、
この107万円には含まれていません。

そういう金額も含むと貯金額はもっと多くなりますが、107万円としか公表していません。

私は今現在の返戻金がいくらなのか?が契約書を見返さないと分からず、
しかもズボラでそれを調べるのが面倒くさいのでなかなか見ないのですが、
面倒でなければ計上してもOKですよ^^

この件については確かにブログで紹介したことがありませんでしたので、
質問していただけてありがたかったです^^

ありがとうございます。

当ブログでは
あなたの家計簿がつけるだけで貯まる家計簿になるまで何度でも無料で質問を受け付けています。

つけ方が分からない、、で悩んで貯まらない家計簿になるより、どんどん聞いてくださいね^^

お役に立ちましたか?


またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ





トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ