2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

【手取り年収900万円台】ほぼ1000万円の収入の活用法

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**


あきさん、はじめまして。
これから家を建てるにあたり、家計を見直しているところです。
家計簿はつけていたのですが、「つけているだけ」で、節約に結びついておらず、先月から、あきさんの方法でつけ始めたところです。
ところで、いままでの家計簿データをもとに、予算を立ててみたのですが、たぶん、それぞれの費目が少しずつ大きくなっているものと思います。
もしあきさんなら、各項目どのくらいの予算とするか、参考に教えてもらいたく、メールしました。
よろしくお願いします。

(勤務環境として、共働き、新聞必要、車2台必要(ガソリンも)です)

●家族構成●

夫(44)、妻(39)、子(5)、子(2)

1、収入(手取り)

夫婦合計 946万円
手当 年間30万円
合計 年間976万円

2、銀行支出(年間)

保育料 759600円(月63300円)
習い事 187488円
車任意保険 104720円
新聞 35760(月2980)
NHK 38760円
住居費 659900円(月52600円+年28700円)
電気代 90000円(月7500)
ガス代 132000円(月11000円)
水道 78000(月6500)
インターネット 55956円(月4663)
生命保険 360908円
保険(学資、個人年金) 1619294円
合計 4122386円

3、現金支出(年間)

食費(ヨシケイ) 319200円(月26600円)
食費(現金) 400800円(月33400円)
日用品 252000円(月21000円)
夫婦小遣い(昼食、衣類、携帯含む) 1080000円(月45000円×2人)
娯楽 300000円(月25000円)
教育費(現金) 18110円
ガソリン 216000円(月18000円)

家電買替え 80000円
車維持費(自動車税・自賠責・車検点検)276193円(車2台+原付)
年間イベント(旅行、交際費、こども行事)535440円
医療費 154000円

合計 3631743円

4.支出合計 7754129円

5.収支 2005871円

ここから
積立(車買替え) 600000円
積立(児童手当) 300000円
をしています。

6.今後の支出予定(年間)
住宅ローンほか 1484819円
個人年金払い込み終了 -672000円
今後の収支 293052円

です。


**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計診断」についてですね。

**********

質問者様の家計状況について、
いくつか気が付いた点がありますので、以下お伝えさせていただきますね。

1.全体的な感想について

まずは、これだけの書き出し、お疲れさまでした!!
よくまとめられています。過去の家計簿があるというのは、強みですね~^^

2.年間収支は

収入976万円
支出776万円

が基本ということでしょうか。

とすると、残金約200万円

そのあと、積み立てなどひかれていますが、今のところはこの収支で1年完結ということかな?と感じました。(収支状況がやや不明瞭なため、推論が入ります)

保険(学資、個人年金) 1619294円
と、貯蓄性商品にも加入していますから、年間の貯金は360万円くらいあるとみなしてもいいでしょう。


3.収入がとても多い

年間の手取り収入がほぼ1000万円と、収入が多いことが強みとなります。

ご夫婦の年齢もまだまだお若く、ご主人は定年60歳としてもまだ16年ありますし、奥様は20年以上あります。

住宅ローン分支出が増えたとしても、今の住居費と個人年金の分支出が減り、年間支出は790万円となりますから、年間186万円は残ります。そこに、学資などのこり100万円がありますから、年間で286万円の貯金。車の費用は貯金とみなしたくないという計算にしても、年間226万円の貯金になります。

年間200万円以上貯められれば、これからの15年で、3000万円以上確実に貯められる可能性があります。

ここまで余裕があるのであれば、ただ貯金するだけでなく、投資などにも積極的に挑戦していってほしいところです。


4.支出は全体的にやや大きい

支出は、質問者様もお気づきの通り、全体的にやや肥大しています。

電気代 90000円(月7500)
ガス代 132000円(月11000円)
水道 78000(月6500)

食費(ヨシケイ) 319200円(月26600円)
食費(現金) 400800円(月33400円)
日用品 252000円(月21000円)
夫婦小遣い(昼食、衣類、携帯含む) 1080000円(月45000円×2人)

と、生活の基本となる支出が全体的にやや大きめです。

5.ややメリハリ不足

娯楽 300000円(月25000円)
家電買替え 80000円
年間イベント(旅行、交際費、こども行事)535440円


収入にたいして、娯楽費や特別費で用意されている「お楽しみ」はやや少な目です。
これだけ収入があり、貯金もあるのですから、もう少しお楽しみに使いたいところですね!

また、ご主人も、収入の割にはお小遣いが少なく、立場上ケチな上司になっていないかがやや気になります。

6.もしも私だったら・・

電気代 90000円(月7500)
ガス代 132000円(月11000円)
水道 78000(月6500)

食費(ヨシケイ) 319200円(月26600円)
食費(現金) 400800円(月33400円)
日用品 252000円(月21000円)


こちらの支出を、全体的に抑え、現在約127万円を、約20万円は最低でもへらし、107万円ほどにします。

その分、家電買い替えと年間イベントを20万円増やします

減らした分を増やしただけですので、全体的な年間貯金額には差がありません。

来年からは住宅ローンが上がるけど、個人年金の支払いが終わるからその分は支出が減らせるという意味かな?と読み取りましたがが、もしそういう意味なら、住宅ローンが上がってもそれほど年間の負担額が増えすぎることはないので、大きく家計を改善しなくてはいけないという必要性はないように感じます。

他にも細かく言えば、私だったら・・という配分をすることはできますが、それほどそうしなくてはいけない必要性を感じないので、私だったらという点はあえてカンタンに触れさせていただきました。

7.問題は子供が大きくなった時

今のところは、多少支出は肥大していますが、年間で貯金もしっかりできていますし、今すぐなんとかしなくては!と緊急性を感じる支出の見直しはないように感じます。

ただ、お子さんが大きくなった時、どのように変化していくかは注意して見守ってくださいね。

収入が多い方というのは、お付き合いされる方の生活レベルも高い傾向があります。

周りの方に合わせて高額塾、習い事、私立受験、留学・・としていると、あっという間に赤字に転落することもあります。

今は家賃が少なめなので、生活環境的にも生活レベルの高い方々が集まる都心にお住まいということでもないのかな?と感じますが、住宅ローンの金額はやや高めなので、都心へお引越しされるのか、ご年齢的にローンの契約年数を短く組まれたのかな?と推測いたします。


8.まとめ

質問者様の家計は、収入が多いというのが、とても素晴らしいです~!!
ご夫婦で頑張っていらっしゃるんだな~と感激しました^^

ちょっと脱線しますが・・・

成功者の哲学などで良く紹介されているとおり、

このような方を見た時に、今後も収入が上がる見込みがない方や、社会的に成功する見込みのない方は
「いいよな、それだけ収入があれば自分だったらもっと貯められる」
「いっそ収入が減るような出来事が起こればいいのに」
「お金がない人に全額寄付して分配しろ」

などと卑屈にとらえがちです。

でも、逆に今現在収入が少なくても、社会的に成功していなくても、
「わあそんなに収入があるなんて素敵♡応援したくなる♡私もそのうちそうなるように頑張ろう♡」
「税金をたくさん納めてくれてありがとう♡」

心から応援したい感謝したいと思える方は、これから収入もあがり、社会的にも成功する見込みがあると言われます。

つまり、そういう方を素直に応援できる方は、そういう方の方向に上昇していく。
しかし、そういう方をけなす方は、より下降していく。

より格差が生まれていく方向に、自分で足を踏み入れてしまうのです。

さいとうひとりさん(何年も納税額日本一になり、本も多数出されています。ややスピリチュアルっぽい感じの本が多いです)と直接やりとりをされていた方の名刺をいただいたことがありますが、その方もやはり相当に成功されていました。

成功者の方の近くにいる方は、やはり成功していくのだなと感じました。

自分より収入が多い方、成功している方を、どんどん心から応援していきましょう~^^

※当ブログの家計診断は、「簡易家計診断」です。パッと見た範囲、細かな詳細については調査しない方法での診断となります。詳細な家計診断をご希望の方は、プロの方の有料家計診断をご利用いただくことをオススメいたします。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

※お金のプロとして責任もって回答するということはできません。
あくまでも、私 だったらどう考えるか、という視点でお答えさせていただいております^^


↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ


↓わが家がどうやってお金を貯められるようになったのか?はこちらから
・貯められないズボラ主婦の家計見直し術

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ