お金を貯めることに執着していることにこう思う


お金を貯めたい、と誰もが思うもの。

だけど、年間200万円貯めました、と貯めた金額をいくら主張しても、お金を貯めることに執着しているうちはお金に捕らわれているだけに過ぎないと私は思うのです。

スポンサーリンク

お金を貯めることだけに価値を見出しているうちは、お金の量しか見えていません。

生活を切り詰め、お金を貯める。

これは自分の生活の内容よりもお金の量に価値を置く生き方です。

自分 < お金

お金の比重の方が重いのです。

これでは人生の主役はお金になってしまいます。

当たり前ですが、あくまでも人生の主役は自分です。

自分を輝かせるためにお金があるのです。

スポンサーリンク

ケチな節約をしていた頃の私はまさに人生の主役をお金に奪われている状態でした。

安い食材で安い食事を用意し、それがおいしいかどうかよりも、安いかどうか、お金を使わなくて済むかどうかしか考えていなかった。
歯磨き粉一つにしても、歯がキレイになるかどうか、ではなくて値段が安いかどうかが判断基準。
旅行だっていかに安上がりに行くかどうか、が最大の関心事で、旅行先でどんな楽しいことをするか、は二の次。

お金の残高ばかりが気になって、まさにお金のために自分をあわせている状態。

だから、お金を貯めることだけに集中する必要などないのです。

使い切れないほどのお金は貯まっても、飢え死にしては意味がないのです。

貯める金額よりも使ったお金の内容に重きを置きましょう。

お金を貯めたい、と思うよりも、上手くお金を使えるようになりたい、と考えてほしいのです。

いくら貯めた、よりもいくら何に使ったか。

使った金額について考えているうちに、自然にお金も貯まり始めた、気付いたらこんなに貯められるようになったわ、というくらいの方がお金と良い距離感を保つことが出来る、と私は思っています。

お金は大切だけど、お金に捕らわれてはつまらない。

お金に心を奪われてはいけない。

お金を貯めることだけに執着しているうちは、お金に手綱を取られて振り回されているだけです。

手綱を引くのはいつも自分でなければなりません。お金に人生の主役を奪われないようにしよう。

私はそう思うのです。

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク