ネットスーパーでの購入がやめられない時の家計簿へのつけ方は?


日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

スポンサーリンク

*今回のご相談内容*

食料品はほとんどネットスーパーで購入しています。
10月に買った請求は来月の給料から支払います。9月末に貰った給料で現金購入したつもりで取っておくのが最善だとは思いますが、ある月からそれができなくなり、いつの間にか次の給料から支払うようになってしまいました。

そこで質問なんですが、9月末の給料で、先月購入した物を支払いました。
食費の部分は先月購入した額を書くのですか?それとも、今月の本当の食費はいくらだった!と認識するため10月に購入した金額を書くのでしょうか?

**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「ネットスーパー利用時の家計簿のつけ方」についてですね。

スポンサーリンク

質問者様のご質問についてですが、大変申し訳ないのですが、私の理解不足でご質問の意図が図りかねています。

ですが一般的な「ネットスーパー利用時の家計簿のつけ方」ということで回答させていただきます。

あきの家計簿では「基本的にカード払いは禁止」を推奨しています。

もしもどうしても、の時はカード払いの金額を家計簿に書き、現金を封筒などに取り分け、
引き落とし月に口座に入金、という手順で「現金払い」と同じように扱うことを推奨しています。

ですが、ネットスーパーの利用がどうしても、の場合はちょっと作戦を変えた方がいいと思います。

私もちょっと前まで「生協」を利用していました。

子供が小さくてなかなか買い物に出れない時期は「生協」の存在にとても助けられたものです。

ですから、どうしてもネットスーパーがやめられないというご事情があるのも分かります。

その場合、家計簿にどう反映させていくか?ということですが、

できるなら1回買い物をするごとに金額をつけていき現金払いと同様にしていただいた方が
より効果的です。

でも、私も「生協」を利用していたので分かるのですが、
ネットで買ったものをいちいち家計簿に記録し、現金を取り分けて、という作業、
はっきり言って面倒くさいです^^;

たまに洋服などを買った時だけ、という「たまに」の作業ならやってもいいのですが、
「食品」のように、毎日のようなものを家計簿につけようと思うと、作業が果てしなく、それだけでちょっとげんなりしてしまいます。

私はそういう面倒くさい作業が大嫌いなズボラ主婦なので(笑)
私の場合はいさぎよく家計簿に明細を記入するのはやめました。

「年間の家計簿」に「生協」という欄を作成し、実際に引き落としのある月に引き落とされた金額を記入するだけで
終わりにしていました。

↓こちらの記入例に「生協」の欄がありますのでご参考までに。

手書き家計簿の見本(記入例)見開き1ページ1ヶ月分

手書き家計簿の見本(記入例)見開き1ページ1ヶ月分

ですから、年間の家計簿に「ネットスーパー」という欄を作成し、

カードの明細が来たら

電気、ガス、水道、と分かるものの支出を先に記入して明細に取り消し線を引くなどしながら、
ネットスーパーで購入した金額の総額だけを出しましょう。

例えばカードの明細が

電気5000円
ネットスーパーB3000円
ガス5000円
ネットスーパーA3000円
ネットスーパーB3000円

総額19000円

というようになっていたら、この中からネットスーパーの金額だけを計算するのは大変なので、

まず、電気、ガスと言った分かりやすい金額を家計簿に記入し、その総合計を計算します。

例の場合は電気とガス代で10000円。

19000円 - 10000円=9000円。

9000円をネットスーパーの欄に記入しておしまいにしてしまっても構いません。

日用品や雑貨が支出に混ざっていても気にせず総額だけでOKです。

総額が毎月多くなりすぎないようにだけチェックしていくだけにしてしまうと管理がとても楽です。

ただ、この方法だと管理は楽なのですが、支出のチェックはできません。

でも、そこはいさぎよくすっぱりあきらめてしまいましょう。

運用が面倒くさいことが家計簿を続けられなくなる一番の敵です(笑)。

チェックがしたかったらネットスーパーをなるべくやめて現金で買い物にいくように変えていく方が運用は楽です。

というわけで質問者様の場合は、ネットスーパーでの購入分は「食費」や「日用品」には記入せず、
「食費」や「日用品」には「現金で買ったもののみ」を記入していけばOK
です。

そうすると、月の食費は1万円、ネットスーパー利用額が5万円とかになりますが、、ということになってもOKです。

もし、それでも頑張って現金払いにしていきたい、ということであれば

「毎月の家計簿」の費目に「ネットスーパー」という費目を作成し、そこに総額だけ入れていきましょう。

食費、日用品とは別に「ネットスーパー」という欄を作成し、
今日買った総額のみをネットスーパー5000円などのように記入し都度現金を取り分け。
こちらも日用品がいくら、などは記入しなくてOKです。

少しずつ現金での買い物へシフトしていける時期がきたらシフトしていけばOK。

ここで誤解をしないでほしいのですが、「ネットスーパー」ならかろうじて費目にしてもいいのですが、
間違えても「カード払い」という費目を「毎月の家計簿」に作ってはいけません。

(「年間の家計簿」には「カード払い」という費目があっても構いません)

もちろん頑張れる人は、
「ネットスーパー」を利用するごとに食費欄などに「ネットスーパー3000円」などと記入し、都度現金を取り分けていきましょう。

これ、ずっと頑張れる人は相当マメな人だと思います。私だったらすぐ挫折するので、それが出来るだけで尊敬します。^^

長くなってしまったので、ちょっとまとめますね。

まとめ

ネットスーパーがやめられない時は

1.「年間の家計簿」に「ネットスーパー」という欄を作成(画像の生協の欄を参照)。日用品など分別しなくてOk。
2.「毎月の家計簿」に「ネットスーパー」という欄を作成し、現金払いと同様にしていく。日用品など分別しなくてOk。
3.「毎月の家計簿」の「食費」欄などに従来通り記入し現金を取り分ける。日用品などは分別していく。(一番面倒くさいけど効果的)

この3つのうちのどれかで対応してください。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ

我が家がどんな節約術でお金を貯められるようになったのか、
は、↓こちらからご覧ください。
・我が家の家計簿見直し方法


スポンサーリンク