2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

人の貯金率よりも自分の貯金率を知らなければ意味がない。

貯金率が収入の50%を超えているとか聞くと、すごい!この人はどんな節約術を持っているのだろう?と気になりますよね。

私も一応気にはなります。笑

でもね、そういう「人の貯金率」を知ったところで結局は何の役にも立たないことが多いです。




当ブログでは自分でできる家計診断ということで、貯金率を計算する方法を紹介しています。
(ちょっと手間はかかりますが、覚悟が決まったらやってみてください)

↓家計診断はこちら
自分でできる家計診断

人の貯金率を知るよりも「今の自分の家計は何%くらいの貯金が出来るのか?」を知る方が有意義です。

そしてなおかつ無理やり貯金率を上げるよりも、適正な貯金率を確実にとる方が長い目で見ると長続きします。

お金さえ貯まればどんな貧乏くさい生活でもいいという人はただの守銭奴です。

まずは家計の自分の貯金率を知りましょう。

その上で、苦労せずに貯金率を上げていける方法があるかどうか?を探る。

この順番を間違えて、人の貯金率におどらされていると、結局あちらこちらの情報に右往左往するだけで
何も変わらないということになりかねません。

家計を見直そうと思ったらまずは足元を見ることから始めるのが一番確実なのです。




何らかの理由があり家計診断が出来なくても大丈夫です。

そういう方はあきの家計簿をつけることから始めてください。

あきの家計簿はつけ始めて1ヶ月もしないうちにどこに貯められない原因がひそんでいるか自然に浮き上がってきます。

3ヶ月もあれば家計は前よりも安定して稼働するようになるでしょう。

1年分のデータが集まったら改めて家計診断をすれば大丈夫です。

たくさんの情報が巷にはあふれています。

でも、他人の芝におどらされてはいけません。

一体どの節約術がいいのだろうか?何をすればいいのだろうか?

迷ったらまずは自分の芝をみましょう。

答えはいつも身近なところにあります。

何度も同じことを言ってしまいますが、くれぐれも他人と比べないように。

自分が10年も節約漂流者だったので、そういう方が一人でも減ったらいいなといつも思っています。
















トラックバック

↑このページのトップヘ