2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

貯金ゼロの人は一発逆転よりもここが確実ラインだと思う

今貯金がゼロの人は、いきなり「今年こそ年間100万円貯める」なんて目標を立てるよりも、
まずは「確実に年間12万円貯める」を目標にした方がよっぽど現実的だと
私は思っています。

「お金を貯めたい」気持ちと、「現実的に貯められる」お金には差があります。




今までずっと貯金がゼロだった人は、今年こそ!なんて意気込んで無茶な節約に手をだしても
大体成功しないと思います。

それよりもまずは「年間12万円」を貯めてみてください。

年間20万円というと、1ヶ月で約1万円です。

それくらいならもしかしたら貯められるかも?と思いませんか?

私の母は、家計の現状をよく知らないまま「毎月3万円の自動積立」を始めたそうですが、
数ヶ月も続かなかったそうです。

やっぱり今まで貯められなかった人にとって月3万円、というのは結構ハードルが高いのかもしれません。

だからまずは月1万円。

そして、この1万円には絶対に手をつけてはいけません。

家族旅行のためにお金を貯める、なんて小さなことを目標にせず、

この1万円はとりあえず10年は使わないで置いておくつもりで取り分けてみてください。

毎月3万円も貯めて、しかもそれを当面使えない、と思うとものすごいストレスですが、
毎月1万円だけなら案外ハードルが低く感じるかもしれません。

それでもハードルが高い方は月5000円からでもいいのです。

そういう小さなハードルから始めてみると案外節約生活も長続きするかもしれません。

私も以前、読者の方の家計診断をさせていただいていた時期がありますが、
貯金ゼロの方にはまず年間20万円程度の貯金がクリアできるかどうか?を1つの判断基準にしていました。




貯金ゼロの方は意外と色々な支払いだけで家計がパンパンになっています。

この支払いをもちろんばっさりと削ることが出来て、色々な支払いが全部なくなるなら話は早いのですが、
様々な事情により、削れるものがない、という方もたくさんいるのだと感じました。

そういう方は、やっぱりまずは月1万円。

これくらいなら、今のパンパンの支払いを1つも減らすことなく、やりくりだけでなんとかなる可能性もある金額です。

おそらく、あきの家計簿を使い始めたら、それくらいの支出はすぐに抑えられます。

もちろん急にもっと貯められるようになる人もいると思います。


それと、「貯まったらすぐに使う予定のあるお金」を私は「貯金」とはみなしていません。

「貯金」とは、「マイホーム」「車」「教育費」「老後」など、「いつか使う予定はあるが当面の間は使う予定がない」もののことだと私は考えています。

だからこそ、「このお金には絶対に手をつけない」という気持ちが必要なのです。

もうすぐ今年も終わってしまいます。

来年こそはお金を貯めたい!と思う貯金ゼロの方は、一発逆転よりもまずは100%確実にとれるものをとっていくことから
始めてみると、気持ちも楽になりますよ。



トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ