2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

私がやらない節約の常識「数日分の食材の買いだめ」編

ちまたに数ある節約術。

でも、2年で350万円貯めた私がやらない「節約術」があるんです。

その一つが今回紹介する「数日分の食材の買いだめ」です。



数日分の食材の買いだめをしていた私

スーパーにちょこちょこ足を運ばず、激安店で1週間分などまとめて食材を購入。
「食材をまとめて」を購入すれば、買い物の回数が抑えられるので、支出も抑えられて家計が助かる。

いつからか節約の常識のように言われているので、一度は聞いたことがある節約術の王道ですよね。

いつどこで仕入れた情報か、もはやわからないくらい昔に聞きました。

実はこれも昔の私はやっていました。

地域の中で「激安スーパー」と言われるお店で数日分の食材を買いだめ。

1週間を冷蔵庫の中にあるものだけで乗り切れば食費の節約になる!

その通りだと思いました。

でも、ふと気づいたんです。

買いだめをしても節約になるとは限らない

買いだめは確かに食費の節約に役立ちます。

ただし、お買い物リストを作るか予算をしっかり決めて一定の金額以上は買わない、ということが出来る人のみです。

1週間の献立を考え、お買い物リストを作り、その通りに買い物ができれば余計なものを買う心配はありません。

また、買い物で使う予算を決めて、その金額以上にならないように買い物をし、買い足しもしない、ということが出来れば
余計な出費にもつながりません。

でも、1週間分の献立を考えるのって、結構至難の業です。

給食の献立を考えている、など仕事でやっている人ならともかく、
1週間分の献立を考えて、いるものを書き出し、その通りに作ってみても、
「全く無駄な食材を残さず使い切る」ということはなかなかできません。

急な旦那の飲み会があったり、子供が思ったよりも食べなかったりして、
前の晩の残りものが今晩の食卓にも上がる、すると今晩作ろうと思っていたものが翌日に繰り越される。

賞味期限があるので、余っている食材をつかって最終日はとにかく山盛り料理になる。
それでもまだ余っている。

この1週間の間に、次の1週間の献立とお買い物リストを考えておいたのに、
最終日に予定外に余ってしまった野菜や食材があるので、
それを使うことが優先になると、
献立とお買い物リストはもう一度作り直しになる。

手間ばかりかかって節約の効果はほんのちょっと。


まとめて買えば買うほどちょっとずつのあまり食材が増えてしまうのです。

また、予算を決めて買い物をする場合も、1週間分となると予算も大きくなるので、
暗算では計算できないので、必然的に電卓を使うことになり、
スーパーで食材をかごに入れる度に電卓をたたくということをしなくては予算がきっちり守れない。

お買い物リストと電卓を使わずに1週間分の買いだめをしようと思うと、
1週間もの間、追加で買い物をしないようにしないといけないので、
足りなかったらどうしよう、と心配になって、ついやっぱりあれも買っておこうかな、など1つ追加。

結局あれもこれもと買いすぎてしまうことになります。





買いだめよりちょこちょこ買いの方が楽

買いだめをした食材は、1週間の間に鮮度が落ちます。

鮮度が落ちると「食材が持っている栄養」もなくなってしまうということです。

鮮度がいいうちに使い切る方が、栄養価も高いのです。

また、たくさん買った食材は冷凍などの加工が必要になります。

使う時にいちいち解凍などのひと手間がかかります。

これらのことを考えると、ちょこちょこ買い物に行き、冷凍はなしで、ある食材をきれいに使い切る方が
結果としてお得なのではないかと私は思うです。

まとめ

私は、月、水、木、土、日の5回に分けて買い出しに出かけています。

歩いて5分のところにスーパーがあるので、コンビニ感覚で行けるので助かっています。

月、木は二日分の食材を買うのですが、
二日分の食材の買いだめ、程度が一番効率がいいと感じています。

二日分程度なら暗算で今いくらくらいかな、と予算を守りやすいですし、
冷凍などをしなくても済みます。

1日分よりも2日分の方が、野菜を使いまわせるので1日分を買うより食費は安くおさえられます。

それでも我が家の1日分での買い出しがなくならないのは主人と子供達の休みに合わせて
食卓を少し豪華にしているからです。





トラックバック

トラックバックURL

↑このページのトップヘ