2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

小さな生活でお楽しみが欠けている家計はやっぱりちょっともったいない

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*

家計について相談があり、メールしました。
現在、我が家は夫、私(専業主婦)、二歳の娘の3人家族です。
去年の年収は、手取り428万円でした。

毎月の生活費が、年間240万。
内訳は、
食費28000円(夫の酒代含む)、
日用品7000円(おむつ含む)、
娯楽費5000円(外食、レジャー)、
住宅ローン(毎月74505円、ボーナス月+107538円)、
水道光熱費15000円、
ガソリン11000円、
通信費(スマホ二台、プロバイダー)11000円。
小遣い30000円。


年払いのものが年間50万。

内訳は、
個人年金(夫)142401円、
生命保険(夫)113408円、
JAF年会費 6000円、
NHK 22920円、
自動車保険52180円、
自動車税34500円、
固定資産税120000円です。


特別費は、
帰省費用(年二回)120000円、
冠婚葬祭100000円、
医療費用100000円、
夫会社関連費(歓送迎会、忘年会、ワイシャツ、出張時小遣い)70000円、
町内会関連10000円。

上記の物で、予算を40万円とし、残れば貯金しています。


そして、積立を毎年40万円。
車購入、地震火災保険、車検、家具家電、修繕費用に積立してます。


最後に老後用の貯金を年間50万円。



まとめると、

生活費240万、年払い50万、
特別費40万、積立40万、貯金50万。

以上が、収入420万円の使い道です。

残りの8万円は、被服費(下着、靴下含む)にしたり、イベント費(誕生日やクリスマス)に使ったりしてます。
我が家の贅沢費です。


果たしてこのままの状態で大丈夫なのか、あきさんからの意見を聞きたく、メール差し上げました。

アドバイスなど頂けたらうれしいです。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「家計についてのご相談」ですね。



まず当ブログでは、以前は家計診断をしていたのですが、現在では募集はしておりません。

ただ、今回の質問者さまのようにしっかりと家計の状況のについて細かく数字になっていれば、
多少はお話しできることがあるかと思いますので、
分かる範囲でお答えします。

一言でいうと、質問者さまの家計のタイプは
典型的なケチ家計と感じます。

年間で90万円近いお金をきちんと貯蓄に回せていますが、

食費28000円(夫の酒代含む)、
日用品7000円(おむつ含む)、
娯楽費5000円(外食、レジャー)、

と、まず食費もお金をかけなさすぎなので、栄養面で心配です。

娯楽費もほとんどなく、毎月ほとんどお楽しみがない状況だと思います。

余ったお金も貯金しているとのこと。

貯金はできていると思いますが、ご本人様含めご家族様全員が日々を楽しんでいらっしゃるのかな、
と心配になります。

もちろん、これで今一番楽しい!というのならいいのですが、
貯金のために自分たちの生活を非常に小さく肩身をせまくつつましくしている、
という状況ならもったいないことです。

でも、老後のために、、でも教育費のために、、
お金は確かにあればあるだけ助かると思いますし、
将来の不安のために貯金を殖やしたい気持ちは分かります。

でも、将来の不安のために今を犠牲にしている、そんな気がしてしまいます。

私はプロのファイナンシャルプランナーでもなんでもありませんので、
質問者様の家計に責任をもったことは言えません。

しっかり貯金はできているので、問題があるということはないのですが、
ただ全く魅力を感じない家計管理のされ方なので、
私だったら貯金をもう少し減らしてでも家族のためにお金を使うと思います^^

こうしなさい、ということではありませんので、
またいただいた情報を、パッと見た感じでのお話しであり、
今まで家計診断をさせていただいた方のように家計を深く理解してのお返事ではありませんので、
あくまでご参考までに^^


お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ








トラックバック

↑このページのトップヘ