2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

膨れ上がったリボ払い、お金が入ったと同時になくなるケースは

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*

家計相談をお願いします。
主人、子供2人(3歳と1歳)の4人家族です。

カードでの支払いが毎月の生活費ではおいつかなくなり、現在リボ払い地獄に陥っております。
主人から生活費を貰っても、大半がカードの支払いに使い、手元における現金が生活できるギリギリか赤字状態で、そのためにまたカード払いせざるをえない状況が続いており、どのようにしたら脱却できるのかわかりません。
どうか、お知恵をお貸しください。
お忙しい中恐れ入りますが、何卒よろしくお願いします。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「リボ払いからの脱却」についてですね。



カード払いが多く、現金が入ったと同時になくなってしまう。
だからまたカードを使うしかないという悪循環になってしまったのですね。

当ブログをご利用の方でもたまにそういう方がいらっしゃいます。

現状とてもおつらい状況であると思います。

私としてもお力になれるならば、と思うところはありますが、
私は資格を持ったプロではありません。

ですから、「借金の整理をしたい」とか「住宅ローンの借り換えでローンの負担を減らしたい」
とかそういうご要望に対しては、私ではなく、プロの方に有料でお願いすることをオススメします。

あくまで普通の主婦の視点からの回答となりますが、

カード払いの悪循環から脱却するには、
やはりカード払いを整理していくことしかないのではないかと思います。

家計簿はつけていますか?

まずは家計簿をつけてみてはいかがでしょうか?

今までカード払いや家計管理で苦しんでいる何人かの方の家計を拝見させていただきましたが、

「家計が苦しい、うちの家計はもうどうすることもできない」と
気持ちが焦っている方に限って、

どうしようと思っているのは自分だけで、
意外と無駄に使いすぎている支出が多いという傾向があるように感じました。

支出がコントロールできていないだけで
きちんと支出がコントロールできれば充分に回る家計なのに、

焦りのためかさらに余計な支出を増やしてしまうという感じ。

例えば、苦しい苦しい、うちは贅沢なんかできないんだ、と毎日爪に火をともすような気持で
食費などを削っているのに、
突然、電動自転車を買ってみたりして、「これはもうバッテリーが切れたから
仕方ない支出だった、ああまた分割払いが増えてしまった」というようなケースです。

ご本人は気付いていないのですが、
他の人から見ると「今そこで電動自転車買わなくてよくない?電動じゃなくて安い自転車で我慢すればよくない?
生活が苦しいなら数ヶ月は自転車なしの生活も頑張ってみようよ!」
と思わず言ってしまいたくなるようなことが多々あります。

あきの家計簿を使うことで多少の改善が見込めるのはこちらのケースの方です。

質問者様がこのケースに該当するのか、
それとも、本当にもう全く余裕なく生活されていて、
プロの手を借りなくては無理なケースなのかが
今回の文面からは判断できませんし、
またそれはご自身で判断していただくものだと思います。

私は「あきの家計簿」を使って、たとえ思うように結果が出せなかったとしても責任を負うことはできません。

「あきの家計簿」も支出をコントロールしやすいつくりにはなっていますが、
それでも「自分で支出をコントロールしよう」という意識がなければ
家計を改善することはできません。

家計簿をつけるだけでは、
新しいお金を生み出す、つまり収入を増やすということができるわけではないので、
そもそも収入を増すか引っ越しなどをして固定の支出を減らすか
どちらかをやらない限り改善が見込めない、
という方はやはりプロの手を借りた方がよいのです。

プロの手が必要なケースなのかどうか、
ご自身で今一度お考えになってみてください。

もし、どちらか判断するために
数ヶ月でもあきの家計簿にチャレンジしたいということなら
つけ方で分からないところなどは引き続きいつでもご質問いただけます。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ








トラックバック

↑このページのトップヘ