2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

光熱費や家賃などを現金払いにしている時の家計簿のつけ方は?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


家計簿付け方で質問なのですが、現金で払ったけれども年間の家計簿につけたい場合、月の家計簿はどうつけたらいいのでしょうか?

細かくいうと、年間家計簿に家族費という欄を設けていて親へのプレゼントなど親に関わるものを一括で見てわかるように管理するため、年間の家計簿につけるようにしているのですが、代引きで現金で買ったものがあり、そうすると月の家計簿でもマイナスしないと残金が合わないということが生じると思うのですが、例えば娯楽費につけてしまうと、年間家計簿でも支出として引くので二重にひくことになるのでは?と思いまして。

どのような方法をとればよいか、ご教示下さい。
宜しくお願いします。



**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「現金で払ったものを年間の家計簿につけたい場合」についてですね。



結論からお伝えすると、
現金で支払ったものを年間の家計簿につける場合は、

年間の家計簿に支出を記入し、

毎月の家計簿には支出欄のあいているところなどにメモで家族費2万円などとして残し、
現金残高を引くというつけ方をしてみてください。

ここで支出欄のあいているところにメモを残しておくのはあくまでメモです。

支出の合計金額には含めなくて構いません。

例えば、現在の残高が3万円だった場合

支出計        残高
(家族費20000円)10000円 

というような感じで他の支出を記入している欄のあいているところにメモ、などで構いません。

ここで支出の合計金額に含めてしまうと、質問者様がご指摘のように、支出が2重でカウントされてしまうことになります。

実はこの方法は私はやったことがないので、おそらくこれで計算があうだろう、というやり方になります。

時々、光熱費や家賃などを銀行口座引き落としではなく、現金で支払っている方がいらっしゃり、そのような方にも同様のアドバイスをさせていただいたことがあります。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ








トラックバック

↑このページのトップヘ