2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

目的別通帳の効果は?通帳はたくさんあった方がいい?それとも少な目?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


年間の家計簿をつけているなかでどうしようか悩んだところがありました。

全部で6つの口座があるのですがつくりすぎでしょうか?
1つずつに目的を決めているのですが...(給与口座、ローンの口座、旅行や税金、貯金、産休・育休中のための貯金など)。

あきさんのようにお金がたまったらご褒美などにしていきたくて、きちんと目的を分けたくてしてみたのですが...。




**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「目的別通帳」についてですね。



目的別通帳については、以前も回答したようなしていないような?気がするのですが、
(すみません。すでに過去の回答が自分で把握しきれていない。^^;)

改めまして。

目的別通帳については悪いことではありません。

ただ、あまりにたくさんあると管理しきれなくなり、訳が分からなくなる、ということになりかねませんので、

作りすぎない程度が良いと思います。

私のお勧めは3冊~5冊です。

6冊は1冊オーバーですが、それくらいは気にしなくてもOKだと思います。

ただ、私だったら、

給与口座&ローンの口座&税金
旅行
貯金
産休・育休中のための貯金

の4冊にします。

質問者様がおっしゃるように、年間の家計簿には銀行残高を記入する欄があるので、
通帳の冊数が多いとかえって管理が大変になります。

でも、
あきの家計簿をつけていく上で、管理が大変だから
通帳の冊数を増やしすぎない方がいい、ということだけではありません。

私は常々数について考えるのですが、(笑)

例えば、習い事の引率などで、子供たちを引率して移動しなくてはいけない、という時に、

子供の数が5人までだとパッと見て全員そろっているな、と分かるのですが、

6人以上になると、1,2,3,4・・と指折り数えないと私は人数が把握できないんです。

もしかして人間は5より大きい数字はパッと把握できないのではないかと思ってしまうことがあります。

いや、ただ私の認知能力が低いだけかもしれず、この論には何の根拠もないのですが。笑

なので、通帳の冊数は多ければ多いほど管理が大変というか、把握しきれなくなる可能性があるのではないかな、というのが私の考えです。

そういう意味も込めて、家計で管理していく通帳は5冊程度が適量ではないかと考えています。

ちなみに、家計で管理しない通帳がこのほかにあってもかまいません。

我が家でも子供達名義の通帳があるのですが、こちらは家計の管理外としています。

つまり、全体の通帳の数としては5冊以上あるけれど、家計で管理している通帳はあき家の場合は5冊以下、ということです。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ




トラックバック

↑このページのトップヘ