2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

もうすぐクリスマス!プレゼントやケーキ代などの支出はどこから捻出?

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^



*今回のご相談内容*


家計簿をつけていて、困ったことがありましたので、質問させてください。

①今月は主人のボーナスが支給されました。普段は安いお肉で節約していたりするので、頑張って仕事している主人のためにも、少し奮発していいお肉ですき焼きをすることにしました。そのお肉を買った代金を食費に入れるか娯楽費に入れるか迷っています。

以前あきさんの記事でうなぎを食べた、という記事を拝見したのですが、そのような時あきさんはどうされていますか?

②主人のクリスマスプレゼントとして、電子たばこを購入しました。ボーナス月にお小遣いを余分に渡すご家庭もあるようですが、その予定はないため、その代わりでもあります。その代金は、主人のお小遣いの費目に入れるか、特別費に入れるかで悩んでおります。

昨日の記事で、特別費に関しては詳しく答えられない、とありましたので、どちらに入れれば良いかだけアドバイスいただければと思います。




**********

(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「ボーナスやクリスマスで支出があった場合」についてですね。



今月は主人のボーナスが支給されました。普段は安いお肉で節約していたりするので、頑張って仕事している主人のためにも、少し奮発していいお肉ですき焼きをすることにしました。そのお肉を買った代金を食費に入れるか娯楽費に入れるか迷っています。

こちらの代金は特別費にしましょう。

あき家でも、クリスマスや子供たちの誕生日の時などに奮発して、いつもより豪華な食事を用意することがあります。

その時は、クリスマスの「プレゼント」「ケーキ代」「夕飯代」を全部まとめて「クリスマス費用 2万5千円」などように記入しています。

普段の「食費」に、今回のような特別な食事を含めてはいけません。

これは、どちらでもいいけど、出来ればそうした方がいい、という話ではなく、
外食と同じように扱ってほしいので、確実に「食費」には入れないようにしてほしい支出です^^

外食は「娯楽費」に入れることを推奨していますが、今回のように「年に数回」というようなイベント性の高いものは「特別費」にしましょう。

②主人のクリスマスプレゼントとして、電子たばこを購入しました。ボーナス月にお小遣いを余分に渡すご家庭もあるようですが、その予定はないため、その代わりでもあります。その代金は、主人のお小遣いの費目に入れるか、特別費に入れるかで悩んでおります。

こちらも特別費で構いません。
こちらに関しては、ご主人の小遣いでも特別費でもどちらでもかまわない(貯める家計簿になるかならないかにそれほど影響がない)のですが、先ほどの例のようにクリスマス費用で一括管理にしてしまうと楽です^^

クリスマス費用も「プレゼント代」「ケーキ代」「食事代」と分けて家計簿につけると3行ですが、まとめて「クリスマス費用」としてしまえば1行で済みます。

細かい家計簿をつけることに慣れてきた人は、「そんな明細が分からない状況にしてしまって、大丈夫なんだろうか」と心配になるかもしれませんが、「貯める家計簿になるかならないか」に「明細が細かく書いてあるか書いてないか」ということは、14年以上家計簿をつけてきた私の経験上、全く関係がない、と考えています。

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!

↓その他のみなさんの家計に関するご質問はこちらから
・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?)

なお、無料の家計診断&相談は
↓こちらのメールフォームよりお申込みください。
・お問い合わせ




トラックバック

↑このページのトップヘ