2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

効率よく貯金をふやすコツは、たったこれだけのこと。

お金を貯めたい、もっともっと貯金をふやしたい。

年間50万円、年間100万円、年間200万円。

あなたが貯めてみたい貯金の目標額はどれくらいでしょうか?

私は貯金だけ多ければそれでいい、という発想はしません。

年間200万円貯めました、収入の5割が貯金です、
と聞いても、すごいなあとは思いますが、真似をしたいとは思いません。



あき家の貯金の目標金額

あくまで自分の今の家計の状況で、苦しくない程度の貯金をするという程度にとどめていますので、
我が家の年間の貯金額の目標は50万円、繰り上げ返済20万円以上の合計70万円以上と少な目です。

あくまで目標なので、実際には100万円くらい年間で貯めることもありますが、ひとまずの目標は「確実にとれるところ」にしているので、目標は控えめにしています。

ところで、年間50万円の貯金、と聞いた時、あなたは「多い」と思うでしょうか?

それとも「少ない」と思うでしょうか?

私は、お金を貯めるのが苦手だった頃は、年間30万円を貯めるのさえ大変でした。

年間50万円の貯金と聞くと、すごいなあ、と思い、
年間100万円なんて聞くと、私には真似できない、到底無理、と思ったものです。

でも、今は年間50万円くらいなら簡単に貯められるなと思っています。

もともと年間30万円がやっとだった貯金を年間50万円にすることが出来た理由はたった一つです。



貯金を年間30万円から50万円にするコツ


年間30万円の貯金を年間50万円にするために何をしたらいいのか、まず考えてみましょう。

年間50万円と聞くとなかなかまとまった金額のように感じますが、
もともと年間30万円の貯金が出来ていたなら、年間50万円にするために貯めなくてはいけない金額は年間あと20万円です。

年間20万円を貯めるために、浮かせる必要のあるお金は、毎月1万円~2万円程度なのです。

つまり、毎月あと1,2万円の支出を整えることさえできれば、年間30万円が年間50万円になるのです。

たったこれだけの金額をうまく整えるだけであっさりと目標が達成できる、

このことに昔の私は気が付いていませんでした。

今月はあれがあったから、先月はあれがあったから、1回5000円程度の支出だから、仕方ない、どうということはない、それらの積み重ねで月に1,2万円などあっという間になくなってしまうのです。

この月1,2万円という支出をどのように考えるかが大切だと思うのです。

うちは食費が月5万円もかかっている、
主人の小遣いが月4万円もかかっている、
塾の費用が高い

だから食費を月3万円にしなくてはいけないのは分かるけどできないし・・
主人が飲み会ばかりで月に4万円も使ってくるから・・
塾の費用は削りたくても削れないし・・

大きな支出には目が届きやすいものですが、
月1,2万円の支出については、
案外見落とされがちなのです。

この小さなムダを整えることが貯金への近道なのではないかと、私は思うのです。





トラックバック

↑このページのトップヘ