2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円資産を増やすことに成功しました。テレビ・雑誌・書籍などでも紹介されている「あきの家計簿」公式ブログです。

特別費の実家帰省費。細かく家計簿につけるべき?

pic5

日頃の家計管理のちょっとした疑問や質問などはありませんか?

当ブログに寄せられた「家計に関する」ご質問にお答えします^^

**今回のご相談内容**

特別費の予算表のことで疑問が出たので、連絡させて頂きました。

特別費の年間予算表についてなのですが、本p81イベント費に実家帰省費があるのですが、実家が遠い為に実家に帰ったついでに、いろいろな観光などをいつもしています。その場合は実家の帰省にかかったもの(新幹線や高速代など)はイベント費、帰省先で遊んだ費用はレジャー費、旅行費などと分けたほうがいいのでしょうか?

お忙しいところ申し訳ありませんが、お手すきのときに回答いただけると嬉しいです。

よろしくお願い致します。


**********


(あきの答え)

ご質問ありがとうございます。あきです。

ブログへのご訪問もありがとうございます^^

「実家帰省費」についてですね。

**********

結論からお伝えすると、実家帰省にまつわる費用は、「実家帰省費」でひとくくりで充分ですということです。

実家に帰省した際の新幹線代はあっちで、レジャーはあっちでと細かく管理する必要はありません。

もちろん、やりたいならやってもかまいませんが、それをやったことで大きくメリットがあるかというとそうでもないな・・・という印象です。

もし気になるなら、同じイベント費欄に、

実家帰省費20000円
実家帰省レジャー30000円


二行に分けて書くとか、その程度でOKです。

こうすることで、実家帰省にはいくら、実家帰省のレジャーはいくらと分かるので、来年予算を立てる時も、今年はここにいくから実家帰省レジャーは20000円に変更でもいいな・・・などの調整ができると思います。

お金のことは、とくに時間をかければいいというものでもないと思います。

もちろん、時間をかけて細かく管理すれば、節約できる効果は高まるかもしれません。

しかし、いくら家計簿とにらめっこをしたところで収入が増えるわけではありません。

家計簿に毎日1時間かけるくらいなら、資格を取る勉強をしたり、1時間働く時間を増やした方が収入が増えますよね~♡

なので、家計簿はある程度ざっくりでいいと思います。
(ただし、ラクなだけで効果がないやり方はおススメしません)

というわけで、実家帰省費で一括管理で充分だと思います♡

お役に立ちましたか?

またいつでもご利用くださいませ^^☆彡

あき

**********

このように、ブログ内のメールフォームなどからいただいたご質問に
ブログでお答えいたします。

友達にもなかなか本音が聞けない家計のちょっとした質問、

いつでもお待ちしています!


※お金のプロとして責任をもって回答するものではありません。
※その他
免責事項をお読みください。

あきの家計管理ブログ(メインコンテンツ) 

1.無料で読めるあきの家計簿
  ・あきの家計簿のつけ方
2.読者様からのQ&A一覧
      ・家計に関するご質問一覧(あなたが困っているのはどんな事?) 
3.新着情報
  ・貯められないズボラ主婦の家計見直し術
4.無料の家計診断&相談お申込み
  ・お問い合わせ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ